スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負事の怖さ 

ほとんどのHP・ブログで、昨日のサッカーWCの日本vsオーストラリア戦の事を書いていると思いますが、皆さんご存知の通り結果は1ー3と後半の9分で3点も入れられるという大逆転で日本は惜しくも敗れてしまいました。
繊細な内容については

スポーツナビ~オーストラリア 対 日本 2006 FIFAワールドカップ

を見てください。

見てて思ったのは、勝負事は怖いと・・・下駄を履くまでわからない

技術面のことは他の上手い人達の解説をしてらっしゃるブログやHPに任せますが、心理面で圧迫されていたかなと思ってしまいました。皆さんも経験あると思いますが、どんな競技でも勝っているときは、些細な小さいミスでもしたくないと思うものです。さらに、ワールドカップという大舞台、汗が出るような暑さの中でのプレイですから、日本は凄いプレッシャーの中で戦っていたと思います。逆に、負けているオーストラリアの方が時間が経つ事に動きが良くなって来て、同点にされた時に緊張の糸が切れたという印象でした。
こういう大きい大会、短期決戦は、勝てば官軍、負ければ何も無い、極めて比重が大きいものは、見ている側にとっては楽しいものですが、プレイヤー側は体力面・精神面の両方削られますから大変ですね。
勝負事は、技術・体力・戦術だけでなく根性・気合も大事なものだなとテレビで観戦していて思いました。
まあ、長々と下手な文を書きましたが、次のクロアチア戦に向けて頑張ってください。

最後にスラムダンクの安西先生の言葉を贈っちゃお

あきらめたら、そこで試合終了だよ

何かまとまりの無い文章になっちゃったよ~

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/78-6910c47b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。