スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪木に魅了された最大の理由 

ここ最近、猪木さん関連の記事を書いたせいか、猪木さんのプロレスラー時代、70年代から80年代初頭の映像を久々に見ています
いや~、やはりいいですね、この頃の猪木さん。
この頃の新日本プロレスの試合会場も、今じゃ考えられないくらい熱気が篭っていて、お客さんも目線を逸らさず真剣に見ている。当時の新日本プロレスに接したほとんどの人は、同じ気持ちで見ていたと思います。
今思うと、何故、当時の猪木さんは人々を虜にしたかと考えてみたんですが、う~ん、いっぱいありすぎて1つに絞って答えろってのが難しいんですよね。基本的にナチュラルに強かった事(シュート・八百論は抜きにして)、出す小技・大技が気持ちが入っていたせいか見入ってしまう事、世間に対して攻めの姿勢で行った事、猪木さんのブレーンに新間寿さんがいた事(異種格闘技戦など過激な企画を成功させた)など色々ありますが、私が魅了された1番の理由は、猪木さんの戦っている時の目線でしょうか。あの独特の目付きは、何か妖しいものを秘めていて、あの目線でプロレスをする様は、正に歌舞伎の千両役者でした
私が猪木さんの虜になったのは、彼が相手レスラーにリバース・インディアン・デスロックを掛けて、お客さんに向かって手を叩く仕草です。当時、小学生だった私は、これで猪木信者になり、その後は猪木さんのプロレスを血眼で集中して見ていました。
今振り返ってみると、彼以上のパフォーマンスを超えたプロレスラーってちょっと見つからないですね。辞めてからも、いい意味でも悪い意味でも目立っているし^^
何だかんだ不思議な人です、はい。

詳しい参考資料です

ANTONIO INOKI HOME PAGEさんのHP

是非訪れて見てください

FC2ブログランキング

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
上のバナーをクリックしてくれるとうれしいです。
最後まで読んでくれてありがとうございました

スポンサーサイト

コメント

なぜ猪木ファンはビンタを志願するのですか~。
猪木にビンタされると、なんで嬉しいのですか~。v-405

kenjipunkrockさん、こんばんは。

僕もプロレスファンになるきっかけは、アントニオ猪木でした。
僕も何に魅了されたのか色々考えてみたんですが、僕は一つ一つの技の出し方が上手いところだと思いました。

やっぱりナックル1発で客を沸かせる事ができるってスゴイと思います。これはナックルで沸かせてるというより、ナックルに行く時の表情や弓を引くアクションで沸かせてる感じなんですよね。
延髄も効く効かないは別にして、出す直前の狙い済ました表情なんかでフィニッシュの説得力が出ていたように思えました。

他にも、例えばグラウンドコブラなんかは、藤波や西村だとほとんどただの丸め込みになっちゃってますが、猪木は両手のフックを外さないし、ここ一番でしか出さなかったので、フィニッシュとしての説得力が出ていたと思います。

今、アントニオ猪木のパフォーマンスを受け継いでる人間といえば、アントニオ小猪木ぐらいでしょうか(笑)。
  • | 2006年09月03日22時39分 |
  • URL |
  • マック
  • [ 編集 ]

猪木

たしかに昔の新日本は凄い熱気でしたよねぇ。
猪木さんは全ての技、一つ一つを無駄にしないで一つ一つ気持ちをこめて技をかけてる。
という印象がありました。
  • | 2006年09月04日18時07分 |
  • URL |
  • ゲームさん
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます

<こんばんわ、レンゲ様>
これは理由無しですね。
彼のプロレスを1度でも見た方は、1度でも受けてみたいと思います。ただ、これは日本のみで通用する物もので、外国でビンタパフォーマンスをしようとしたら、小川直也さんに止められた経緯があります^^

<こんばんわ、マック様>
猪木さんは、どこの場面でどの技を出すかに限っては抜群のセンスを持っていました。天性と言ってもいいくらいでしょうか。
実は、この記事を書こうと思ったのは、くりぃむしちゅーの番組で、小猪木さんが1人プロレスをしているのを見たからなんですよ^^
相手がいないのにもかかわらず、脳の中に相手がいるような錯覚を起こすんですよね。
猪木さんに魅了された人は、こういった理由もあるかもしれません

<こんばんわ、ゲームさん様>
猪木さんはとにかく1つの技に対してはこだわりがあって、気持ちが篭っていました。
当時の新日本んおカードを見ると、今だったら全然入らないと思われるショボイものばかりですが、そんな逆境の中で色々仕掛けていったのは今考えたら凄いですね。
特に、自らに、タイガージェットシンに襲わせた新宿伊勢丹騒動は、猪木・新間さんらしい仕掛けです^^
  • | 2006年09月05日00時23分 |
  • URL |
  • kenjipunkrock
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/63-2b81f4f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。