スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

討論する資格 

私はあなたの意見には反対だ。
だが、あなたがそれを主張する権利は命を懸けて守る。

ヴォルテール


昨日、NHKで素人参加型討論番組(と言っても面接でNHKに都合の良い人選しているので???なんですが)日本の、これから(2005年4月3日~定期的に現在放送中)が放送された。テーマは「日韓の未来」。まあ、予想通りグダグダでしたな。元々、隣国同士は仲が悪いという有名な言葉がある様に、今後、日本と韓国は最低限の協調はあれど、歴史を客観視出来ずに捏造する・反日教育をしている国とは感情的に仲良くなる事は無いだろう(もっと言えば世界中の国と仲良くなるのは困難だろう)と思う。1つ疑問に思うんだが、昨日の放送に限らず、毎回、日本が悪いと言うんだが、長年、中国に実質属国された事については何も言わないのは何故なんでしょうね。日本と朝鮮との間の歴史については他のサイトで詳しく述べられているので、其方の方を参考にして頂いて、今日、採り上げるのは、番組中に崔洋一が言った言葉について。

全部見たい方はニコニコ動画~日本の、これから「日韓の未来」で。恐らく、どちらも削除が早いから見たい方は御早目に。下の動画でのやり取りを文字起こしされているぼやきくっくり さんのブログ~「日本の、これから」日韓の未来 古屋君と崔監督&ドラマ「歸國」も参考になります

UP日本の、これから「日韓の未来」~2010年8月14日放送


その崔が言い放った言葉とは・・・

歴史を語る資格は無い

おい、崔、歴史は誰にでも語る資格あるぞ(ただし、故意的に捏造している人は論外)。その他にも崔が強調していたのは「客観的な事実」。客観的事実を避けてるのは、どちらでしょうかねと言いたくなるわ。

NHK日韓討論番組、崔洋一監督の「歴史を語る資格はない!」が視聴者に波紋
NHKで14日、討論番組「日本の、これから ともに語ろう 日韓の未来」が放映された。番組中で、一般参加者の日本人ウェブデザイナーの男性が発言した内容に、映画監督の崔洋一氏が反発。この時の「歴史を語る資格はない」との発言が、ネット上を中心に波紋を広げた。同番組では「ともに語ろう 日韓の未来」をテーマに、スタジオに日本と韓国の若者や一般市民、有識者などを招き、韓国併合から100年の節目にあたる今年、新しい日韓関係はどうあるべきかについて討論を行った。歴史問題のテーマで、日本人ウェブデザイナーの男性、古屋さんは、当時の日本人は韓国人が憎くて併合したわけではない。当時、世界は帝国主義列強の時代であり、植民地支配はあたり前だった。日本が韓国を併合したことはやむを得なかったとの趣旨の発言を行った。スタジオ内の韓国人の参加者は、古屋さんの発言中、困惑の表情を浮かべていた。また、労働組合に所属する日本人の男性は「それは、アメリカが原爆を落としたことに対して仕方ないと言えるかという話。それは言えない」と反論。この古屋さんの発言に対し、崔監督は「当時の日本のイデオロギーは、そういう方向に流れていた。国そのものがそうなっていた。だけど、36年間にわたる植民地支配がそれによって肯定されるという考え方(を持つ人)は、基本的に歴史を語る資格がない」と強い口調で発言。この後、番組では一時緊迫した雰囲気に包まれた。このやり取りに、司会を務める三宅民夫キャスターも動揺したのか、「歴史を語る難しさ、おそらくテレビでここまで両国の多くの市民の方が話しあったことはないと思う」と語り、どう感じたかを有識者に感想を求めた。これに対し、京都大学准教授の小倉紀蔵氏は、「歴史というのは、どんな考え方もあり得る。どんな考え方を持ってもいい。それが間違った事実にもとづいて、自分の歴史観を構築したら、それは正していかなければならないけれども『歴史を語る資格はない』という言い方は、間違っていると思う」「歴史問題というのは、権力者があなたの考えは完全に間違い、と言詮封鎖してはいけない」と崔監督の発言を正す場面が見られた。放送中からインターネット上では、このやりとりに対して、視聴者から続々とコメントが寄せられ「当時世界は弱肉強食の帝国主義の時代で、植民地が正当化されていたことも客観的な事実」「討論番組で一般の参加者に『歴史を語る資格がない』はない」「古屋さんは、あの番組の雰囲気でよく言ってくれた」といった崔監督へ批判や、古屋さんの意見に同調する声が多い中、一方で「日本人は、崔監督の意見も受け入れる寛容さが必要」といった意見も見られた。現代の政治や経済にも影響を及ぼしている日韓の歴史観は、両国間でまだ大きな溝がありそうだ。
サーチナ~2010年8月15日11時42分より引用

上の動画中・記事中にもある様に、今回の討論番組に出演されていた古屋さんのブログの記事に、この放送のちょっとした裏話が書かれています

8月16日追記
古屋さんの意見は世界史観も含めた真当な意見だと思うが、崔は広い視点で見る事が出来ない人なのかな。人と違う意見を言われて、根拠を示さず感情的に言い返しても賛同を得るのは難しいでしょう。

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/526-851bfdef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。