スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テリー伊藤vs勝谷誠彦 

UPテリー伊藤vs勝谷誠彦爽快情報バラエティー スッキリ!! 2010年1月25日放送


テリー伊藤
「結局コンクリートから人へと言ってた人が一番(コンクリート的な事を)やっていた。(
石川知裕議員に罪を全て負わせた事について)石川議員の家族への言い訳もどうするんだ。小沢さんが今後どうなるか分かりませんが、国民が(小沢の正体に)気付いたという事が一番のダメージですよ。」

勝谷
「そういう事を雰囲気だけでテリーさんみたいな人たちが垂れ流しているから、この国のマスコミが駄目になるんです。事実関係がどうなってるか判らないじゃないですか。これはかなり無責任な事言うんじゃないですよ。検察が事実関係を明らかにしてからならいいけど、こういう雰囲気が嫌だったんだって言うべきじゃありませんよ。」


テリー伊藤
「(小沢は先日の記者会見で)明確な事を言ってないじゃないか。それに対して例えば僕みたいにこういう事(小沢批判)を言う議員が
民主党に居ますか?」

勝谷
「居ますよ一杯。言ってないって事をマスコミが流すだけでしょ。俺は別に民主党の肩を持つわけでも小沢さんの肩を持つわけでもないですけど、こういう囁きみたいな事でも宛も事実のようにしてメディアが流すって非常に危険な事ですよ。」


テリー伊藤
「じゃあ、しっかりと小沢さん批判を誰がしたの?」


勝谷
「これが
政治資金規正法の虚偽記載の共犯として起訴されたら、その時は我々はいけなかったと論議するべきだけど、我々は検察でも裁判官でも何でもないですからね。」

テリー伊藤
「いやいや、(小沢に対する疑問点を口に出すことは)国民の素直な発言ですよ。それを言わない事の方がよっぽどおかしい。民主党の議員が小沢さんの顔色を窺っているというのも事実。そういう事を国民が知ってしまった事もマイナスなんですよ。でしょ?」


勝谷
「いや、そうは思いません。」


恐らく動画は削除されるの早いと思いますのでネットで書き起こしてくれた人の文章を貼り付けておきます。上の動画が見られない場合はYouTube - search for 勝谷 テリー伊藤あたりで探してみて下さい
前の記事でも紹介した様に勝谷さんは宗教信者の様に小沢幹事長が大好きです。隙だけならいいのですが、この人の場合は度を越しています。例えば、小沢氏ともう1人の別人Aさんが同じ悪い事をしたとしましょう。普通の感覚を持った人なら両方批判するのですが、勝谷さんの場合はAさんに対してはボロクソに批判しても小沢氏に対してだけは無理にでも擁護しようとする。そう、その姿は嘗てのオウム真理教麻原彰晃上祐史浩との関係を想い起こさせます。最近では小沢幹事長が追い詰められている為か、より色々なメディアで矛盾しても構わないと言わんばかりに擁護する姿が目立ちます。上の書き起こした文章も例外なく無理に見苦しく庇っており、テリーさんの言う事は至極真当な正論を言っています(まさか此処のブログでテリー伊藤=正論と書くとは思わなかった^^)。そして最近では、あの光市母子殺害事件の犯人の弁護を務めた安田好弘弁護士が小沢氏の元秘書・石川議員の弁護人に付いた事に対しての言動。以前、勝谷さんは安田弁護士に対して批判しまくっていたのですが、かたや安田弁護士が石川議員の弁護人になるやいなや、あるラジオ番組で

安田さんっていう人は、ただ弁護士としては

日本一と言われている。

非常に辣腕でボクもよく知ってるけれども、

まあ立派な人ですよ、言ってみたら。

あの光市のことは別にしても。


と、のたまう始末。こういう風見鶏な狼少年は、どんな思想(右や左に関係無く)の人からも愛想尽かれて誰からも信用を無くして行く運命になるんじゃないかなあ。もう頼むからジャーナリストごっこで気取ってメディアに露出するのはもう御勘弁願いたい

詳しい参考資料です

勝谷誠彦様の華麗なる脳みそ さんのブログ

勝谷誠彦の正体 さんのHP

国民が知らない反日の実態 さんのブログ~勝谷誠彦の正体

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/504-feb87048

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。