スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のB・I砲 馬場と猪木 

UP アントニオ猪木&ジャイアント馬場vsアブドーラ・ザ・ブッチャー&タイガー・ジェット・シン
夢のオールスター









夢のオールスターこの映像は、1979年8月26日に日本武道館で東京スポーツが主催となって、新日本プロレス全日本プロレス国際プロレスが一同に集まって行われた交流戦「夢のオールスター戦」のメインイベントのものです!!
生きている間に1度は見てみたかったので、この映像を見つけた時は嬉しかったです
この試合の終了後、猪木さんは馬場さんに挑戦表明、馬場さんも「よし、やろう」と応えたものの、お互いの色々な事情や立場上、実現する事はありませんでした。当時は、プロレスファンのみならず一般の人も、馬場と猪木はどちらが強いかと熱く論争したものです。
2人はタイプは違えど、プロレス界のカリスマとして昔も今も君臨し、プロレスか界を超えて最高のエンターティナーでした




最後にプロレススーパースター列伝に書いてあった名言でこの記事を締めくくりたいと思います。

B・I砲は2度と帰ってこない

詳しい参考資料です

大坂西町奉行改め大坂城代のタワゴトさんのHP~猪木、馬場、そしてプロ野球1リーグ制

ジャイアント馬場記念館~「王道十六文(完全版)」第十二章 戦国マット界 Part2

ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田論さんのHP~なぜ馬場は猪木の挑戦を避け続けたのか

カクトウログさんのブログ~馬場と猪木は仲が悪かったのか

ORII'S WEBSITEさんのHP~『プロレススーパースター列伝』――超大物原作者の知られざる傑作

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

猪木が

なぜか山本寛斎の来年の「太陽の船」という
スーパーショーに出るみたいです。
(ちなみにうちの長渕がテーマソングを担当♪)
松岡・上戸と来て、なんで猪木なの~?


懐かしいな~

 夢のオールスター戦!
 当時は放送されなかったんだよなぁ。古館編と倉持アナ編、楽しませていただきました。対戦相手は、確かファン投票で決められたような記憶があります。セコンドには、若き日の大仁田なんかも見られますね。
 当時は月刊「プロレス」誌や「別冊ゴング」誌なんかの発売日を楽しみにしてた小学生でした(^^)

  • | 2006年08月31日20時53分 |
  • URL |
  • 母ヤシ
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます

<こんばんわ、レンゲ様>
寛斎さんのイベントに猪木さん??
謎ですね~^^
この2人の共通点は、派手な事が好き。
似た物同士で巡り会った運命でしょうか。
長渕さんの新曲気になります

<こんばんわ、母ヤシ様>
私もこの頃、プロレス雑誌を読み漁っていました。当時の富山県でのプロレス番組は、新日だけになり、それも何週か遅れてでしたから、なおさらこういう情報源が欲しかったのかなあ、今思うと。
ちなみに、我が家では、1984年頃に、北陸放送向けのアンテナを立てて、何年か振りの全日を見た記憶が、今でも強烈に残っています
  • | 2006年09月01日01時00分 |
  • URL |
  • kenjipunkrock
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/49-c0239219

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。