スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業火な聖火リレー 

歓声と怒号、市民不在=卵投げつけ、乱入・・・混乱の中、聖火リレー・長野
投げつけられる卵、立ち止まるランナー、乱入する男-。長野市で行われた北京五輪の聖火リレーは、妨害行為が相次いだ。沿道は中国国旗とチベットの旗で埋め尽くされ、平和の祭典を象徴するイベントは「市民不在」で進んだ。午前8時24分、小雨がぱらつく中、県勤労者福祉センター跡地の出発式で聖火が点火された。第一走者の野球日本代表監督の星野仙一さん(61)が右手にトーチを掲げ、2列の警察官に囲まれてスタートした。「中国、加油(中国、頑張れ)」。大きな中国国旗を振り、声援を送る中国人の集団。「星野、頑張れ」という日本人の観客の声はかき消された。善光寺近くのコース沿道は、中国人留学生やチベット支援者であふれ返った。中国国旗とチベットの旗の数はほぼ同数。「フリーチベット(チベットに自由を)」「ワンチャイナ(中国は1つ)」。双方が大声で叫ぶ。リレー走者が近づくと、歓声と怒号が入り交じり、歩道から車道に乗り出さんばかりに。国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」のロベール・メナール事務局長(55)は五輪のマークを手錠に模した横断幕を無言で掲げた。JR長野駅前では、タレントの萩本欽一さん(66)の走行中、紙束が投げ込まれた。並走する警察官が盾を構える。別の路上では卓球女子の福原愛さん(19)の前に男が飛び出した。立ち止まる福原さん。男はその場で逮捕された。午前10時25分、ランナーとなった崔天凱駐日中国大使が休憩地点のエムウエーブで、トーチを高く掲げた。その後も、男が聖火の列に向かって卵を投げつけ、逮捕された。トマトを投げ付けた男ら2人も現行犯逮捕された。
Yahoo!ニュース 4月26日14時1分より引用

聖火リレー 長野やはりというか荒れましたねえ。地元の人達は、最悪の事態を考えてか、シャッターを閉めたり植木鉢や石など暴動の時に使われそうな物騒な物は屋内に入れ、子供を持つ家庭は、御子さんをリレーが行われていた沿道沿いに危険で行かせられないなど迷惑三昧だったそうですね。あと、福原選手が走行中の時に飛び出してきた男性は泣きながら乱入 聖火リレー ~MSN産経ニュースによると台湾に住む亡命チベット人二世のタシィ・ツゥリンさんという方で、タシィさんの経歴についても紹介されており、その部分を読むと、かなり苦労されてきたみたいです。私はリレーのライブ中継を見る事は出来なかったのですが、記事を書く前に色々なサイトを除いて見ると、日本でも例外無く幾多の中国人が我が物顔で行動していたそうで・・・チベットの国旗を持った人は長野県警に訳の分からない注意や説教を喰らい、挙句の果てにリレーが行われている沿道から誘導される様に離され、脇の公園に固められ監視される始末(左画像は、その様子を写した写真)。それに対し傍若無人な振る舞いをする中国人はスルーで、この差別がより中国人を助長させる結果となってしまう。下の画像は、その事がよく伝わってくる気色が悪い絵だ。
聖火リレー 長野
最後に、何故、県警がこんなに中国人に手を出さないのかを説明してくれた2ちゃんねるでの貴重なコメント紹介。嘘か本当か判りませんが、個人的にはかなり納得した。

985 :止まない雨は名無しさん:2008/04/26(土) 10:35:01 ID:bu8oR1nV0
 >>581の続き。
 人の良さそうな警察官だったので少し談笑した。
 日本人が行動規制されるのは、
 ・日本人なら規律が判るのでしぶしぶでも耐えてくれるだろう
 ・中国人はモラルゼロだから、規制されて逆切れし
  地元の商店とかで暴動を起こされるとマズイ。
 という指示が出てるらしい。テラ日和見主義長野県警wwww
 「中国の人、目が血走っててちょっと危ないから気をつけてね」
 といってた。どうもその人は警備中に中国人に旗で小突き回されたらしい。。。


UPTorch relay 2008 Beijing in Nagano Japan


人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/431-029e56e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。