スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガッツ石松 亀田戦を語る 

拳論★取材戦記さんのブログ~亀田興毅 世界戦 各コメントを集めてみる
にあるように、各ボクシング関係者が色々なコメントをしています。その中でも、ガッツ石松さんが1番きついかな~
ガッツさんは亀田興毅選手の世界戦についてテレビ番組にゲスト出演した時にも、スタンスを変えずに歯切れのいいコメントをしていたようです

yahoo!掲示板 ボクシング 亀田興毅いよいよ世界戦!!~★★スーパーモーニングでガッツは語った★より、テレビ朝日系で朝に放送しているスーパーモーニングでの発言とyahoo!掲示板 ボクシング 亀田興毅いよいよ世界戦!!~★★★スクランブルでガッツ語る★★★より、テレビ朝日系列でお昼に放送しているワイド!スクランブルでの発言をまとめて掲載

「今回の試合に関してファンの方が一生懸命見てて、『どうしてこの試合で内容で亀田選手の勝ちなの?』って思った方が90%もいるそうですけども。試合会場で見るのと、TVで見るのと印象も違うのも確かですよね。でも、41年間ボクシングに携わってきた私が冷静に見ても、皆さんが思うと同じように、まあ、勝ちは在りませんね。ただ、1Rを取られて、そして11R、12Rもダウン寸前まで追い込まれながらも、最後まで頑張ったという事を加味して、何ですかね、まず日本でやってる言う事も考慮して、ドローであればね、まあ次に繋がるから良いかなとは思うんですがね。最初から、亀田勝利有りきというね、審判・ジャッジの判定に対して、これはちょっと、それは無いんじゃないかと私も思った次第であります。」

「(失望させられた発言の意図は?)一生懸命やってる亀田選手には、何の罪も無いんですよ。ですから、最初から亀田勝利有り。という雰囲気があった気がするんだよね。」

「周りは経済効果をそうかも知れないが、闘ってる本人選手はね、命をかけてね、同じルールでね、同じ体重でね、5m四方のリングでね、命をかけて闘ってる訳ですから、もっと公明正大に判定の基準をしっかりとして、どうであろうが判定をしっかりしないといけない。」

「最近の若者のキャラクターですよね。ただね、私も全世界の人と闘ってきましたけど、言葉でね、記者会見とか計量の時にパフォーマンスをする時もあるけれども、手を出したことも出されたことも1度も無い。アリでも手とか出さないよね。親爺(亀田史郎)さんが同じように暴言吐いてたでしょ。周りのスタッフが選手にね暴言吐くとかは絶対にありません!全世界無い。そこら辺は、改めた方が良い気がします。リングから降りたらある面では、紳士で在るべきですよね。それが心技体と言う物ですよね。」

「人間でも第一印象って在るじゃないですか。ボクシングでも同じように、ファンの人が単純に純粋に目で見た判定・判断が一番正しいです。視聴者の42%が見た、どうしてこんな人が勝ったの?負けてるんじゃないの?思った感性が正しいです。」

「私はね7ポイント、ランダエタの勝ちだったですね。1R2P、11R1P、12R1Pで亀田が4P取られた訳。これで4P取られたと言う事は、勝つには4P以上、5P取らないと勝てないんだね。2Rから10Rまでの間、どこで亀田が5P上回っていたか。それは無かったね。だからね、ボクシングは3分間トータルしてのポイントですから、前半の2分30秒だけ劣勢であったけど、ラスト30秒トントンと攻めたから、前半の2分30秒が消えたとなると、1R3分の採点が台無しになってしまうね。1Rトータルした採点を見ないと駄目だね。勝負所が在るからね、押して勝負する時と、流す時間が在るからね。トータルの採点で私は7Pランダエタだったな。」

「数多の笑窪で見れば、亀田よりで見れば亀田なんだけど、冷静に見るとね、価値という採点をつけるから、皆さんが騒ぐのですよ。ドローだったらね、まあ頑張ったんだから、ドローぐらいで納まっていたら、こんな騒動は無かったと思うんだ。」

「今までも日本の試合でも、地元有利の判定は何度かありましたけれどね。今回に限ってはね、視聴率が42.4%ある位の注目度が高かった。一般ファンもね目が肥えてますから、トータルしておかしいと・・・。亀田勝利有りきでレフリージャッジで採点したとしか思えないよね。だってねWBAがね亀田の親父さんにね、WBAのチャンピオンベルトをプレゼント用に持ってきてたと言うんだから。・・・・・これね負けてたらどうすんのか、それ俺にくれんのかね?・・・・・大きな力が何処かね動く場合も在るでしょうね。」

「亀田はね、汚名を返上するには、ベルトを返上するとか世論もあるけど、そんな事しないで、WBA・WBCが認めた認定機関で勝利を掴んだだから、チャンピオンなんだから腰に巻いて、次の防衛戦、他の選手を選ばないで、ランダエタをもう一度呼んで、もう一度闘って、だれも文句無い様にそう言う勝利を掴めば良いんじゃないかと思いますよね。」

「(亀田選手は)ずばり人気先行だね。まだまだ発展途上の選手ですよね。ただ攻めた時のボクシングは、なかなか良い物持ってる。それとね、スタミナがある。練習の成果なんだけどね。11Rだって普通の選手だったら倒れているかもしれない。ただ経験が少ないから、攻め込まれたら弱いね。まっすぐ下がっちゃう。あの下がりが経験を積むと横に避ける事が出来るね。」

「(指導法は)何処のジムでも同じようにするだろうし、形ってこうだと決まってないし、選手の個性をいかに伸ばすかだから、子供の時から性格とか癖を知っているお父さんが教える練習方法が、彼には一番合っていると思います。ただ世界の壁、これが壁なんだけどね、日本での選手と違うね、攻めてもまともにパンチは当たんないしね、打った後に必ずパンチが帰って来るし・・・」

「(階級を戻す事は)それは詭弁だね。なんだったら最初から上の階級狙えばよかったでしょ。だから苦労して取ったタイトルだからね、しっかりと如何に守るかを考えた方がいいと思うよ。」

「(次は・・)口では言うけどそんな甘いものじゃ無いですよ。四苦八苦してるのに、その上のフライ級とかバンタム級とか世界はそんなに甘いものじゃない。・・・昔は船で・・・そんなに簡単に取れるように・・辛亥だ。」

「(アウェーでの試合は?)何ですか、アウェーって?日本語でね。それは日本で興行できない選手は向こうへ行く訳でね。亀田はスポンサーがバックに付いていて日本で出来るから、わざわざアウェーに行くこと無いんです。」

「強ければ何でも良いのは願望なんだよね。だってね今回ね、強くないって事がね、そこまで口で言う程の実力でないのが証明されたじゃないですか。・・・」

「ただね外人ばっかりとねやんないで、日本にもいっぱい選手がいるから、日本の選手にも亀田人気を分けてやって欲しいんだ。」

「日本と東洋、世界と凄い壁が厚いですね。亀田はこれで世界の壁にぶち当たった訳だから、こんな経験をして体験をして皆強くなっていくんですよね。潜在能力は亀田選手はあるからね、これからの努力をね、これを糧に今後にかかってるんじゃないと思います。」

「ボクシングは3分間トータルの採点ですから、しっかりとジャッジする。一般ファンの人が見てるその目がね、一番です。」


ガッツさん、いいこと言うね。

もう1人、具志堅用高さんが、戦前に亀田選手に辛辣な発言をしています。
うどん?そばじゃない!?さんのブログ~具志堅氏のコメント原文
にコメント原文掲載

試合の方は、1992年4月の疑惑の判定と物議を醸した鬼塚勝也選手vsタノムサク・シスボーベ選手戦と同じく疑わしい判定結果で終わった。なお、どっちのタイトル戦も、中継はTBSが担当、日本人の所属していたジムは悪名高い協栄ジム(笑)
1992年4月の時と同じように不正な方法で協栄側は切り抜けようとしたが、そうは問屋が卸さない。1992年の時は、一方的なメディア=テレビ・新聞・雑誌しか無かったので、何事も無かったかのように振舞えたが、現在はインターネットという双方向性のメディアがあるので、視聴者側も正常な意見を発信出来るせいか抑える事が出来なくなっていたのが、協栄側の誤算だった。
このインターネットの各掲示板・HP・ブログでは、この試合の事で色々な意見が飛び交う(どちらかといえば否定的な意見が多い)お祭り状態で、テレビ局や新聞社にも抗議が殺到、無視出来ない状態ほどの社会現象になったので、今まで亀田陣営を批判する事をタブーとしてきたテレビ・新聞も、翌日には提灯記事から批判記事に変わっていきました。
正に言論が世の中を動かした!!

この火の手が上がった状態に油を注ぐ形になったのは、反省の色が微塵も感じられないTBSと協栄ジム側の行動、戦った本人=亀田選手の言動でしょう。
試合後、世間の人があきれ返っている所に、勝って当たり前などの緩慢な発言は・・・見ていて痛々しい。
格闘技をしている人は、アマプロ問わず、発言が攻撃的な人が多いものの、ほとんどの人は、言ってはいけない事・場所・タイミングを心得て最低限の礼儀を守っている人がほとんどです。また体育会系のせいか上下関係を大事にする(この事には私も感心するほど見習っています)。
しかし亀田選手は試合後に出演したテレビ番組でこれを怠った。無様な試合の後での言動ですから、余計イメージを悪くしたのではないかと思います。まだ、今度はチャンピオンベルトを持つ身として今回のような恥ずかしい試合をしないようにしますなどの事を言っておれば、まだ救いの手が、挽回する事が十分あったものの、それを自らの手でフイにしてしまった。
次に試合をしても、勝てば八百長、負ければ口だけというふうに、悪いイメージが付きまうでしょうね。これを振り払うには、亀田選手が強くなって、ガチで強いチャンピオンクラスの選手に完膚無く完全勝利をしない限り駄目かもしれません。また今後、TBSでボクシング中継をする・TBSだけでなく他局のボクシング中継で協栄と名前が出て来ると、皆疑いの目で当分見られそうですね。

そうそう、本当かどうかわかりませんが、ここのHPの8月の記事や、試合当日の最前列で(▼▼メ)の人がちらほらいた(その隣には、サメの脳味噌といわれる政治家も座っていたらしい)という事や、
プロレスのブログさんのブログ~山本“KID”徳郁、亀田興毅戦をブログで語る、だが削除へ!
などの事から、なんか今後下手なスキャンダルが出て来るのかと憂鬱・・・
PRIDE騒動で、格闘技界はダメージを負い沈静化して挽回しようとしている矢先に、これは追い打ちかな。あと、この試合のメインスポンサーには、パチンコ経営している会社ってのもどうよって思った。なんせラウンド終了ごとに流れるCMには気分悪くなった。

まあとにかく、愚策によってボクシング業界は痛恨の一撃を喰らった事は間違いないでしょう。1度落ちた信用はなかなか取り返せない、商いの鉄則です

詳しい参考資料です

ガッツ石松のホームページ OK牧場!

白井・具志堅スポーツジム 公式サイト

具志堅用高記念館

渡嘉敷ボクシングジム

iida-ism.com 飯田覚士オフィシャルサイト~「亀田戦観戦記」と今後

拳論★取材戦記さんのブログ~亀田興毅 日本ボクシング史上に残る・・・

拳論★取材戦記さんのブログ~亀田バッシングと問題の本質

二宮清純責任編集 SPORTS COMMUNICATIONS~近藤隆夫「INSIDE格闘技」 第78回 “疑惑の判定”鬼塚×タノムサク戦から14年・・・歴史は繰り返されている

ターザンカフェ 煩悩菩薩日記~八百判定 2006年8月2日

ターザンカフェ プロ格コラム~亀田興毅vsランダエタ戦について。 2006年8月3日

勝谷誠彦の××な日々。

ようこそやくみつる桜新町ホームページへ

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/42-76c7bc96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。