スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国は 今日も明日も ジェノサイド(大虐殺)~五・七・五風に 

チベット騒乱拡大 四川と青海の自治州でも
中国西部のチベット自治区ラサで起きた僧侶らによる大規模騒乱に続き、16日には、抗議行動がチベット自治区以外に拡大し、AP通信によると、四川省のチベット人の自治州で起きた当局と市民の衝突で少なくとも7人が死亡した。一方、インド亡命中のチベット仏教指導者ダライ・ラマ14世は同日、亡命政府のあるインド北部ダラムサラで記者会見を開き、騒乱で多数の死者が出たことについて「文化的虐殺だ」と非難、事態の解明に向けた国際社会の調査を要請した。APやロイター通信がチベット人人権団体や住民の話として伝えたところによると、四川省の自治州では、約200人が警察署に火炎ビンを投げつけた。警官隊の発砲で、少なくとも7人が死亡。また、チベット僧と警官隊の衝突で警官1人が殺害され、3、4台の警察車両が放火された。青海省の自治州では、僧侶約100人が修道院に監禁されたことに反発し、修道院裏の丘に登って花火を打ち上げたり香をたいたりした。甘粛省の省都蘭州では、学生100人以上が抗議デモを展開。15日に警官隊が僧侶らのデモ隊に催涙弾を発射した同省内の自治州夏河県やラサには16日、外出禁止令が出され、厳しい統制下にある。チベット亡命政府のあるインド北部のダラムサラで記者会見したダライ・ラマ14世は、中国当局の弾圧を「恐怖による統治だ。平和を装うため、武力に頼っている」と批判、「国際的な組織がチベットの状況を調査する努力をしてほしい」と訴えた。また、チベット亡命政府は同日、騒乱で「少なくとも80人が死亡したことを確認した」と発表した。犠牲者数をめぐっては、中国国営新華社通信は「少なくとも10人」とするこれまでの発表数字は変更しておらず、警官と武装警察部隊員計12人が重傷を負ったと指摘。中国当局は、外国メディア、特に中国国内の常駐記者がチベットから報じることを禁じており、実際の被害状況を把握することは難しい状態。中国政府の情報統制に、国際社会の批判が高まっている。亡命政府によると、10日の抗議行動は平和的に行われていたが、軍が装甲車両とみられる車を投入。群衆に発砲したために混乱し、一部当局者は僧侶に変装してデモ隊の鎮圧にあたり、これがデモ隊を挑発し当局車両への放火などにつながったとしている。
         ◇
昭和40年にチベットから来日し、
桐蔭横浜大学法学部教授でダライ・ラマ法王アジア・太平洋地区担当の初代代表も務めたペマ・ギャルポさん(54)は、チベットでの騒乱について、「チベット人たちの安否が心配だ。中国はいつまでチベット人を傷つけるのか」と同朋たちが危険にさらされていることに怒りをあらわにしている。ペマさんは「チベットは歴史的にも文化的にも独立性が高く、これまで中国政府が抑圧的な態度で掌握しようとしたができなかった。今回もあくまでチベット側の暴動というようにしたいようだが、騒ぎが拡大したのは中国公安当局が挑発したのが原因」と引き金を引いたのは中国政府側との見方を示した。その上で「北京五輪が目前だが、中国政府が人権を尊重し、チベット人の権利を認めるまでは、国際社会にふさわしい国とはいえない」と話している。
MSN産経ニュース~2008年3月17日 0時7分より引用

起こるべくして起こったという感じでしょうか。中国共産党はチベットだけでなく、ウイグルや内モンゴルを侵略・占領し虐殺・弾圧を延々している事は、日中報道協定のせいか日本では知っている人は少なく、教科書では自治区だと書かれていますが、トンデモナイ間違いで、歴史上稀な圧政を敷いています。チベットの虐げられた歴史と現段階までの暴動の繊細を知りたい方は、下のサイトが大変参考になります。日本のマスコミが報じない事も載ってます。もう誰もが思っている事だろうと思うのですが、この国でオリンピックを開く資格は無いですね

東アジア黙示録 さんのブログ~チベット被虐49年の陰画・・・ラサ抗議デモに催涙ガス

東アジア黙示録 さんのブログ~中共軍包囲でラサ戒厳状態・・・五輪前に恐怖支配強化

今回の暴動が起きる前の3月2日の上海で、アイスランドの歌手ビョークさんがライブを行った時、そのライブ中の後半に「Declare Independence(独立を宣言せよ)」を曲を披露した際、「チベット、チベット」と続けて言ったそうです。ちなみに、この時に着ていた衣装は、ウズベク絣でウイグル人も着用するものらしい。チベット&ウイグル・・・ビョークさんなりの痛烈な皮肉でしょうか。このライブを見ていた中国関係者は勿論大慌て、ビョークさんに対して法的処置を執るという声明を発表したそうですね。それにしてもビョークさんは肝っ玉が据わっていますなあ。こういう根性が世界的アーティストとして名を馳せるんでしょうか

UPBjork - Declare Independnce for Tibet - Shanghai


詳しい参考資料です

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/419-ee51ba1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。