スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の口癖・・・ 



これ、中国産?
これ、何処の製品、中国製かな?

食事をする時・物を買う時に最近発する様になった口癖です。こういう現象は、恐らく私だけでなく全国の人々にも起こっていると思います。毒餃子事件でのジャイアンの様に開き直った中国の態度には、殆どの人は怒り、呆れ返ったのではないでしょうか。中国事情を知っている人、特に中国共産党の正体を把握している人は、こういう対応は予想しており驚きもしなかったでしょうが、今回の事件は中国に詳しくない人でも、この国の正体、馬脚を表した姿が垣間見えたでしょう。そのせいか此処の所、中国からの食料の輸入が4割減り、また、中国への日本人の観光も激減しているとか。まあ、自業自得ですな。中国に関わる食料は、たとえ毒が入っていなくても、土壌・河川・湖の8割が汚染された所で作っていますから、今後、口にしない方が無難でしょう。なんせ、この国の中流階級以上の人が、こういう事を知っており、自国の一般的に市場に出回っているのを避けているくらいですし。そして、中国の毒は食だけでなく、あらゆる製品に混入され、今回の毒餃子事件以前・以後にも世界中の国々に被害が及び迷惑をかけています。極め付けは下の記事・・・なんでコバルト60が・・・

痛いニュース(ノ∀`) さんのブログ~【中国産品問題】 中国製ステンレス鋼材から放射性物質 イタリア、捜査を開始

上のバナーはHonevacary Channel さんのブログ~CHINA FREE CAMPAIGNから借りさせてもらいました。チャイナ・フリーという言葉はアメリカで販売している製品に表示されているものらしく、この製品は中国産ではありませんという意味だそうで流行しているとの事。あの親中派のヒラリー・クリントンさんですら不買を表明しているそうですからねえ。あと、報道番組でも中国の製品の特集を組んで、きちっと冷静に検証しているのは流石。それに比べて日本のマスコミ・政府・中国の食料輸入関係企業の弱腰の対応はなんでしょうね、情けない。アメリカの牛肉のBSE問題の時はヒステリックに騒いだのに、今回騒動に対して、「現状では中国産に頼っているのでしょうがない」とかぬかす馬鹿(一般家庭が口にするものが売られているスーパーは国産が多い。中国産が多くなったのは、ここ数年前ぐらいで、輸入している殆どは副食品。中国食品を輸入禁止してもそれほど困らない、数年前に戻るだけ。困るのは外食産業だが、他の国にシフトすれば良い。本当は自給率を上げていくのがベストなんでしょうが、難題だ。)、日本の警察が中国の理不尽な対応に反論している傍ら、「中国の対応は前向きだ」とぬかした中国LOVE媚中派の1人福田首相、この差はなんでしょうか。何故此処まで中国に肩入れしなきゃいけないのか理解に苦しみます。最後によく読ませてもらっているHPの記事の一部を引用させてもらいます。根本的な問題をズバリ指摘しています

中国に進出している日本メーカー、特に食品関連メーカーは中国人従業員向けに人権教育にもっと力をいれるべきだと思う。中国人自身のモラルをあげない限り、今回のような問題はなくならない。たとえ毒物混入の犯人が天洋食品の従業員であれ、外部の第三者であれ、はたまた中国人以外の誰かであったにせよ、簡単に毒物を混入させられるような製造ラインを許してしまっていたり、そもそも毒を入れるというような発想からして無くしていかないといけない。「戒」であるインフォーマルな規範が十分機能している日本と、「律」であるフォーマルな調整機能、契約や法制度すら満足に働かない中国。これらの差を埋める努力が、結局は中国の民度を上げ、品質を向上させる一助になる。
国際戦略コラム さんのHP~中国産毒餃子事件について 再考より一部引用

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/414-e0214a24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。