スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クインティ 

クインティ今日は、ナムコからファミコン用ソフトとして1989年6月27日に発売されたクインティについて書いてみます。このゲームは、CS・ケーブルのチャンネルフジテレビ721の番組ゲームセンターCX63回目の放送分の挑戦ソフトとして採り上げられ、またかなり前の放送でのクリエイターインタビューのコーナーで、このゲームの作者田尻智さん出ていた事もあり、紹介されていました。田尻さんといえば、もうご存知の方が多いと思いますが、ポケットモンスター(ポケモン)の生みの親として有名ですね^^



クインティは、パネルを捲って敵を全て壁にぶつけて倒すのが目的の面クリア型のパズルアクションゲームです。プレイヤーはパネルを捲る事で敵キャラを弾き飛ばし、壁(外壁および同様の働きのあるパネル)にぶつけて倒し、敵キャラを全て倒せばクリアとなります。パネルには特殊効果を持つ物が在り、これ等を利用してクリアを目指します。この特殊パネルの使い方が、攻略&高得点の鍵を握っていると言っても良いかもしれませんね

このゲームは、全部で10のステージが在り、ゲーム開始時は、其の内の8つから攻略するステージを任意に選ぶ事が出来ます。この8つのステージを全てクリアしますと、9ステージ目(キャッスルステージ)、そして最終ステージ(天空の城ステージ)に進む事が出来ます。 各ステージは10のエリアが在り、最終エリアにはボスが待ち構えています。ボスを倒すとステージクリアとなり、次のステージ選択画面に移ります。 以上の説明からこのゲームは、10エリア×10ステージで全100面から構成されています。


私は、このゲームを今まで1度もプレイしたこと無かったのですが、田尻さんが作ったという事、記事のネタ作りという事もあってか、プレイして見ました。元々こういうタイプのゲームは好きという事もあり、なかなか面白いと感じました。個人的理由を抜きにしても、デザインも可愛く、ゲーム内容も頭脳&反射神経を使うだけあってなかなかのもの、おまけに難易度も簡単な方にしている為、ユーザーの事を考えて作っていると思います。
あと、忙しく時間の無い大人でも、手軽に遊べるのもGOODです。前の記事堀井雄二さんの名言でも書いた様に、最初の5分でユーザーを取り込めるという事もあって、十分合格点をあげても良いかな^^

クインティこのゲームが発売された1989年は、ファミコンの成熟期という事、また発売元のナムコは他に超有名なソフトを一杯出している事もあってか、このクインティは、ついつい隠れがちな存在になりがちですが、数日しかプレイしていない私が言うのも何ですが、名作ソフトに入れてもいいと思います。お薦めっす




人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/413-1db271a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。