スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冗談と本気の見分け方 

キングコング西野「切腹コールは亀田と同レベル」
人気お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(27)が14日、自身のブログ「西野公論」で王者・内藤大助が、反則を繰り返した挑戦者・亀田大毅を判定で破ったWBC世界戦について「理由は何であれ、『切腹』を煽るのは絶対に間違っていると思う」と、試合後に『切腹コール』をした観客や『切腹』について質問した記者を批判した。ブログでは「あの会場で『切腹コール』をした多くの人達やあの質問をした記者さんは絶対に間違っていると思う。切腹コールなんてした時点で、その時の亀田大毅選手と同じレベルだ。『切腹』なんて簡単に言っちゃいけないのだ」と明かしている。最後は「子供が観てるのだ。その姿を。『切腹コール』で盛り上がる大人の姿を」とつづっている。
10月14日17時10分 産経新聞 - Yahoo!ニュースより引用

上の記事で紹介された記事が書いてある部分はこちら。

キングコング西野のコラム「西野公論」西野公論~人間

切腹コールを叫んだ人は誰も本気でやれと思っていないでしょう。何故こうなったかと言えば、数年前から今回対戦した内藤選手をはじめ幾多のボクサーに罵詈雑言を浴びせ、逆に浴びせられたボクサーから挑戦状が叩きつけられると、そそくさと逃げ、先日行われた世界戦の前でも例外ではなく相手を罵倒、挙句の果てに負けたら切腹と出来もしない事を言い、いざ試合が始まると実力では勝てないので反則技を酷使、試合終了後も不貞腐れて逃げる様に控え室へ・・・そう、こういう積り積った有言不実行な経緯がこういう結果に繋がったと思うのですが。興行、特に格闘技の興行では、こういう野次は必然的に起こるし。むしろ今回のお客さんはマナーがあった方だし、野次だけで済んで良かったんではないでしょうか。場合によっては暴動など、もっと酷い事が起こっていてもおかしくないほど最低な試合でしたし。西野さんは今回の試合が組まれるまでの経緯を多忙で知らないのかもしれないと思うのですが、例え知らなくても、お笑いの人でしたら、この位の事は読んで欲しい。冗談か本気かを見分ける力って、お笑いをやる人も見る人も必要なのでは。いや、お笑いだけでなくても、あらゆる分野で・普段の日常生活でも。そして、見ている子供が判らなければ教えやればいい、それが大人の務めだと思う。まあ、それでも子供は其処まで馬鹿じゃないですから、下の動画の様に判る子は判っていますし
此処の所、亀田関係の記事が続いてすみません。

UP内藤大助vs亀田大毅 子供の予想


人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/380-eaae9503

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。