スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国製の自動車の衝突実験~三途の川へ直行ですな 

幾多のブログで採り上げていると思いので、小生のブログも

UPChery A15 (Amulet) EuroNCAP crash test


参考記事:中国車の安全性は「最悪」=WSJ紙~Chosun Online 朝鮮日報 2007年8月9日

死にたくなければ後部座席に座れって事でよかですか。これはもう鉄屑と言ってもいいかな。流石、人命は紙より軽いと見る中国らしいですな。そんな中、こんなニュースも。

団塊世代が中国に「転職」 品質管理の指導者としてモテモテ
団塊世代を中心とした日本人の「シニア人材」が中国から「熱い」視線を浴びている。中国の高度経済成長による人材不足と、団塊の世代を中心とした中高年世代の大量退職が合致し、中国企業が品質管理の指導者などとして雇い入れるケースが増えてきているようなのだ。

大連市は「シニア人材」の就職説明会を開催

中国では、日本の「シニア人材」の確保に乗り出す自治体も登場している。遼寧省の大連市は07年5月に日本の「シニア人材」を対象にした就職説明会を開催した。参加したのは地元企業160社ほど。同市は06年にも東京で人材募集のイベントを開いたり、同市内で「日本週」と名づけた就職イベントを行うなど、日本人人材の獲得には熱心だ。日本人を受け入れる専門窓口も設けられた。大連市人事局は
J-CASTニュースの取材に対し、同市が日本の「シニア人材」受け入れに熱心な理由を「年をとっても、退職しても、人材としての価値がある」と語る。同局によれば、以前から日本人を受け入れたいという企業の要望があったが、最近になって日系企業が増えたことや、地理的に近いということも手伝って、日本人人材の需要が高まっているのだという。大連市の人口は500万人ほどだが、現在、同市では約1万人の日本人が働いている。こうした中国からの需要が、日本の団塊世代の大量退職と重なり、日本の人材会社も続々とこの世代の「中国への転職」事業に乗り出してきている。インターネットッ上の転職・就職サイトでは、中国向けの転職・就職を扱うサイトも多くなり、団塊世代に中国への「転職」を紹介する企業も増えてきた。給与も日本で支払われるものと同レベルに人材派遣のアヴァンティスタッフは2006年6月に中国最大の国営人材サービス会社「中国国際技術智力合作公司」(北京)と提携し、中高年を中心とした日本人の中国への転職に力を入れている。同社海外事業室担当者は、団塊世代を中心とした日本人への「人材熱」について次のように話す。
「中国では製造業の品質管理の考え方が根付いていない面があるので、経験をつんだ日本人指導者への需要は高い。また、日本の団塊世代の方も(退職後に)自分がやってきた仕事を活かせる場が少ない事情もあって、『セカンドキャリア』を海外で要望する方も多くなってきました」
双方の需要が重なり、中国への「転職」を過熱させているようだ。さらに、中国の高度経済成長によって、給与も日本で支払われるものと同レベルになり、日本の団塊世代が就職しやすい環境になったことも、団塊世代が中国に転職する大きな要因になっている。

J-CAST ニュース 2007年8月9日より引用

数年前にNHKで特集して放送しているのを見た事あります。大きく見れば、日本の技術を間単に流出する、それも中国相手となると、大幅な国益の損害となるのは目に見えているのですが、まあ、これも仕方ないのかなあ。自分が同じ立場に立ったらと思うと同じ行動とるかもしれないし・・・
でもねえ、おそらく技術全部盗んだ後、中国に渡った人達はあっさりとポイと捨てられそう・・・
それに北京オリンピックが開かれる2008年から上海万博の2010年の間くらいにはバブルも弾ける可能性も高く、そして、5つも6つも抱える中国自身の問題で、内で分裂するか外に侵略するかわかりませんが、無事で済むととても思えない中で退職後も安泰とは行かない様に思います。

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/340-92f4795a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。