スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍の今後 

朝青龍、謹慎破ったら解雇も
日本相撲協会が1日、横綱朝青龍(26=高砂)に事実上の最後通告を行った。東京・両国国技館で臨時理事会を開き、けがで夏巡業の休場届を出しながら母国モンゴルでサッカーに興じた朝青龍に、2場所出場停止と4カ月間30%の減俸、九州場所千秋楽の11月25日までの謹慎処分を下した。現役横綱への出場停止、減俸処分は史上初で、現役力士への謹慎通告も史上初という異例ずくめの処分。朝青龍はこの日から117日間、自宅から部屋、病院への外出しか基本的に許されない。協会は、謹慎を破った場合には解雇処分も辞さず、という厳しい姿勢を打ち出した。予想された以上の厳罰が朝青龍を待っていた。臨時理事会は、師匠である高砂親方(元大関朝潮)を外した14人で開かれ、約25分間で終了。会議室の外で待機していた高砂親方が呼ばれ、北の湖理事長(元横綱)から「朝青龍は4カ月30%の減俸。2場所の出場停止。九州場所千秋楽までの謹慎。師匠は4カ月30%の減俸とする」の処分を言い渡された。理事の間からは「クビにすべきだ!」「巡業は朝青龍が思うほど、軽いもんじゃない!」という厳しい声が相次いだという。北の湖理事長は「ファンあっての大相撲ということを重視した妥当な罰則」と振り返った。大相撲の看板たる横綱に出場停止、減俸処分だけでも、伝統ある角界では異常な事態。さらに、罰則規定にはない謹慎処分が加わるという、前代未聞の決着となった。謹慎期間はこの日から、九州場所千秋楽までの117日間。理事を代表して会見を行った伊勢ノ海親方(元関脇藤ノ川)は「自宅、部屋、病院のほか、特別な理由がない限り、謹慎するということです」と説明した。家族で食事に出掛けることも許されない。当然、モンゴルに帰国することもダメ。九州場所への部屋帯同はいいが、宿舎の外には出られない。朝青龍は事実上の「軟禁状態」に置かれることになる。仮に「謹慎破り」が発覚した場合は、罰則規定で最も重い「解雇」もあり得るという。ある理事は「破ったら次はアウト。理事会でもそういう話が出た」と証言。処分内容を電話で朝青龍に伝えた高砂親方も「謹慎処分を破ったら解雇されると認識している。本人にもその趣旨を伝えた」と話した。厳しい処分を下したことに、伊勢ノ海親方は「今回の件だけでなく、今までの積み重ねが少なからず判断に影響したと思う」とも話した。過去の旭鷲山とのトラブルや無断帰国、土俵上での横綱らしくない振る舞い、モンゴル巡業に向けての勝手な署名活動など、協会内部に積もっていた朝青龍に対する不満が、一気に噴き出した格好だ。北の湖理事長は「横綱は成績、結果、責任を求められる地位。深く反省してほしい」と朝青龍の改心を期待。高砂親方も「(謹慎処分を)破らないと信じている。特に見張り役を付けることは考えていない。21度の優勝をムダにはしないと思う」と話した。協会の判断を重く受け止め、失った信頼を取り戻すよう努力するのか。朝青龍は今後、行動でそれを示すしかない。
2007年8月2日15時37分 nikkansports.comより引用

予想通りとはいえ、ちと厳しい処分には驚きました。記事にも書いてある様に、今までの行為が仇となって帰ってきたとは日頃の行いの大切さ・因果応報という教訓が、この事件で改めて思い知らされます(あと、亀田興毅選手・細木数子さん・島田紳助さん・堀江貴文さんと親交が深いそうです。此処に挙げた人達、絶え間無く黒い噂出ている事で有名ですから、類は友を呼ぶという諺も当て嵌まりそうです)。さて、今後の朝青龍関の予想ですが、概ね3つの選択があると思います。

1 大人しく謹慎処分に従う

2 謹慎処分を破って引退、モンゴルに帰る

そして、

K-1谷川氏 朝青龍獲得へ動く?
引退危機に追い込まれた大相撲の横綱・朝青龍の動向にK-1谷川貞治イベントプロデューサー(EP)が興味を示した。関係者から朝青龍の出場停止、4カ月の減俸を聞いた谷川EPは「かなり重い処分ですね」と驚いた様子だった。今後、お騒がせ横綱の朝青龍が黙って謹慎するとは思えないため、動きが気になるところ。「あれだけの実績をつくったし、気になりますね」と実際に引退となれば即獲得に動きそうだった。
2007年08月02日 スポニチ Sponichi Annexより引用

3 謹慎処分を破って引退、総合格闘技またはプロレス界へ転向

でしょうか。朝青龍関の一家は、次男のスミヤバザルさんは総合格闘技で何回か戦っているモンゴル相撲の雄、三男のセルジブデさんは「ブルー・ウルフ」というリングネームで活躍するプロレスラーと、格闘技一家と言ってもいいくらい地元モンゴル・日本で知名度が高く(ちなみにお父さんもモンゴル相撲の雄)、また嘗てセルジブデさんが所属していた新日本プロレスに朝青龍関がよく遊びに行っていた事もあるから、そこそこ格闘技・プロレス界とパイプはあると思いますので転向という可能性も。しかしながら

悲しきアイアンマン さんのブログ~ブルー・ウルフさんの大富豪っぷりは予想以上

の記事によると、一家を含む朝青龍関の親族は、モンゴルで相当儲けているとの事。また朝青龍関は日頃から帰化しない事を明言して日本には未練がないようなので、13の選択は低く、2の選択=モンゴルに帰る可能性が高いと自分は思います。仮に3の格闘技に転向した場合でもスパーリングの感覚で身をあまり入れさそうです。それにしても、自宅から部屋か病院以外は駄目ってのは結構キツイですよね。

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/335-5407fe78

プロレスがいいと思う

力道山との出会い、張本をはじめとする出会いの数々、ただ頭突きだけの人だと思ってましたが、面白かったです。筆者の苦労及び想いに考え深さを感じます。G馬場やA猪木とともに昭和のプロレス全盛期を支えた、大木金太郎ことキムイル氏の知られざる素顔をうかがい知ること
  • | 2007年08月22日14時05分 |
  • URL |
  • 格闘技をいっぱい集めました |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。