スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参議院選挙 悪か死か 

参議院選挙の日がもうすぐです。ネットやテレビなどを見ると、民主党が議席を伸ばし、自民党がどれだけ議席を死守するかというくらい自民党の敗戦が濃厚という記事が目立ちます。私見ですが、ほぼそうなるだろうと予想します。最近は、与党の自民党の失言・不祥事が続いていますから、こういう予測が出るのもしょうがないと思うし、脇の甘さを何とかしろと一喝したいくらいですが、しかしながら、こうも毎日マスコミが安倍政権を執拗に叩いて報道する姿は異様で不気味としか言いようがありません(マスコミだけでなく官僚と公務員労組を敵にしたからなのかしら)。安倍首相は口ベタで説明するのが下手なのが・周りの人が不祥事を次々と起こすのがマイナスになっておりますが、失政らしいものはしておらず、むしろ教育基本法改正・防衛省昇格法・国民投票法集団的自衛権などに取り組んでいるなど、もっと評価しても良いかと思うのですが、残念ながらマスコミは見ザル・聞かザル・言わザル。う~ん、かといって自民党を熱烈支持というのも、ちょっとアレだし、対立候補の最大野党の民主党も以下の理由で自民党以上に支持出来ない。下に挙げたのは今後民主党がマニュフェストに書かれているもの・今後政権を獲ったら実行しようとしているもの。

一国二制度
沖縄を外国に売り飛ばすと言ってもいい制度。さらに約1000万~3000万の外国人の移民を受け入れる事も政策に掲げている。ちなみに現在の沖縄の人口は130万人くらい。ここのFLASH動画がこの制度の危険性を丁寧に解説しております。

外国人参政権
同じくここのFLASH動画がこの制度の危険性を丁寧に解説しております。また、外国人参政権に反対する会 公式サイトにも詳しく解説されています。

人権擁護法案
この法案が成立したら言論の自由は無くなり、擁護法案では逮捕理由は、少数の委員(外国人も委員になる事が可能)が「差別」と判断したら有罪で、恣意的な運用が可能な為、かなり危険が伴う。この法案についての繊細はサルでも分かる?人権擁護法案さんのブログに書かれています。もし、この法案に「外国人参政権」と「一国二制度」が絡み合ってきたら・・・普通の人ならガクブルもんな事が想像つくと思います。

年金
今回の選挙のテーマとなっている年金問題。与党の責任ばかりをマスコミは連日報道していますが、そもそも、一番の原因は社会保険庁のミスによるもの。もちろん、与党・野党にも責任があるのは言うまでもない。自治労は民主党の支持母体、社会保険庁の解体には反対。よって改革は無理。しかも、痛いニュース(ノ∀`) さんのブログ~民主党・さくらパパ 「年金なんか、納めてなくても納めたと言っていい」・・・年金虚偽申請を「奨励」の記事の様に、とんでもない事言っている人も(この事を採り上げた報道機関は地元のマスコミのみで他は皆無という偏向ぶり)。今回の年金問題については下の動画がわかりやすく解説しています。

UP年金問題の隠された構図~チャンネル桜

見れないときは、下の
ミラー1 ミラー2 ミラー3
を見てみてね。

農家戸別所得補償制度
戸別所得補償制度
財源はどうするの??
出来る訳無いじゃん。

こんな訳で、とてもとても、このような反日政党を支持する事は出来ません。まあ、民主党は右から左まで幅広くいる烏合の衆ですから上記の事を抜かしても、とても任せられる様な党ではないと思いますので、今回の選挙は消去法で自民党になってしまいました(こうせざるを得ないくらい支持政党が無いんです。希望的には自民党・民主党にいる反日議員を追い出して、2大政党またはくっついて新しい党を作ってくれるのが理想なのですが・・・)。あと、随分前に何処かのブログのコメント欄で、

自民党に任せたら日本は悪くなるが

民主党に任せたら日本は死ぬ


と書かれており、的を得ているなあと感心しました。今日の記事の題名は、此処から採ったものです。他の政党については論外、維新政党・新風という期待出来る政党はあるものの、議席はそう簡単に獲得出来ないでしょうね

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/329-ec5084df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。