スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田騒動にアントニオ猪木介入!? 

ソース:東京スポーツ 8月15日版 1面から

亀田騒動にアントニオ猪木介入
「俺がベネズエラに行ってチャベス大統領に謝ってくるから、それで終わりにしろ」


亀田父vsやく氏バトル 猪木介入

アントニオ猪木が「亀田騒動」の収拾に乗り出すことになった。猪木は13日、WBAライトフライ級王座決定戦(2日)で亀田興毅(協栄)に敗れたファン・ランダエタの母国・ベネズエラを訪れウーゴ・チャベス大統領に“誤審”を謝罪することを明かし、亀田父・史郎さんvsやくみつる氏のバトルにも介入した。「格闘界のご意見番」まで加わった亀田騒動は、新たな局面を迎えた。

▼「格闘界のため」収拾へ動く

王座戦から10日以上経ているのに「亀田騒動」は一向に収まる気配がない。全国的な亀田家へのバッシングはもちろんのこと、判定をめぐってランダエタの母国・ベネズエラからは批判されたままだ。亀田騒動にはノーコメントだった猪木も、さすがに黙っていられなくなった。

▼俺がベネズエラに行き大統領に誤審謝罪する

猪木「せっかく沈滞していたボクシングを注目させたのに、もったいない。まさに一寸先はハプニング、でも(誤審は)格闘技全体の信用にかかわってくる。オレもプロレスで、ずっと八百長問題と戦ってきた。プロモーターではなく格闘家の立場として、つまんないことになり過ぎてるのが気がかりだよ」

猪木が心配するのは“誤審”の行方だ。2-1の微差判定は元世界王者のガッツ石松氏らを巻き込み、ボクシングの競技性そのものにまで疑念が出ている。またベネズエラの日本大使館にはランダエタあてに約2500通のおわびメールが届いた。ベネズエラ国内でも「疑惑の判定」が大きく報じられ、国際的な問題になってしまった。

猪木「試合はフラッシュでしか見テ無いけど…オレの周りは“ひでえ試合”と言ってた。だからオレはベネズエラに行ってくるんで、向こうで謝ってくるよ。チャベス大統領に“許して”って言ってくるから、それで終わりにしてくれよ」

猪木は手がけているエネルギー事業の関係で、ベネズエラ政府から招待を受けている。9月早々にもベネズエラを訪れる予定だ。さらに招待の窓口がチャベス大統領の側近ということで、大統領に“誤審”を謝罪するという。反米で知られるチャベス大統領も、アリと戦った男にわびられれば驚くだろう。ただ猪木が謝罪するのは“誤審”についてであり、ランダエタが非難する亀田の振る舞いや父・史郎氏の言動に関してではない。そればかりか猪木は亀田バッシングに疑問を投げかける。

▼亀田本人は悪くない!!バッシングはもうやめろ

猪木「今朝もテレビで弁護士とか評論家が話してたけれど、バカヤローばかりだよ。大人がよってたかって19歳を批判してカッコ悪い。亀田兄弟が何をしたっていうんだ?法律を破って悪いことしたワケじゃない。プロとしてのパフォーマンスが非礼だって?バカ言ってんじゃない。テメーらは19歳の時、何やってたんだ。しつけが悪いとか教育への影響だって?文句言うところが違う。元世界王者が判定うんぬん言うのも、どうかしてる。オヤジ(史郎さん)のことはよくわからんが、戦ってる本人は必死だ。判定うんぬんは本人のせいじゃない。オレもアリと戦った時、散々言われたさ。でもオレも含めて同じ格闘家として守ってあげないといけないよ」

猪木によれば、非難されるべきはテレビ局を含めた周囲であり、亀田本人には何の責任もない。勇利アルバチャコフのころから協栄ジムと付き合いのある猪木は「右にならえ」の亀田バッシングに怒り心頭になっている。だからこそ解決策はひとつしかない。

猪木「大みそかに紅白歌合戦にぶつかってみろ。そこでもっと強いチャンピオンとやればいいんだよ。それをやんない方が根性ナシと言われるさ。この問題は(連合艦隊司令長官)山本五十六が言ったこの言葉が当てはまる。
『やってみせ、言ってきかせて、ヤラさせてみせ、ほめてやらねば人は動かじ。』
元の文に“ヤラ”は入ってないんだけどね、フフフッ」

元祖大みそか男・猪木の言葉を、逆風の中にいる亀田兄弟はどう受け止めるのだろうか──


2ちゃんねるのあるスレから転載です
突っ込み所満載ですが、暑い中いちいち反論する気力もありましぇーん。この記事を読んで皆さんが感じた事と私が感じた事はそう大差無いと思いますので
まあ、あれですね、猪木さんに関わる者は皆不幸になりますから。法則と言ってもいいんじゃないかしらん

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/31-b2aad681

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。