スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下徹vs中野剛志・小林よしのり 

橋下大阪市長のツイッターからですが・・・
http://twitter.com/#!/t_ishin

中野剛志もしょうもない思い上がり識者だったか。残念だ。
だいたい、年下のくせに面識のない俺を呼び捨てにすんじぇねえよ。
霞が関の官僚で大学の准教授。最悪のタダ飯ぐらいルートだろ。
こういう奴らは税金でふんだんな時間を与えられて、
朝から晩まで責任のないことをやっている。

なんなんだろうね。一度も面識のない相手に、
ほんとこういうもの言いができる大人がいるって言うのも
日本もダメになったよな。
もう自分が絶対に正しい、自分以外は間違いってな調子。
しかもこの年齢で。勘違いも甚だしいね。
これまでやった仕事もたいしたことのないもんだろ。口だけで。

口ばっかりであーでもない、こーでもないと言うだけでなく、
何か一つでも実行してみろって言うの。
こういう人間を大量に生み出してきた日本のシステムが問題だ。
俺が人の悪口ばかり言ってるって?俺はね、面識もないのに
非常識な物言いをする人間に対して同じ言い方をしてるだけだ。

ツイッターで罵るのは、先にこっちに対して罵って来た者に対して
同じ調子で言い返しているだけ。TPP亡国論とか言う本で、
世間の逆張りを張って多少注目されて勘違いしちゃった典型例。
もうこれで日本のインテリ層の仲間入りってもんだ。やれやれ。

小林よしのりは、税金で飯は食っていないので中野剛志よりも
多少はましかはしらんが、ようは口だけで、何もやっていない奴。
二人似た者同士で語り合っていたら良いが、住民が困っていることを
何が一つでも解決しろよ。保守だ、国だと偉そうなフレーズは
口に出すが、要は暇児なだけじゃねえか。

こっちも公人だから批判はいいが面識のない相手を呼び捨てにするな。偉そうなことを言う前に最低限の社会人マナーを身につけろ。
お前らが考えているほど現実の行政を切りまわすのは楽じゃねえ。
中野は官僚辞めてるんだろうな。官僚身分のままで大学で
時間もらって生活してるって究極のぷータローだろ!

僕はね、非常識な相手には非常識で討ち返す。
常識な相手には当然常識に。日本の識者と称する輩にはほんと
非常識が多いね。しかしこの中野剛志、また官僚に戻るっていうなら、
ほんと恐ろしいね。寒気がする。
こいつは一体何様のつもりで公務員をやるんだろうか・・・・・

小林よしのりももう少しまじめに勉強しろよな。大阪都構想を、
大阪を都にすることだって。やれやれ。バカか。
大阪府と市の行政機構を変えるという話なんだよ。
どんな目的で何をやろうとしているのか、これまでの経緯も含めて
もう少し勉強してから批判しろ。

小林よしのりや中野剛志、共通するのは批判はするが、
今の現実の課題に対しての具体策は一つもなし。
批判は楽。具体策を提示し、実行するのは死ぬほど大変。
人間の考える策に完璧なものなどない。
批判しようと思えばいくらでも粗捜しはできる。
それでもやらざるを得ない。これが現実の政治・行政。

小林よしのりと中野剛志の共通点は、自分の論こそ絶対に
正しく、その他の論は全て愚。自分と反対する人間は全てバカ。
自分こそが今の日本を引っ張っているという勘違い。それと非常識。
まあ僕の嫌いな自称インテリ層の典型だ。
僕は学者が嫌いなんじゃない。学者さんの多くに知恵を頂いている。

小林よしのりは、東京都の「都」が、天皇陛下がいらっしゃる
「都」と勘違いしている。もう少し勉強しろ。東京都の都は
行政体の名称だ。1943年、東京府と東京市が合わさって
東京都になったに過ぎない。首都とは関係ない。
大阪都構想も府と市を再編する行政機構の変革。

現在「都」と呼ぶしかないから都構想と言っているだけだ。
他の名称があればそれで構わん。それを「橋下は都とは何かを
まるで考えていない」だって?お前が考えていないんだよ!
また自分の漫画で、日本の自虐史観を相対化することが
できただって?おいおい頼むよ。ガキ相手にしてただけじゃねえか。

そして中野剛志、こういう官僚こそが国賊だね。中野は、少しネットで
ちやほやされたらもう一流学者、日本の論客入りという認識だ。
維新八策が中学生レベルの内容で大学生がこんなレポートを
書いたら私は不可を付けますよだって?おいおい、誰が中野の講義を
聞くんだよ。維新の会にそんな暇人はいない。

そもそも維新の会の政治塾の講師陣にあなたはノミネートに全く
上がりもしない。自分が上で他は下という思い上がりは正しなさい。
公の場で下品な悪口を垂れ流さないのが礼儀とか日本人らしい
振る舞いだとすれば、橋下はそれをぶち壊しているだって?
俺は下品な奴に下品で返しているだけだ。

中野の著書やその他をざっとチェックしたらこりゃ酷いね。
TPP亡国論では結構しっかり論じてるのかなと思ったら、
ちょっと注目されたらまあ下品で無責任な悪口のオンパレード。
批判はするが具体策は一切ない。何よりも、経産省のひも付きで
大学に行ってやがる。

税金で自由な時間をたっぷりもらって好きなお勉強をして
学生相手にくっちゃべって、そりゃ気楽ご気楽だぜ。ある雑誌に、
「私は地方選挙に興味がない」「大阪で起きたバカげた政治運動」
だと。ネットでは、「今こそ国の行政組織が強くならなければならない」
「計画経済が必要だ」と。

国が偉くて、地方の田舎のことなんかどうでも良いって認識がありありと
出ている。大阪のバカげた政治運動って、どこまで有権者をバカにするのか。
こういう官僚は選挙を、政治をとことんバカにして、官僚こそ全てって認識
なんだろう。大阪の動きは大阪府民の選択だ。

政治家は専門家ではない。大学教授のように好きなだけ勉強
できる時間はない。だから大きな方向性を示して、中身は専門家に
委ねる。実行するときには様々な政治的な障壁に出くわすから、
それを突破するのが政治家だ。これは専門家にはできない。
政治家と専門家の役割分担だ。

だから専門家は、政治家の実行しようとする政策について
具体的に批判をし、対案があるなら対案を示すのが役割だ。特に
中野のように官僚を一旦辞めた形にして大学に出向し、また官僚に
戻る輩は、それが義務だ。それをやらなきゃ税金の無駄遣いだろ。

こちらは現実の行政組織を動かすのに日々のマネジメントがあり、
日々現実の課題にぶち当たっている。大阪市役所のHPに日々の
スケジュールと課題が掲載されているから、もっと具体的に批判
して来い。維新の考えが90年代初頭のままだって?レッテル貼りで
批判する一番楽な道を選ぶな。

そんなことを言えば、中野の考えなど大宝律令の時代のままだろ。政治家は
価値観や方向性を示す。確かに僕らは、自由や競争を重んじる。制度改革や
統治機構改革の必要性を感じ、自由貿易を重んじる。中野の価値観と正反対
なのだろう。しかし政治はその時代や状況に合わせた舵とりだ。

今の時代、今の日本の状況にはどちらの価値観を当てはめなければ
ならないのか。90年代初頭の考えだからそれは悪いってそんな
批判理由があるのか?今の公務員制度、行政機構、
ありとあらゆる既得権。正すものは正さなければならない。
どこまでやるのかはバランスだ。

どういう方向で進むのか、それを提示してあとは国民に選択して
もらう。完全自由や完全統制はあり得ない。バランスだ。制度疲労が
著しい場合には作り直す必要がある。制度がうまく行っている
場合には改善で済むだろう。今の日本の状況からどちらを選ぶかだ。

方向性を国民が定めたら中身を考えるのは専門家だ。中野剛志、
もう一度官僚に戻るなら、「売国奴に告ぐ」など、国民をバカにした
タイトルの本を出すな。お前のその自由時間は税金で賄われている。
官僚だったからこそ、今のいい身分が与えられている。

今は大学准教授だから、何を言っても自由だなどと勘違いするな。
それなら官僚の身分を完全に捨て去れ。お前のように身分保障に
甘えた官僚が日本をダメにした。税金で自由時間を与えられたのは、
調子に乗って毒を吐くためじゃない。しっかり勉強して国民に還元しろ。

中野剛志、俺を呼び捨てにするなら、俺の目の前でやれ。
批判をするなら大阪市政において具体的な批判をしろ。
公務員改革でも外郭団体改革でも何か一つでも具体案を提案しろ。
学生相手に授業をやって、ネットでちやほやされて調子に乗るな。
お前は官僚だ。


RT @tikamatikama123: 小学生かよ…
RT @t_ishin: 先に小林氏から呼び捨てにしてきました。
RT @k2guitar: 16歳年上の小林よしのり氏を呼び捨てにしておいてそれですか。


橋下徹 ? @t_ishin
政治には小学生的な資質も必要。



橋下氏は恐らく下の記事を見て上の様に立腹したのだと思われるが・・・反論なのか、これ
罵詈雑言。餓鬼の喧嘩じゃあるまいし・・・
下の対談はネット上で一部しか掲載されていないので、全文を読みたい方は右下の広告から買って下さい^^


小林よしのり氏 河村市長的な南京否定発言したら昔は袋叩き 2012.04.26 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20120426_104831.html

日の丸・君が代を尊重する保守派として、マスメディアに取り上げられることの多い橋下徹氏。
だが、その愛国者としてのイメージは本物なのか。「彼の影響力が無視できなくなった」と言う漫画家の小林よしのり氏と、「保守とは言えない」と断言する京都大学大学院准教授で、『TPP亡国論』(集英社新書)著者の中野剛志氏が、「橋下徹の愛国度」を論じる。


 * * *
小林:わし、橋下徹の「維新の会」は小泉構造改革と同じ流れだから、「どうせまた改革派だろ」のひと言で済むと思っていたんだよ。しかし今は政党政治が混沌とした状態で、自民党も構造改革路線を総括していない。すると国民は橋下徹の新しさに注目してしまう。その影響力を考えると、やはり一度ちゃんと仕分けしておく必要があるね。

中野:「維新の会」の政策は、1990年代から2000年代初頭にかけて流行して失敗した構造改革の焼き直しです。「維新の会」に集まった60代や70代のブレーンが40代、50代の時から主張し続けてきた政策で、時代遅れも甚だしい。そのせいで「失われた20年」になったわけですが、たしかに構造改革の総括をしていないから、再びこれが台頭してくるんでしょうね。

小林:彼らの主張は、憲法9条改正や国旗国歌の問題、靖国参拝など、わしが過去に取り組んできたテーマばかり。で、すでに自虐史観を相対化するところまでは成功したわけ。だから、保守と称する連中がいまだにその話をしていると「まだそれが好きなのか」とウンザリするんだ。

中野:今はそれを、リスクなしで主張できるんですよ。敵が強大だった時には戦わず、先駆者が切り開いた道を勝ち馬に乗って進んでいる。

小林:昔は、河村たかしみたいな南京虐殺否定発言をしたら、袋叩きだったよ。絶対に辞任しなきゃいけなかった。「愛国心を持っている」と言うだけでも叩かれたんだから。ところが今は、愛国心を強調するほうがポピュリズムになっている。だから構造改革を進める時に小泉が保守を取り込むために取った戦法も、靖国神社参拝だった。

中野:靖国参拝をすれば、日本の市場をアメリカに売り飛ばしていいのかという話ですよね。小泉政権も民主党政権も橋下市長も、「国民に選ばれたのだから、自分の政策はすべて信任された」と言いますが、有権者は全部の政策に賛成したわけではない。たとえば「自民党にお灸を据える」という意味で民主党に投票した人は、外国人参政権にまで賛成したわけではないでしょう。

「維新の会」も同じで、「彼らは愛国心が強い」と思って投票した人は、改革路線まで受け入れたわけではない。数多くの政策を並べたマニフェストを丸ごと支持できる政党はないのですから、政策で選ぶのは無理です。だから、結局は「この人なら大局的に判断を誤らないだろう」と人品骨柄や政治手法で選ぶしかありません。橋下を「独裁的だ」と批判すると、「政策で判断すべきだ」と反論されますが、これはナンセンスです。


追記
この続き(全文)はわたしのお気に入りたち さんのブログ~よしりん先生と中野剛志さんの対談から☆に載ってます




人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/304-bfa33c5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。