スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LICENSE 

LICENSE今日は、1987年8月5日に発売された、長渕剛さんのアルバムLICENSEの中の同題名の1曲、「LICENSE」について書いてみます。なお、この曲の歌詞を見たい方はJ-Total Music~LICENSE(ギターコード付)
このアルバムは、TBS系で放送されていた親子ジグザグ(1987年4月10日~1987年8月21日)という長渕さんの主演連続テレビドラマドの主題歌ろくなもんじゃねえも入っていた事もあってか、好調なセールスを記録しました。ドラマの方も軒並み好調で高視聴率を叩き出し、好評のうちに惜しまれつつ終了しました。脚本も良かったですが、長渕さん本人自身の俳優ぶりも良かったですねえ。特に子供と絡んだ時の長渕さんは、テレビ版家族ゲーム親子ゲーム(1986年6月7日~1986年8月16日)を見ても分かる様に、神懸った力を発揮してくれました。私自身、長渕さんの俳優歴の中では、この頃が1番光っていて好きでした。そんな中発売されたアルバム「LICENSE」ですが、彼自身の持ち味ギターをベースにしつつ、バラード中心のものに仕上がっています。前作のSTAY DREAMの頃は、長渕さんは音楽的にも行き詰っていた様に思います。曲もがむしゃらに迷いから抜け出そうというものが多いように感じました。そして、アルバム「LICENSE」の頃になると、迷いが吹っ切れて悟った様な感じで、音楽も自然な感じに聞こえます。ここで新たなスタイルを長渕さんは発見したんでしょねえ、その後再び軌道に乗っていく事になりました。今日語る、アルバム名と同じ「LICENSE」は、彼自身の小さい頃の家族との思い出をと語りつつ、彼が30歳にして初めて取った普通自動車免許を手に、車で羽田空港に来た両親を迎えようと、車を運転する長渕自身の姿を淡々と歌ってます。歌詞の方を見てみると、あまり飾りっ気がありませんが、彼の弾く静かなギターサウンドと共に聞くと、インパクトは無いものの、徐々に彼自身の世界に引き込まれていきます。哀愁が強い郷愁、出来れば思い出したくないものが多いのだが
「親父はいつも 俺をバイクに乗せた」
「買い物篭を下げたおふくろが 俺の手を引いてゆく~子供達の為だけに ただ優しく唄ってた」
という歌詞からも見られるように、自分の中には、あの懐かしい温もりが残っている。そう、薄汚れた都会のベランダから 見えない海を眺めながら・・・
そして月日が経って今度は自分なりの親孝行しようと、自分の車に両親を乗せて・・・
良い歌ですね。高校の時に初めて聞いた時には、地味だなとあっけに取られていたのですが、年を取ると共に聞いていくと、いつの間にか長渕さんの曲の中でも、5本指の中に入るくらい好きな曲になりました。自分も小さい頃に、お父さんにバイクに乗せられていった事がある、普通自動車免許を初めて取った時の日に聞いた曲というのもあり、思い入れが深い曲ですね。それにしても変わった曲ですね。こういう類の歌って他の人歌っていないような。なお、「LICENSE」を聞きたい方はアルバムいつかの少年BEST~風~でも聞く事が出来ます。



UPLICENSE~'87 LICENSE TOUR


詳しい参考資料です

長渕剛 OFFICIAL WEB SITE

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/273-aca8af5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。