スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええねん 

ウルフルズ ええねん今日は、2003年11月6日に発売されたウルフルズの「ええねん」という曲を採り上げてみます。画像は、この曲が収録されているマキシシングルのものです。なお、この曲の歌詞を見たい方はうたまっぷ~ええねんJ-Total Music~ええねん(ギターコード付)

ウルフルズは、1992年に

トータス松本(ボーカル・ギター)
ウルフルケイスケ(ギター)
ジョン・B・チョッパー(ベース)
サンコンJr.(ドラム)

の4人編成でメジャーデビューし、しばらくヒットに恵まれなかったものの1995年12月6日に出したシングル「ガッツだぜ!!」が100万枚を超える大ヒットとなり一躍人気者となり、その後もコンスタントにヒット曲を連発して行きましたが、1999年にベースのジョン・B・チョッパーこと黒田さんが、作家活動に専念したい為に脱退し、3人編成で活動を続けて行く事となりました。この頃の事について、松本さんはテレビで、もう活動中止しようかどうか迷ったのですが、とにかくやり続けようという想いだけだったと語っていました。また、同じ時期の1999年12月8日に出した6thアルバムの「トロフィー」は何処となく攻撃的になっており、黒田さんの脱退は彼らの音楽にも影響したのが伺えます。その後は一時期ほどの勢いも無くなりましたが、2001年2月16日に出した坂本九さんの名曲明日があるさをカバーした「明日があるさ~ジョージアで行きましょう編」が、ジョージア缶コーヒーCMソングに起用されたというのもあって大ヒット、再び盛り返す事となりました。そして、2002年「ウルフルズ10周年5時間ライブ!!~50曲ぐらい歌います~」に黒田さんがサプライズ出演、2003年6月1日の日比谷野外音楽堂にて行われたフリーライブにて正式に復帰、再び4人編成になりました
黒田さんが脱退してから復帰するまでの間、新しい正式なベーシストを探していたのですが、誰も採用しなかった事が奇跡的に黒田さんの復活を生んだとも言えます!!
今回紹介する「ええねん」は歌詞を見てもらえれば判ると思いますが、黒田さん復帰を祝う曲になっており、松本さんはシャイながらも歌詞の言葉には、水に流そうという日本的思想・仏教的な思想とも思える彼なりの愛情が篭っている様に感じます。そして、音楽的にも黒田さんが再び加わった事で気のせいか締まった様に思います

UPウルフルズ - ええねん

「ええねん」を聞きたい方は、アルバム「ええねん」とベストアルバム「ベストやねん」にも収録されています。特にアルバム「ええねん」には、黒田さんを祝う為に奥田民生さんやYO-KINGさんなどが総出で祝う「Sleep John B」という曲が収録されていますのでお薦めです

詳しい参考資料です

ULFULSCOM

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

いいっすね。
この曲を初めて聴いたとき、オーティスも歌ってたゴスペル・スタンダードの「エーメン」を想像してニンマリしてしまいました。その曲も「エーメン、エーメン、エーイメン、エーイメーン、エーイメーン~♪」みたいな繰り返しなのです。
PVは初めてみましたが、倉庫にあるベースを見つめるとこがグッときますね。
  • | 2007年04月19日21時31分 |
  • URL |
  • 母ヤシ
  • [ 編集 ]

手品やってよ

 ジョン・B・チョッパーのwikiに飛んで、デリカシーの無い言葉しりとりの「手品やってよ」に大爆笑。

 他になにもいらんねん
 それでええねん
 それだけでええねん

 オマエなんて帰って来たって嬉しくなんかねぇぞ、コノヤロ~ぉぉぉぉぉ!!帰ってくるって信じてたんだからよォォォォォ!!!

 って感じが爆発してる熱い曲ですよね。
  • | 2007年04月21日04時44分 |
  • URL |
  • フクフク丸
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます

<こんばんわ、母ヤシ殿>
オーティスさんの歌は私知らないのですが、ガッツだぜも、語呂合わせで作ったと言ってましたから、母ヤシ様の推理のようにオーティスさんの歌から作ったかもしれませんね^^

<こんばんわ、フクフク丸殿>
そう、フクフク丸様の仰るとおり、口で言うのは恥ずかしいけど、オメデトウといった感じですね。個人的にはこういう感じの歌大好きです。
  • | 2007年04月21日20時26分 |
  • URL |
  • kenjipunkrock
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/252-735c0547

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。