スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルーンボンバー 

バルーンボンバー今日は1980年にアーケード用として稼動していたタイトーバルーンボンバーについて書いてみます。このゲームは、当時コロコロコミックで連載していたゲームセンターあらしに登場した事もあり、プレイしたくてたまらないゲームでした(このゲームだけでなく他のゲームでも同じだった。当時この漫画を読んでいた人には、この気持ちわかってもらえると思う)。初めてプレイしたのは、前の記事でも書いた高岡のステーションデパートだったかなあ。この頃になるとスペースインベーダーなどのプレイ経験がある為、シューティングは何ぞやという事も判って来たせいか初めからボロボロになる事は無くなっていました。と言いつつも、このゲームの特殊性から苦労しましたね。その訳は、ゲームの説明と共に述べていきます。
バルーンボンバーバルーンボンバー
このゲームは、上空を移動している風船爆弾をレール上を動く列車砲で破壊していくシューティングです。風船に吊るされている状態で爆弾を破壊すると100点、落下して来る状態の爆弾を破壊すれば150点、ただし失敗し爆弾が落ちるとレールは破壊(画像で凹んだ部分)列車砲の移動範囲は狭くなります。もちろんですが、列車砲に爆弾が当たったら1機減ります。この移動範囲というのがこのゲーム独特のルールで、爆弾がレール上を落ちない様に移動範囲を確保するのがこのゲームのターニングポイントとなってきます
そして、面が進むごとに風船爆弾のラインもだんだん低くなり、上空の飛行機からも爆弾が投下されるようになり難易度もUPします。とにかくハードルが高いゲームですが、意外とゲームバランスが良く、また風船にわざわざ弾を当てて落ちて来た爆弾を撃つという上級者向けの技もあるので、プレイヤーをいつの間にか熱く夢中にさせてくれます。記事を書くために先ほど少しプレイしてみましたが、今遊んでも結構面白いですね
バルーンボンバーをプレイしたい方はプレイステーション2用ソフト「タイトーメモリーズ 下巻」かプレイステーションポーダブル用ソフト「タイトーメモリーズ ポケット」でプレイすることが出来ます

詳しい参考資料です

『ゲームセンターあらし』公式サイト

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/234-a5318db2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。