スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待つわ 

あみん今日は、1982年7月21日に発売されたあみんの「待つわ」について書いてみます。左の画像は、当時発売されたEPレコードのジャケットのものです。なお、この曲の歌詞を見たい方はうたまっぷ~待つわJ-Total Music~待つわ(ギターコード付)
大学時代の同級生だった岡村孝子さんと加藤晴子さんは、意気投合しユニット「あみん」を結成、1982年の第23回ヤマハポピュラーソングコンテスト=通称ポプコンに「待つわ」で出場、見事にグランプリを獲得し、後に同曲でデビューし大ヒットしました
フォーク調のちょっと悲しめながらも綺麗なメロディに、透き通ったデュエットによるハーモニーは、当時聞いた人のほとんどは魅了されたと思います。発売されて約四半世紀たった現在でも、カラオケでも歌いやすい曲、また聞いていて心地のいい曲というのもあってか、根強い人気があります。この「待つわ」は、歌詞を見てもわかるように、元祖ストーカーの歌として例える人も多く見受けられます。確かに歌詞のようにずっと付きまとわれたら怖いですね。私は、作詞者でもある岡村さんの当時の自分の青臭い部分・弱い部分・上手く表現出来ない自分を、そのままこの歌に注ぎ込んだのではないかと見ていますが、う~ん、どうでしょうか皆さん。この曲を小学生の時に初めて聞いたのですが、歌番組に出ていた彼女たちの服装を見た時は、芸能人=派手な衣装と頭の中でインプットされていた自分には、子供心にエライ地味やの~と思いました^^
また、歌う時にやる変な踊り・ステップ、インタビューの時の受け答えの時にあまり喋らなかったというのも、地味(良く言えば純で素朴)さに拍車を掛けたかもしれませんね。デビュー曲の大ヒット後、「あみん」は、セカンドシングル「琥珀色の想い出」(※1)を出したものの、デビュー曲ほどヒットせず、そのままフェードアウト、1983年12月に活動休止しました。「あみん」は、こういう経緯もあってか、一発屋のアーティストとしても見られる事があります。休止後、岡村さんは1985年に上京しソロデビュー、「はぐれそうな天使」「夢をあきらめないで」などの曲がヒットし、現在も活躍中です。加藤さんは大学を卒業後、OLとして就職、後に結婚し現在は一般の主婦になっています。その後、岡村さんのアルバムに加藤さんは何曲かコーラスで参加、また、2002年9月6日の渋谷公会堂で行なわれた岡村さんのコンサート「DO MY BEST」ツアー最終日のアンコールに加藤さんが登場し、「あみん」を一夜限りで再結成して「待つわ」を歌ったそうです!!

(※1)1981年の第22回ヤマハポピュラーソングコンテストに「琥珀色の想い出」で出場し、中部北陸大会で優秀曲賞を受賞。しかし本選(全国大会)へは進めなかった。ちなみに、この時同じブロックからアラジンの「完全無欠のロックンローラー」が本選に進みグランプリを獲得。

「待つわ」を聞きたい方はあみんのベストアルバム「ポプコン・スーパー・セレクション あみん ベスト」、岡村さんのベストアルバム「DO MY BEST」で聞く事が出来ます。あと、他の色々なアルバムにも収録されています、詳しくはyahoo!ミュージック~待つわ

YouTube~「待つわ」秘話1

YouTube~「待つわ」秘話2

YouTube~「待つわ」秘話3

詳しい参考資料です

いつでも青春音楽館さんのHP~「待つわ」―あみん

momo-mid.comさんのHP~待つわ

Non SectionさんのHP~待つわ

これらのHPに「待つわ」のMIDIが置いてあります。

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/217-41aeaea6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。