スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロレス 新旧夢のタッグ 

今日はこんなプロレスタッグチームが出場して戦ったらなあというのを書いてみます。出てくる選手は皆全盛期の頃と仮定して頂ければ、より夢が膨らむでしょう。多少、主観が入っていますので、その辺はご勘弁を^^
格闘ゲームの選手紹介風に書いてみますね


アンドレ・ザ・ジャイアント

ハルク・ホーガン


超人完璧コンビ
この2人が組んだらほとんど無敵だろう!!キン肉マンに出て来た ヘル・ミッショネルズをそのまま名乗ってもいいかも(風貌も似てるしね^^)


ブルーザー・ブロディ

スタン・ハンセン


超獣コンビ
彼らの必殺技、ウエスタンラリアットやキングコング・ニードロップはもちろんの事、フロントキック、ショルダータックル、ドロップキックなどの通常技も超ド級の破壊力!!
アンドレ・ホーガン組と実際に1度戦って欲しかった・・・


アントニオ猪木

藤波辰巳


闘魂師弟コンビ
全チームの中で、最もストロングスタイルの正統派と言ってもいいだろう。
燃える闘魂 炎の飛龍
最も熱いコンビだ、舐めてかかるとヤケドするぜ!!


長州力

アニマル浜口


維新革命コンビ
タッグのコンビネーションでは全チームの中でも、1~2位を争うくらい絶妙だ!!
ハイジャック・ラリアートやハイジャック・パイルドライバーが決まりだし、ツボにハマルと怖い存在だ。若い人なら、浜口さんは「気合だー!!」と言っている単なるうるさい親父だと思う人が多いでしょうが、70~80年代は立派な名レスラーだったのだ


前田日明

高田延彦


新格闘王コンビ
UWFの象徴といえば、この2人が頭に浮かぶだろう。油断すると、両選手のキック地獄によるサンドバック状態から、投げ・関節技で瞬殺されるだろう
UWFのテーマが聞こえると、誰もが興奮状態必至


佐々木健介

馳浩


ジャパンプロレスコンビ
90年代を代表する名タッグチーム。力の健介、技の馳のコンビ間は息がピッタリだった。2人はそれぞれ、師匠・長州の元を去り、それぞれの道で活躍し、これまで以上の飛躍が期待されている。出来れば、もう1回見たいコンビだ
個人的意見だが、馳のジャーマンが決まった時のブリッジは綺麗だった。


武藤敬司

蝶野正洋


ミスタープロレスコンビ
両方とも、タイプは違えど、自他共に認めるミスタープロレス。そして、天才と言っても過言ではないかもしれない。このチームは、戦った後、お客さん・相手チームを必ず魅了するであろう!!
個人的には、グレート・ムタになってやって欲しい


橋本真也

小川直也


OH砲
名勝負を戦った間柄だけに、絆は熱い
コンビネーションが100%発揮すれば面白いだけに見逃せない存在だ。リングをハッスルしてかき回せ!!


スコット・スタイナー

リック・スタイナー


スタイナー・ブラザーズ
90年代に活躍した、実兄弟のタッグチーム。
アマレスを主体としているため、投げ技は逸品
フランケンシュタイナーを初めて見たのは彼らだった。衝撃的でしたねえ


ベイダー

スコット・ノートン


踊る巨体コンビ
彼らの肉体から出す技は、どれも破壊力抜群!!
ノートンは、ただ掴んで捻るだけでも相手にダメージを与えていた。アンドレと同じく技を出さなくても勝てるお得なタイプ^^
ベイダーは巨体に似合わず、俊敏で身軽で、彼を倒すのは容易ではないだろう。こんな2人が組むのだから、相手チームはたまらないでしょうね。


ジャイアント馬場

ジャンボ鶴田


ジャイアント師弟コンビ
日本人の中で、最強のポテンシャルの体を持った2人
見ているだけでも満足できる豪快な大技だけでなく、体の大きさに似合わず小技も上手かった。もし、これらのメンバーでタッグトーナメントを開いたら、優勝候補筆頭だろう!!


テリー・ファンク

ドリー・ファンク・ジュニア


ザ・ファンクス
タッグチームといえば彼らを取り上げないわけにはいかないだろう。実兄弟で、人気・実力とも超一流
彼らのテキサス魂の篭った闘いぶりには、思わずハートを熱くさせる!!
必殺スピニング・トーホールドが出た時は、会場は最高潮に達する。最近では、笑う犬シリーズのコント「テリーとドリー」で初めて知ったという人が多いかも^^


ディック・マードック

アドリアン・アドニス


アメリカンドリームコンビ
このコンビも強かった。一人一人の力もさることながら、タッグを組んだ時の強さも半端じゃなく、正しく「1+1=3以上」と言ってもいいくらいだった。維新革命コンビと同じくらいコンビネーションは抜群だ!!


ダイナマイト・キッド

デイビーボーイ・スミス


ブリティッシュ・ブルドッグス
私の中では、このコンビはジュニア最強だ
技を出す時の思い切りの良さが、このコンビの売りと言ってもいいでしょう!!
ダイビング・ヘッドバッドを出した時、頭から何の躊躇いも無く突っ込んでいたのは凄かった。その為に選手寿命を縮めたのは残念でならない・・・


天龍源一郎

阿修羅・原


龍原砲
出す技一つ一つが、単独技・合体技共々、豪快だった。彼らの合体技、サンドイッチシリーズ(ラリアット、延髄斬りなど)は、スタン・ハンセンを失神させてほどの破壊力を持つ!!
彼らの活躍で全日本プロレスは活性化した


ホーク・ウォリアー

アニマル・ウォリアー


ザ・ロード・ウォリアーズ
彼らの暴走ハリケーンの様なファイトもさることながら、野生のネズミを食べるパフォーマンスが凄かった!!
2人は北斗の拳に出て来るハーン兄弟というキャラのモデルになった


アブドーラ・ザ・ブッチャー

タイガー・ジェット・シン


史上最悪極悪コンビ
遇えてこの2人を組ませて見ました
もしタッグが組んだら、凶器が飛び交う試合になりそうだ。しかしながら、この2人は実力派レスラーとしても顔も持っており、いざとなったら一流の技を出して来る。仲間割れさえ無ければ油断のならないコンビかも


田上明

川田利明


デンジャラスコンビ
お互いに破壊力のある技を使いこなすプロレスラー、戦ったら無事では済まないだろう!!
もう2度と組む可能性が高くないだけに残念である・・・


三沢光晴

小橋建太


ノアだけはガチコンビ^^
オールマイティな三沢と、小細工一切無用の豪腕の小橋が組めば、どんな相手も苦戦必至。ノア最強のコンビ!!


テリー・ゴディ

スティーブ・ウイリアムス


殺人魚雷コンビ
ゴディの芸術的なパワーボムと、ウイリアムスの殺人バックドロップに酔いしれたい!!


タイガーマスク(初代・佐山聡)

ミル・マスカラス


最強マスクマンコンビ
これは説明のしようがない夢のタッグ。マスカラスが華麗な3次元空中技で一時代を築けば、一方の初代タイガーは、4次元殺法ともいえる美しい空中技を連発!!
全盛期同士でぜひ組ませたいタッグだ


リック・フレアー

ニック・ボックウィンクル


夢のNWA&AWA合体コンビ
なんともゴージャスな組み合わせ
しかしファイトスタイルは2人共お互いノラリクラリと進め、最後一瞬の虚をついて勝利するタイプ。人気の方はイマイチか。


ローランド・ボック

ビル・ロビンソン


ヨーロッパ最強タッグ
最強の墓堀人ボックと組み合わせたいのはバーリ・トゥード世代からも注目をあびるロビンソン。華麗な人間風車を封印し、勝利に徹する冷酷な闘い方にしびれたい。

そして最後は


カール・ゴッチ

ルー・テーズ


プロレスの神様と鉄人
最強と言ってもいい
技一つ一つが芸術的で、クリーンファイト・ラフファイト両方こなすオールラウンドプレイヤー
ゲームで言ったらラスボス的存在だろう。ちなみに、プロレスの芸術ジャーマン・スープレックスを初めて見せたのはゴッチだ!!

あと、隠れキャラで


力道山

木村政彦


プロレス開拓コンビ
も見てみたいですね

これらのチームが一同集まって、
天下一武道会みたいなことやったらワクワクしてきませんか


2006年11月28日追記

この記事は、旧ブログからの移転記事です。その旧ブログの時に、コメント欄にタッグチームを書いてくれた、母ヤシ様・きすけ様のもの合計4チームと、新たに自分が考えた1個タッグチームを加え、加筆・修正しました。母ヤシ様・きすけ様には、この場を借りて感謝の言葉を送りたいと思います

詳しい参考資料です

母ヤシの勝手口さんのブログ
母ヤシ様のブログです。

顔面狂喜・弐號さんのブログ
きすけ様のブログです。

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

個人的にはフレアー、ウィンクル組がいいですね!
負けそうになると反則で防衛ってのを何度も見せ付けられて、王者とは勝てばいいってことを幼い頃に学びました。(笑)

あとは、ベイダー・ノートン組みはひどいと思います。

なつかすぃ

橋本選手が亡くなった時泣いたのを、
なんとなく思い出しました。

昔、ブロディが死んだときも、
同じように泣きましたねぇ・・・

成長してねぇ・・・
  • | 2006年11月29日18時05分 |
  • URL |
  • ぼけなす
  • [ 編集 ]

kenjipunkrockさん、こんばんは。

僕的にこの中で思い入れが深いのは、
ブリティッシュブルドックスですね。
僕は特にWWFから帰って来た89年頃の
カンナムとやり合ってた時の
ブルドックスが好きでした。
  • | 2006年11月29日23時57分 |
  • URL |
  • マック
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます

皆様、少しコメント遅れてすみません。。

<こんばんわ、団毬殿>
昔のNWAやAWAって、子供ながらに変な防衛ルールだと思っていました。フレアー選手は最近になって、自分の中では評価が高まっています。

<こんばんわ、ぼけなす殿>
ブロディ・橋本選手が亡くなった時は、私も悲しかったです。
彼らだけでなく、本文に挙げたレスラーの半分近くは、亡くなったり後遺症などの障害を持っているんですよね。そう思うと切ないです。

<こんばんわ、マック殿>
ブリティッシュブルドックスの戦いぶりには、私も熱くなりました。ジュニアなのに、ヘビーと互角に渡り合っていたのは凄かったですね。キッドvsタイガーマスクには、心底震えました。
  • | 2006年11月30日16時11分 |
  • URL |
  • kenjipunkrock
  • [ 編集 ]

こんばんは~。ご紹介いただきありがとうございますm(_ _)m
それにしても素晴らしく豪華なタッグが揃いましたね!しかもかなり昭和プロレス中心で嬉しいです(笑)ベイダーノートンvsハンセンブロディなんて痺れますわ。。。

あとは・・・
ジャパニーズ忍者コンビ
ザ・グレート・カブキ
ザ・グレート・ムタ

渋いところで
老獪NWA&AWA合体コンビ
ハーリー・レイス
バーン・ガニア

なんてのはどうでしょう?
  • | 2006年11月30日22時04分 |
  • URL |
  • 母ヤシ
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます

こんばんわ、母ヤシ殿

私自身、昭和のプロレスから入りましたので、結果的にこうなりました。
ザ・グレート・カブキ&ザ・グレート・ムタ、実際実現して、見た時は感動しました^^
ハーリー・レイス&バーン・ガニアは、これは実際組んだことあるのかわかりませんが、かなり通好みですね。滞空時間の長いブレーンバスターよ再びという感じでしょうか^^
  • | 2006年12月02日17時32分 |
  • URL |
  • kenjipunkrock
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/170-f1b347b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。