スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋道場について 

ここ最近、将棋道場・公民館などでやっている将棋サークル(地方に多い)などに全く行かなくなりました。幾つか理由を述べて見ます。

1 将棋倶楽部24yahoo将棋などインターネットで対局が出来るようになった。わざわざ道場などに行かなくても、家に居ながらすぐに全国各地の人々と対局できるのが嬉しい。また、高段者(プロ・強豪アマ)の対局も観戦も出来るのもいい。(多いときには500人がひとつの対局に観戦しているということも)

2 煙草。自分は喘息持ち、アレルギー体質なので。あと部屋の空気がどうも苦手。

3 初心者・新しく来たものに排他的、敷居が高く感じて入りにくい。

2については改善してして来ていると思いますが3については、ほとんどの道場で感じます。インターネットで将棋を始めた人が腕が上がっていくうちに生身の人間と指してみたいと思うようになって、いざ道場に行ってみて3の態度を取られると誰だって嫌になると思います。実際わたしは金沢将棋クラブというところで、10人位の地元のアマ強豪が互いに指している状態の中、手合いも付けてくれず2時間位ひとりポツンと放置され、やっと席主自らが対局してくれたのだが、なんとこの山西繁男という名前の席主、信じられない事を私にこう言った。

この対局終わったらさっさと帰れ

今考えても自分で言うのも何ですが、この人達に迷惑な態度を取った憶えはないのにこうまで言われて・・・
正直この瞬間、山西を将棋盤で頭カチ割って殺してやろうかと頭をよぎりました(まあ、こいつは金沢の将棋大会に出場禁止の烙印を押されている、どうしようもない人間のクズだから、そういう価値も無いが)。もしこんな事されたら、皆さんどう思うでしょうか
誰だって腹立つと思います。場合によっては、裁判になってもおかしくないでしょう!!
こういう、道場で放置された経験を持つ人は私だけかと思ってたんですが、将棋関係の掲示板など読んでいると同じ経験している人がいるんですね。自分の体験談が長くなって申し訳ないです。こういう道場ばかりでなく優良な道場・サークルもあるのですが少ないのが実状だと思います。

デメリットな部分ばかり書いたのですが、メリットの部分も書かなきゃいけないですね。メリットはやはり生身の人間と対局できることです(当たり前か^^)。駒・将棋盤の感触、駒の音、対局場の空気などを感じ取る喜び、終盤戦になった時に周りに集まってくるギャラリーを感じながら指す喜びは格別なものがあります。そして終局後にやる生身の声での感想戦もいいですよ。こういういところで知り合った友は一生続くことが多いです。インターネットでしか対局したことがない人は、1度は経験してみてもいいかもしれませんね

詳しい参考資料です

「将棋ビジネス」考察ノートさんのブログ~道場ウォッチング1

「将棋ビジネス」考察ノートさんのブログ~道場ウォッチング2

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/16-53515e50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。