スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋とアンドレ・ザ・ジャイアント 

新沢基栄さんの3年奇面組のコミックス第5巻の「千絵ちゃん秋の恋愛記の巻」から



奇面組、よく読んでたなあ。今日載せたのは、今までの読んだ物の中で1番気に入っている所です

奇面組は、週刊少年ジャンプで「3年奇面組」・「ハイスクール奇面組」と続けて1980年から1987年に掛けて連載、連載終了した後、1988年にボクはしたたか君を連載開始しますが、持病の腰痛が悪化し、惜しまれつつもリタイア同然で連載終了、その後は持病の腰痛のせいで長いブランクはあったものの、2000年に「帰ってきた ハイスクール!奇面組」で12年振りに復活し新作を発表しました(かつて奇面組を読んでいた人は必見最後の話は、読んでいた人には感動するシーンが・・・)。そして2001年には、月刊少年ガンガンでリメイク版の「フラッシュ!奇面組」を連載を開始し現在に至っています(しかし、2005年6月号を最後に腰痛の為か、作品の掲載が途絶えている)。

奇面組は、1985年にアニメ化され、フジテレビ系で土曜日の19時30分から放送(1985年10月20日~1987年10月3日)、OP・EDの歌には、当時人気だったおニャン子クラブのユニットの1つうしろゆびさされ組が担当していました(ちなみにメンバーの高井麻巳子さんと岩井由紀子さんは、奇面組の女性キャラの河川唯宇留千絵に似ているという事から抜擢されたとも言われている)。アニメ版は、現在DVD-BOXとして発売され、また、CS・ケーブルのチャンネルフジテレビ721でも好評放送中です

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました




スポンサーサイト

コメント

ひまわり★ちゅーりっぷ

はじめまして。
私もこの場面好きです。
何度読んでも笑わかされます。

やっぱりハイスクールより3年の方が不気味でギャグもキレてます(笑)
  • | 2006年11月03日10時12分 |
  • URL |
  • 仕事人★
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます

はじめまして、仕事人★様

同じ奇面組のファンに会えて嬉しく思います。
ハイスクールになると、全体層に受けようとした為か、ギャグが確実性が増しましたが、ちょっとまとまっていったのが不満でしたが、3年の頃は仕事人★様の仰るとおり、不気味でギャグもキレてたように思います。この頃の新沢さんは、いろいろな実験的な事を試みていたですね。

仕事人★様、今後ともよろしくお願いします
  • | 2006年11月04日23時50分 |
  • URL |
  • kenjipunkrock
  • [ 編集 ]

同じく奇面組マニアの私がやって来ましたよ。
今現在も「フラッシュ」の方を集めてるんですが、最新刊が中々出ないのは休載されてたからなんですね。スッキリしました。
「したたか君」も打ち切り同然で終わってしまったのが残念なんですが、「おやおや親父」なんてのも昔ジャンプで読み切りかなんかでやってましたね。
「帰って来た」は初めてコチラで知り、早速注文しようと思ったのですが、アマゾンの送料と代引きが意外と高く断念してしまった事をココにお詫び致します。

コメントありがとうございます

こんばんわ、きすけ殿

同じマニアだったとは、嬉しいっす。
「帰って来た」は、本文にも書きましたが、手に入れられる機会がありましたら、是非読んで見て下さい。付録やデータベース、作者のコメントもついていますので、ファンは必ず楽しめる内容となっております。
  • | 2006年11月09日23時37分 |
  • URL |
  • kenjipunkrock
  • [ 編集 ]

おどろきシパタ!

 コンドルのように一直線!走れダ・ダ・ダ!ア~マゾン ダ・ダ・ダ!!

 仮面ライダーアマゾン似の私がやってきました。もう心配ありませんよ(なにが?)。kenjipunkrockサン、いろんなところでお目に掛かっておりますので自己紹介の必要はなきにしもあらずでしょうけれど、北海道の変人31歳フクフク丸です。こちらでは始めまして。

 やばいッスよ。奇面組ぃぃぃ~私も大好きですからァァァうじゅるるるる。

 3年奇面組の「社会の歯車になるより、社会を味付けする調味料になりたい」は私の価値観を決定付けた言葉でございます。どんな哲学書(読んだ事ありませんけど)より、どんな名言集よりも大切な言葉です。
 あと「今のグラビアは見せすぎなんだよ~(思わず出る作者の主張)」というのも捨て難い。

 ハイスクール!になってからは、漫画の枠線を捻じ曲げたりして、自由に紙メディアを遊ぶという作者のアイデアに感服です。

 千絵ちゃんは絶対ポニーテール(タコ付き)が良い!!

 
 ちょくちょくこのブログに来てはクスクス笑う事にします。ああ、ステキな同世代だ。うれしいなあ。

 kenjipunkrock様、本日は多数あるつながりの中から、きすけサンの顔面狂喜のリンクから参上しました! 
  • | 2007年03月31日05時57分 |
  • URL |
  • フクフク丸
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます

はじめまして、フクフク丸殿

同じ奇面組ファンに巡り会えて光栄で御座います。
「社会の歯車になるより、社会を味付けする調味料になりたい」は名言ですね。新沢先生は、何気なく自分の主張を所々にいれていたせいか、ギャグ漫画にも関わらず、何処かピシッと締まっていたと思います。

きすけさんやレンゲ様のブログでのコメント、楽しませて読ませてもらっておりました。フクフク丸殿、今後とも宜しく御願いします。
  • | 2007年04月02日16時13分 |
  • URL |
  • kenjipunkrock
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/146-a52fe8e6

奇面組

奇面組『ハイスクール!奇面組』(ハイスクール きめんぐみ)は、新沢基栄による、『3年奇面組』の続編の漫画作品。集英社『週刊少年ジャンプ』に連載されていた。『3年奇面組』はジャンプコミックス全6巻、『ハイスクール!奇面組』は全20巻。愛蔵版・文庫
  • | 2007年06月06日11時58分 |
  • URL |
  • りこのblog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。