スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渚にまつわるエトセトラ 

渚にまつわるエトセトラ今日は、1997年4月16日に発売された、大貫亜美さんと吉村由美さんによるユニットパフィーの「渚にまつわるエトセトラ」について書いてみます。左の画像は、当時発売された8cmシングルのジャケットです。なお、この曲の歌詞を見たい方はうたまっぷ~渚にまつわるエトセトラJ-Total Music~渚にまつわるエトセトラ(ギターコード付)
この曲の作詞は井上陽水さん、作曲は奥田民生さん、パフィーのデビュー曲「アジアの純真」以来のゴールデンコンビ
デビュー曲「アジアの純真」がヒットした理由の1つに、陽水さんの歌詞での言葉遊びがあったと思います。歌詞を見てもらえればわかると思いますが、歌詞1つ1つ見ても意味がさっぱりわからないのですが、曲に合わせて歌ってみると、語呂合わせが良いのか、心地良く聞こえてくる不思議な感じになってきます。今日採り上げる「渚にまつわるエトセトラ」も同様な感じで、こちらは夏に関する単語が多く出て来るので、「アジアの純真」の夏バージョンといったところでしょうか。今日この曲を記事にしたのも、昨日カーステレオのラジオから流れてきて、今頃の季節にピッタリだなあと思ったからです。そう、サビの部分の「カニ食べに行こう~」という所は、何か知らないけれどハッピーな気分にさせてくれますよね
またこの頃は、民生さんが全面的にプロデュースしていた事もあって、曲調は60~70年代・オールディーズ・ビートルズ風で、邦楽ファンのみならず洋楽ファンにも受け入れられやすかったと思います。私自身もビートルズが大好きなことあってか、デビュー当初から彼女らのファンです。パフィーは、師匠・民生さん譲りのスタイルで常にマイペースなのが売りで、業界の人・音楽関係者の人には評価が高いです。彼女らも、いろんなジャンルの音楽が好きというのも強みで、コンビ間でありがちな不仲説も無く、デビューから10年近くたっても大変仲が良いというのも、このコンビの魅力を最も光らせていて、一時の勢いは無いものの、今でも根強い人気を持っているアーティストだと思います

「渚にまつわるエトセトラ」を聞きたい方は、アルバム「JET CD」か、ベストアルバム「THE VERY BEST OF PUFFY/amiyumi JET FEVER」に収録されています。あと、他の色々なアルバムにも収録されていますので、詳しくはyahoo!ミュージック~渚にまつわるエトセトラを訪れて見て下さい
また、パフィーは、約3年半ぶりのオリジナルアルバム「Splurge」が2006年6月28日に発売されました作家陣・プロデューサー陣・参加アーティストも洋邦問わず豪華で、日本人だけ紹介すると、奥田民生さん・草野マサムネさん・甲本ヒロトさん・斉藤和義さん・ギターウルフのセイジさん・横山健さんと蒼々たるメンバーです。ファンの方もそうでない方も是非聞いてみてください

最近では、アメリカのアニメ専門局カートゥーンネットワークで、彼女らをモデルにしたHi Hi Puffy AmiYumiが製作され、好評を得て知名度も上がった事から、パフィーはアメリカでの活動も、ライブなどを行うなど盛んになって行きました。
この「Hi Hi Puffy AmiYumi」は日本のケーブル・CSで放送しているカートゥーンネットワーク ジャパンでも視聴可能です。
興味のある方は見てみて下さい




UPPUFFY 渚にまつわるエトセトラ PV


詳しい参考資料です

Puffy Official Web Site

Puffy 海外向け公式ページ(英語)

カートゥーンネットワーク ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ

Cartoon Network THE Hi Hi Puffy AmiYumi Show(英語)

PUFFYnism Unofficial Fansite of PUFFY Ami YumiさんのHP

是非訪れて見て下さい

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/142-0fa3a28c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。