スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡のいじめ自殺騒動について 

福岡県筑前町立三輪中学校の2年生の子が自殺したニュースが報道されています。少々、記事が長くなります。

福岡、中2自殺変わらぬ隠蔽体質 心の痛み共感できない学校

福岡県筑前町立三輪中学校の2年生の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した問題で、同校校長は16日、1年当時の担任による言葉のいじめを認め、全校集会が開かれた。文部科学省は過去のいじめ自殺で、いじめの定義を変更するなど、隠蔽(いんぺい)体質になりがちな学校の対応の変化をうながしてきたが、いじめが原因の自殺はこの7年間、統計上ゼロ。子供の心の痛みを共感できない学校や教師に関係者からは批判の声がでている。

《解明困難…「いじめ自殺7年連続ゼロ」》

文科省は、いじめの定義について、
(1)自分より弱いものに一方的に
(2)身体的、心理的な攻撃を継続的に加え
(3)相手が深刻な苦痛を感じている-としている。
昭和61年、東京都中野区立中野富士見中2年、鹿川裕史君=当時(13)=が、担任教師まで加わった“葬式ごっこ”などのいじめを苦に自殺した事件を踏まえて定義されたものだ。
さらに平成6年、愛知県の西尾市で市立東部中2年、大河内清輝君=同(13)=がいじめを苦に自殺。この事件後、同省はいじめの定義にあった「学校としていじめの事実関係を把握しているもの」の文言を削除。「遺書などで『いじめられた』と子供が訴えれば、具体的な事実関係を厳密に特定するまでもなく、いじめがあったと認定する」(同省)ことで、隠蔽されがちないじめに対する学校の対応の変化をうながした。文科省の統計では、小、中学、高校のいじめは年間約2万件以上。一方、児童生徒の自殺は年間100人以上で推移している。しかし、いじめを主たる理由とする児童生徒の自殺件数は、平成10年に千葉県成田市の中学2年生が自殺した事件を最後に17年までの7年連続ゼロだ。同省では「自殺の原因を学校で特定するのは、非常に困難だ。特にいじめの場合、教師の目を盗んで行われる場合もあり正直、遺書がなければいじめと特定することは困難」と話す。しかし、北海道滝川市のいじめ自殺では遺書にいじめの記述がありながら市教委と学校が「いじめがあったか確定できない」としていた。同省では、滝川市のケースで自殺の3週間前にも同クラスで修学旅行のグループ分けをめぐり3回にもわたって話し合いが行われたことについて、「自殺した生徒にすれば、教師も加わっていじめられたように感じるだろう。福岡の担任にも言えることだが、校長でもいい、教委には指導主事もいる。なぜ、『指導としておかしい』と担任を正さなかったのか」と学校運営の問題点を指摘。ある文科省の幹部は「こうした事件が起きる学校は必ずといっていいほど『担任任せ』もしくは『校長排除』の空気がある。情報の風通しが悪く、組織一丸となった対応に鈍い」と話す。

《校長、「いじめ」を「プレッシャー」と表現》

福岡県筑前町立三輪中学校のいじめ自殺問題で、合谷(ごうや)智校長が16日朝の全校集会で、他の生徒によるいじめを「プレッシャー」と表現していたことが分かった。合谷校長は午後に町役場で開いた記者会見で「男子生徒に対するいじめがあった」との認識を改めて示した上、「子供たちの姿を見て、いじめという言葉が出てこなかった。わたしの弱さだ」と釈明した。全校集会は生徒の自殺を受け、午前8時半すぎから約30分間、報道機関に非公開で開いた。会見によると、合谷校長は生徒らを前に「君たちがプレッシャーを与えることはあった。そのことに対して『ごめんなさい』と謝る気持ちが大切です」と発言したという。不適切な発言でいじめたとされる元担任は、全校集会は体調不良を理由に欠席。合谷校長は学校側の非を認め、生徒たちに謝罪した上で、「これからは『先生、そんなこと言ったら傷つくよ』と話し、みんなで優しい人間になっていこう」と話したという。一方、合谷校長は「マスコミやインターネットで出ている学校と違うと知っているのは君たちとわたしたち。振り回されてはいけません」とも発言したという。会見では「ネットの書き込みに目を覆いたくなる内容があった」と述べ、「マスコミ」の問題を指摘した言葉は削除するとした。遺族が学校側の説明に納得していない点について、合谷校長は会見で「(原因究明への)情報収集で学校が遅れているなと思う。大変申し訳ない」と釈明。「経験したことのない事態で、今までの三輪中の組織力ではもう限界を超えている」と話した。一方、文科省は16日、福岡県教委に職員を派遣し、教諭の関与について調査に乗り出すことを決めた。


埼玉県教育委員高橋史朗明星大教授の話

「最大の問題は、子供と心のキャッチボールができず、心の痛みを共感できない教師の存在だ。教師に求められるのは知識・技術の伝達だけで、『時代が要請する教師像とは何か』という視点が戦後教育からすっぽり抜け落ちていた。このため、子供を不用意に傷つける教師の言動が増えている。今、教育現場に問われているのは教師自身の人間力。望ましい教師像とは何かを改めて考え、教師の養成、採用、研修に努めるべきだ」


プロ教師の会を主宰する河上亮一日本教育大学院大教授の話

「学校社会には、教師が教え、生徒が学ぶというある種の上下関係が必要だが、この関係を誤解する教師がいる。自分が偉いと思い込み、生徒に横暴に接するのだ。今回の事件も教師の側に問題があったことは否めない。ただ、教師や学校を非難するだけでは根本的な問題解決にならない。どんな学校にもトラブルやいじめは存在する。その現実から目をそらさず、家庭や地域も積極的に学校運営に関与すべきだ」

Yahoo!ニュース - 産経新聞~福岡、中2自殺 変わらぬ隠蔽体質 心の痛み共感できない学校 10月17日8時1分
より引用。


産経抄 平成18(2006)年10月17日[火]

今月4日の小欄で、いじめなんかで、「もう死ぬな」と呼びかけたのもむなしい。福岡県筑前町でも、中学2年の男子生徒が自らの命を絶った。
▼自殺は報道をきっかけにして、連鎖することがあるから、コラムでの取り扱いも慎重であるべきだ、とは思う。それでも生徒の通う中学のデタラメぶりを聞いたら書かずにはいられない。
▼「君は偽善者にもなれない偽善者だ」。生徒が1年のとき、床に落ちた級友の消しゴムを拾ってあげると、担任がこんな言葉を浴びせた。「うそつき」とも。現在は学年主任を務めるこの男性教諭(47)は、生徒の父親から「なぜ息子をいじめたのか」と問いつめられて、「からかいやすかったから」と答えた。教諭が主導するいじめに、一人の生徒が立ち向かえるはずがない。
▼「一生をかけて償います」とは今さら白々しい。そもそも、こんな人物が教壇に立っていられること自体が、不思議で仕方がない。校長は教諭の暴言を知らなかったのか。それとも、見て見ぬふりか。会見の様子を見る限り、真相究明に取り組むというより、責任回避に汲々(きゅうきゅう)としているようだ。
▼きのうの朝のワイドショーで、
勝谷誠彦さんが「いじめ」という言葉は、強姦(ごうかん)をいたずら、と言い換えるのと同じ欺瞞(ぎまん)だ、と怒りをあらわにしていた。教諭と同じ暴言を、警察官が容疑者に吐いたら、立派な犯罪になる、との指摘も。同感だ。教員の地位は守られすぎている。
安倍晋三首相が、あえて教育改革といわずに、「再生」という言葉を使った意味がよくわかる。それほど教育の荒廃が進んでいる。教育再生会議の課題はいろいろあるだろうが、まずは教員の免許更新制度の導入を急いで、一日も早くダメ教師を追放してほしい。

産経抄 平成18(2006)年10月17日[火]~Sankei Web 2006年10月17日
より引用。

勝ちゃん、凄い事言ってるなあ。朝日放送で月曜日から金曜日の15時49分~17時54分に放送しているムーブ!(2004年10月4日~現在放送中)で、この事件について同じ様に語っています。

YouTube~ムーブ! 福岡県筑前町立三輪中2生徒いじめ苦自殺に宮崎&勝谷が激怒

あと、参考にさせてもらったブログ。本文もさることながら、コメント欄にも色々な意見が載っています。

Meine Sache ~マイネ・ザッヘ~さんのブログ~悔しいなら生きろ

他にも、色々なブログ・HPに目を通しました。
全体的に見ての感想は、百人百様の意見があるなあと。それくらい、こういう問題は根が深いという事でしょう。いじめに関しては、あまりこういう事は言いたくないのですが、人間が滅ぶまで永遠に続くでしょう。1つの差別が無くなっても、また新しい差別が生まれ、弱い者は、さらに弱い者を叩く。え、いじめれた人って痛みがわかるから、そういう事しないんじゃないのと言う人がいると思いますが、ある施設に、いじめられた人だけ集めた集団でも、いじめは起こったそうです。

この福岡の事件に関しては、細かい経緯はわからないから、何とも言えませんが、これだけは言える(個人的意見の色が強くなりますが)というのを述べてみます。

村社会事なかれ主義が改まって浮き彫りになった。

加害者の人権<被害者の人権であるべき。
少なくとも、こういうバランスで行くべき。よく、被害者に対して「いじめられた人にも原因がある」とかいう類の事を言う人がいます。間違いではないのですが、加害者の罪の部分の方から言うべきで、順番を逆にして言うのは言語同断。あと思うのは、加害者は、ほとんど反省していないのではなかろうか。大人だったら罰せられるのに、少年というだけで守られ、そのまま何事も無かったように社会に出て、幸せな家庭を築く。被害者の家族の深い傷は、ほったらかしで・・・
もう1つ言いたいことが。よく、「加害者も反省している事だし」とか抜かす馬鹿野郎がいるが、ふざけるな
こういう奴等には、20年くらい徹底的に後ろ指を指すべき。乱暴と言われるかもしれませんが、長年経った、その時点で、反省している姿勢を続けているとわかったら、チャラというのが丁度良いと思う。

18日追記

取材拒否カード 全校生徒に配布 福岡県筑前町三輪中

福岡県筑前町の三輪中学校父母教師会は17日、全校生徒に「私は取材を受けません」と書かれたオレンジのカードを配布した。生徒が取材に応じたくない場合、記者らに見せることを想定しているという。同会の鎌田正博会長は「保護者から取材を断りきれない生徒もいるとの声が上がり、カードを作った。取材拒否を生徒に強いるものではない」としている。

取材拒否カード 全校生徒に配布 福岡県筑前町三輪中~西日本新聞朝刊 2006年10月18日00時17分
より引用。

隠蔽体質不変宣言ですか。

          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ||  他言は   。    ∧_∧  いいですね。
          ||   無用!  \ (゚Д゚,,)
          ||________⊂⊂ |
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ |      |
~(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄
  ~(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧  は~い、合谷校長先生。
    ~(_(   ,,)~(_(   ,,)~(_(   ,,)
      ~(___ノ  ~(___ノ   ~(___ノ

気持ちはわからないまでもない。こういう時に、過熱報道・取材しに来るマスコミはタチが悪いしね。しかし、事前に説明する事を怠った学校側が、こういう処置をしても説得力無いでしょう。口封じと思われたって仕方ない。

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

コメント

前回のFFの記事にもかなり触手を誘われたのですが、今回はコチラにお邪魔させて頂きます。

いじめ問題もかなりの年月を経ているにも関わらず未だに根絶出来ない所を見ると、 kenjipunkirock さんのおっしゃる通り決して無くならないものかも知れませんね。
古くは江戸時代から「えた」「ひにん」という意味なき差別が行われて来た国ですから。
しかし、いじめは子供だけで解決するのは難しい問題と思われますので大人がやはり関わって行かなければならない問題だと私は感じております。それは身近な親であったり先生であったり・・・。なのに、その先生がいじめを率先していたり、学校ぐるみで隠蔽にも近い操作したり、目を覆いたくなることばかりです。

そんな中、今回いじめに関して真摯に取り上げられた kenjipunkirock さんは本心から素晴らしいと思います。

コメントありがとうございます

こんばんわ、きすけ殿

この事件起こる前、北海道の滝川の事件がキッカケでいろいろなHP・ブログを閲覧し、この記事を書いた後も、続けて調べてみましたら、恐ろしく複雑な問題だなあと。どうも、私立より公立の方が、こういう事件が多いという印象を受けました。先生の質が違うのでしょうか。
今、私は、とっくの昔に学校生活というものを卒業して関係ないかと思っていたら、同世代で結婚していて子供を持っている人、これから授かろうという人もいますから、人事ではないと思いました。もし、自分の子供がいて、こんな事件で自殺したとなったら、やりきれないと思います。
いじめに関しては、子供の世界だけでなく、色々な世界であるものだとも、改めてわかりました。今までの私の経験上、いじめ・差別の加害者は本当に汚い表情をしている、かつ、彼らから発するマイナスのオーラは気を悪くします。松本人志さん風に言ったら、笑いに転化出来ない、何も救われないといった感じでしょうか。ですので、こういう輩は見てて腹立ちます、大人であろうと子供あろうと。ですので、記事にして、少しでも世間の人に、いじめのくだらなさをわかって欲しいと思い書きました。あと、自分自身も、いつの間にか加害者にならないかと自制しなきゃとも思いました。

長文・雑文、そして、コメントが遅れてすみません。
  • | 2006年10月20日18時14分 |
  • URL |
  • kenjipunkrock
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenjipunkrock.blog62.fc2.com/tb.php/128-83c8f964

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。