スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クインティ 

クインティ今日は、ナムコからファミコン用ソフトとして1989年6月27日に発売されたクインティについて書いてみます。このゲームは、CS・ケーブルのチャンネルフジテレビ721の番組ゲームセンターCX63回目の放送分の挑戦ソフトとして採り上げられ、またかなり前の放送でのクリエイターインタビューのコーナーで、このゲームの作者田尻智さん出ていた事もあり、紹介されていました。田尻さんといえば、もうご存知の方が多いと思いますが、ポケットモンスター(ポケモン)の生みの親として有名ですね^^



クインティは、パネルを捲って敵を全て壁にぶつけて倒すのが目的の面クリア型のパズルアクションゲームです。プレイヤーはパネルを捲る事で敵キャラを弾き飛ばし、壁(外壁および同様の働きのあるパネル)にぶつけて倒し、敵キャラを全て倒せばクリアとなります。パネルには特殊効果を持つ物が在り、これ等を利用してクリアを目指します。この特殊パネルの使い方が、攻略&高得点の鍵を握っていると言っても良いかもしれませんね

このゲームは、全部で10のステージが在り、ゲーム開始時は、其の内の8つから攻略するステージを任意に選ぶ事が出来ます。この8つのステージを全てクリアしますと、9ステージ目(キャッスルステージ)、そして最終ステージ(天空の城ステージ)に進む事が出来ます。 各ステージは10のエリアが在り、最終エリアにはボスが待ち構えています。ボスを倒すとステージクリアとなり、次のステージ選択画面に移ります。 以上の説明からこのゲームは、10エリア×10ステージで全100面から構成されています。


私は、このゲームを今まで1度もプレイしたこと無かったのですが、田尻さんが作ったという事、記事のネタ作りという事もあってか、プレイして見ました。元々こういうタイプのゲームは好きという事もあり、なかなか面白いと感じました。個人的理由を抜きにしても、デザインも可愛く、ゲーム内容も頭脳&反射神経を使うだけあってなかなかのもの、おまけに難易度も簡単な方にしている為、ユーザーの事を考えて作っていると思います。
あと、忙しく時間の無い大人でも、手軽に遊べるのもGOODです。前の記事堀井雄二さんの名言でも書いた様に、最初の5分でユーザーを取り込めるという事もあって、十分合格点をあげても良いかな^^

クインティこのゲームが発売された1989年は、ファミコンの成熟期という事、また発売元のナムコは他に超有名なソフトを一杯出している事もあってか、このクインティは、ついつい隠れがちな存在になりがちですが、数日しかプレイしていない私が言うのも何ですが、名作ソフトに入れてもいいと思います。お薦めっす




人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

何々ありきで報道するなよ 

1月に、たちの悪い風邪を引いてから更新するの気が一気に失せて、つい更新が停滞してしまいました。すみません。

今日は手短に戯言を

最近、自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故を連日報道しています。しかし、どうも違和感を感じるのです。ネットでこの事故について調べていると、船舶や軍事関係に詳しい人のコラムやブログ、それらの記事に対するコメントを読むと、「清徳丸」以外の仲間の漁船は軍艦を発見して早々と避けられたが、「清徳丸」は仲間の無線に応答せず、そのまま衝突。乗っていた船員は何かしらの原因で気付かなかったという意見が大半を占めていました。今後の検証は、こういう事も含め双方の過失を調べるのが筋だろうと思いますが、テレビや新聞のマスコミは相変わらず自衛隊が全面的に悪と決め付けて、何々ありきで報道している様を見るとウンザリします。何でしょうかねえ・・・何故、自衛隊が事故を起こすと、こうも鬼の首を獲ったかの様に非難轟々と叩くのでしょうか。之がタンカーだったり外国の軍艦だと、こうも報道しないでしょう。イージス側が避けなければならなかったと言ってるわりには漁船側が避けるべきか否かという事を殆ど言わない。ネットで海洋関係に詳しい人の記事・コメントによれば、大きい船が来た場合は小さい船が避けて行くのが海での常識らしいです。それでなくても、何処の国にいちいち軍艦が避けて行くんだよ、聞いた事無いぞ。それと、情報公開する時も慎重になって欲しいですね。というのは、今回の事故でイージス艦の弱点が露になるのが恐ろしいですし、この軍艦は日本を守っている要ですから。もう1つ、防衛省間の伝達の遅さを改善してくれれば良いですね。最後に以下の記事・コメントが大変参考になりました。皆さんも1度、目を通して読んで欲しい。いかに日本のマスコミが、どうしようもないかが分かると思います。

もう殆ど絶望的かもしれませんが、漁船に乗っていた2人の船員が御無事である事を祈ります。

詳しい参考資料です

軍事評論家=佐藤守のブログ日記 さんのブログ~石破大臣は続投せよ!

軍事評論家=佐藤守のブログ日記 さんのブログ~ついでに「なだしお」報道を

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

ゲームセンターCXでカラオケ♪ 


CS・ケーブルのチャンネルフジテレビ721で放送しているゲームセンターCX♯61を見ました。メインコーナーの「有野の挑戦」は、1986年7月3日にサン電子より発売されたファミコン用ソフト東海道五十三次をクリアするのが目標。このゲームはオーソドックスな横スクロール型アクション、特に目立った特長は無いものの、コンティニュー機能が無いのとバランス機能を考えていない敵の配置・攻撃の為か、超難関ソフトとしてユーザー知られていたようです。今回の放送も、そのような展開になり、結局有野さんはギブアップでした・・・残念。





上の画像では、その苦悩振りが伺えます。その様子を見かねて、ADの鶴岡さんが重い空気を振り払おうと面白い提案を出して来た♪


何と、このゲームにはBGMに歌詞が付いているそうで、プレイしながら歌って気分転換してリラックスしてもらおうというのですが、この番組、結構長く見ているのですが、こういう思い掛けない楽しい展開は初めてかも



有野さんは言われたとおり歌いながらプレイ。この歌っている所を見ると、此方もテレビ画面の前で口ずさんでしまいそうになりました


AD鶴岡さん、歌っている有野さんを羨ましく思ったのか、自分も歌いたいと直訴。鶴岡さんはバンド経験があるらしく、そのせいか昔の記憶が蘇って血が騒いだのか



そして、プレイする有野さんの横で熱唱。しかし緊張したのか、声が裏返って高くなって有野さんや周りのスタッフの笑いを誘い、場の空気が明るく一変。さらに今度は有野さんと一緒にデュエット。鶴岡さんは歴代のADの中では地味目がちでしたが、回を重ねる事に良い味出して来ていますねえ^^

お知らせ

2月2日の18時から、去年のクリスマス・イブに合計9時間放送された、生放送スペシャルのダイジェスト版が3時間に纏めて放送されます

詳しい参考資料です

ゲームセンターCX公式HP

ゲームセンターCXのゲームができるまでブログ

よゐこ有野 書記係に立候補します

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。