スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッシャー木村伝説 

UP断わりきれなかった男伝説~ラッシャー木村 - たけし・さんま超偉人伝説(1996年10月11日放送)part1


UP断わりきれなかった男伝説~ラッシャー木村 - たけし・さんま超偉人伝説(1996年10月11日放送)part2


最近、記事書いてないのに、昨日急にアクセスが伸びていたので調べたら、ラッシャー木村さん関係の記事に集中・・・もしやと悪い予感がしたので、ネットでのニュース欄を見たら・・・また味のあった昭和を駆け巡った名レスラーが旅立って行ったのですね。合掌・・・

意外な木村さんの顔

ミック博士の昭和プロレス研究室 さんのHP~ファイル39 発掘!ラッシャー木村のサンボ特訓

によると、昭和51年頃に木村さんがビクトル古賀さんからロシアの格闘技サンボを伝授して貰っている貴重な画像があります。この頃って現在ほど格闘技が世間に浸透していない時代、ましてサンボはごく一部の人しか知られてなかったんじゃないかと思う。それを考えると、えらい先取りし過ぎていたかも
実際、木村さんはガチの戦いでも有望視されいたと言われていたくらい強かったらしいですが、木村さん自身はプロレス独自の世界感の方が好みだったのか(自分のプロレススタイルに合わないと思っていたらしい)、サンボの技術を世に見せる機会は無かったそうです

上の動画が見られない場合はYouTube~Search for ラッシャー木村あたりで探してみて下さい

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

三沢光晴さんのリング上での事故死について 

御存知の方が多いと思いますが、13日に広島県立総合体育館で行われたプロレスリングNOAHの興行で、三沢光晴選手が対戦相手のバックドロップによって頭を強打し帰らぬ人となった。この訃報を聞いた誰もが一瞬目を点にしたのではないでしょうか。最近プロレス業界は低迷し知名度のあるレスラーが減少する中でも三沢さんはプロレスに対して興味が無い人でも知られていたトップレスラー、これからも業界を盛り返す為に必要な人だっただけにファンだけでなく業界の中の人も悔やんでいるのではないかと思います。今回の事故を切欠にふと思ったのですが、90年代以降から年々プロレス技は過激・高度化・危険度が増して行った事も原因にあるのではと感じました。プロレスはハッキリ言ってしまえば八百長ですがw、ただ単にこの一言だけでは片付けられるのもちょっとどうかと思います。何故かと申しますと、プロレス興行は全国をほぼ休み無く巡回するので、選手が怪我などのアクシデントは避けなければなりません。それを避けるには、技を掛ける人は御客さんに技の凄みを見せつつ相手選手に出来るだけダメージを減らすように工夫し(練習の時に技の危険度を確かめる)、技を掛けられる人はどんな体勢からからも受身を取ってダメージを最小限に抑える。つまり両者の選手の息が合って初めて成り立つ体を張ったエンターテイメントなのです。これ等の要素が事故を滅多に起こさずにいたのですが、前述でも申した様に御客さんに喜んで貰える為に年々プロレス技は危険度が増し、選手の優秀な技量でダメージを抑えても試合数をこなしていく度に徐々に蓄積されて行き、40代になる頃には必ず体の何処かは直しようが無いほどの障害を持つという悲劇が増加する事となります。三沢さんは今年に入ってから体調があまり良くなかったと聞きます。もしかしたら金属疲労の如く溜まっていたのが原因で三沢選手の受身の上手さに魔をさしたではないかと思うと切なくなります。下のリンク先の記事では、Dr.酒井さんと三沢さんとの対談が載っています。その中から一部引用させて貰いますが、以下の文がいかにプロレスラーを続けるのが困難かヒシヒシと伝わって来ます

スポニチFLASH photo & blog スポニチBlog Dr.酒井の現代腰痛事情|【格闘技編】厳しすぎます…プロレスラーの宿命 2009年4月8日より一部引用

以前、同じプロレスラーの高木三四郎選手と一宮章一選手を診察させてもらったことがありました。身体のさまざまな部分を細かくチェックしていくのですが、2人ともほとんどの結果が陽性でア然とさせられたことがあります。こういう世界で身体を削っている人たちもいるんだ・・・そう勉強させられた思いがしました。プロレスラーは総合格闘技やボクシングの選手とは違って、痛みや故障を抱えたままリングに上がり続けます。はっきり言えば身体が動く限り、休むことが許されない宿命なのです。これではケガが治るわけはありません。若いプロレスラーたちはもちろんプロレスが好きで一生懸命練習に励んでいますが、彼らを取り巻く環境は厳しいと言わざるをえません。せめて満足のいく動きができる状態でリングに立てるような環境であってほしい。そう考えるのは私だけではないはずです。

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

キャメルクラッチ 

キャメルクラッチ
画像は昨日の土曜日に日本武道館で開催されたNOAHの興行の生中継の映像のものから
上で繰り広げられているプロレス技はキャメルクラッチ(別名:ラクダ固め)と呼ばれています。この技は80年代に人気のあったプロレス漫画キン肉マンに出て来るキャラの1人ラーメンマンの必殺技として描かれた事もあってか、オールドプロレスファンまたはキン肉マンのファンの方でしたら誰でも知っているくらい知名度100%の有名な技です。しかしながら改めて画像を見ると、技を掛けられてる方はカッコ悪いですな^^

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

こんばんわ事件 

ラッシャー木村
ちょっと体調が悪くて記事書くのを控えてました、すみません。今日は久々にプロレスの記事を
CS・ケーブルのチャンネルテレ朝チャンネルで放送されているワールドプロレスリングクラシックス(2007年12月~現在放送中)を見ていたら、1981年9月23日の田園コロシアムで行われた新日本プロレスの興行で起こったラッシャー木村さんのこんばんわ事件が映し出されていました。木村さんは70年代に国際プロレスのエースとして活躍していたものの、団体が崩壊して行き場を失う事となり、後に国際プロレスに所属していたアニマル浜口さん・寺西勇さんと共にはぐれ国際軍団を結成して新日本プロレスにヒールとして参戦して行く事となります。上の木村さんの画像は前述した田園コロシアムの興行の時にアントニオ猪木さんに挑戦を申し込んだ時のもの。普通、挑戦状を叩き付ける瞬間は場がピリピリしているものなのですが、この日リングに上がった木村さんは見に来ていたお客さんに対しても礼儀を尽くそうという想いが強かったのかこんばんわと予想外の丁寧な出だしの挨拶に、お客さんは拍子抜けしてしまい失笑に近い声が起こりました。このエピソードが起こった頃は、猪木さんの人気が絶対的であった事や木村さんらがヒールとして参戦していたというのもあってか評判は著しくなかったものの(この頃、木村さんの家に一部の狂信的な新日ファンからの嫌がらせのせいで木村さんの愛犬がストレスで亡くなったという悲しい出来事が起こる)、後々全日本プロレスに移籍してマイクパフォーマンスで人気を得るようになって来ると、このエピソードは木村さんの人の良さを語るのに欠かせないものとなりました。下の画像は木村さんのマイクで挑戦を表明したのに連動する浜口さんです。若いなあ^^
アニマル浜口

詳しい参考資料です

アニマル浜口レスリング道場

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

御茶目な極右 佐山聡 

タイガーマスク 佐山聡TBSラジオ ストリーム~コラムの花道 2008年6月9日放送 - 初代タイガーマスク=佐山サトル特集 by 吉田豪

半端な右思想じゃないですね^^
プロレス・格闘技ファンの方は勿論、そうでない方も必聴っす

お知らせ

佐山サトルさんが主催するリアルジャパンプロレスが6月19日に3周年特別興行「PRINCIPLE!~佐山原理主義~」を開催、この模様はスカパー!のチャンネルハッピー241で6月24日の19時から放送されます。またインターネット放送So-TVでは6月25日から完全版を配信開始されます
なお、興行の繊細を知りたい方は此方へGO

そしてそして、CS・ケーブルのチャンネルテレ朝チャンネルで放送されている「ワールドプロレスリング クラシックス」の7月の放送は、ななななんと初代タイガーマスク特集ですよ。現在見返しても色褪せない佐山さんの動きは芸術品と言ってもいい位です。今までプロレスを見た事が無い人には特に御薦めですよ。見始めたら誰もがエキサイト状態必至です^^
放送時間を知りたい方はテレ朝チャンネル~ワールドプロレスリング クラシックスに行ってみてね

詳しい参考資料です

佐山サトルオフィシャルサイト 掣圏真陰流 bushido.jp

掣圏真陰流 オフィシャルサイト

初代タイガーマスク(佐山サトル) OFFICIAL BLOG「虎の穴」

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました


猪木無責任イズム 

ターザン山本さんのアントニオ猪木評です。いつもは???・あさっての方向で書いているコラムが多いのですが、今回のコラムはいいとこ突いてます。でも、あんたが言うなよと思いたくなるくらいイマイチ説得力無いですが

ところが現役を引退した猪木は今、まったく逆の形で最強の存在になろうとしている。それは何も考えない人間になったからだ。もう65歳になったら、何を考えても意味がないことを彼は悟った。もともとが実にいい加減な性格。すべてを人のせいにして生きてきた人。人のことなんか知ったことか、という人生観である。無責任なことに対して何も罪悪感がない。こんなに都合のいい人はいない。だから、どんなに借金をしても平気なのだ。それが、65歳になったことでますますひどくなった。人生なんてその場限りでいいやという思想が、そのまま表に出てしまっているのだ。やることといったらトークショーやバラエティ番組に出演して、ファンに“闘魂ビンタ”をしてギャラをもらっている生活。ああ、世の中なんてこんなもんでいいやである。人生で何が一番強いかというと、思い切り何も考えないで生きていける人のことだ。猪木さんは今、それを実践している。闘魂精神なんてあるわけがない。そこにあるのは、無責任な究極の楽観主義。みんな今の猪木を見習えなのだ。
ターザンカフェ~「A・猪木が最強の65歳という理由とは・・・」より一部引用

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました


ウエスタン・ラリアット 

スタン・ハンセン アンドレ・ザ・ジャイアント
今、CS・ケーブルのチャンネルテレ朝チャンネルで、ワールドプロレスリングクラシックスを放送しています。上の画像は、1981年9月21日に田園コロシアムで行われたスタン・ハンセンvsアンドレ・ザ・ジャイアントのもの。ハンセン選手が200kg以上あるアンドレ選手を必殺ウエスタン・ラリアットで場外に吹っ飛ばした事は、プロレス史上の中でも伝説となっています。下に動画を置いておきます。古館さんの解説と共にお楽しみ下さい

UPスタン・ハンセンvsアンドレ・ザ・ジャイアント~1981年9月21日 田園コロシアムpart1


UPスタン・ハンセンvsアンドレ・ザ・ジャイアント~1981年9月21日 田園コロシアムpart2


人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

川田利明のそんなの関係ねえ 

UPハッスル - 川田利明&小島よしお

全日本プロレス三沢さんらと名勝負を繰り広げていた頃は無骨で無口というイメージでしたが、ハッスルに参戦する様になってから180度キャラを転換して、芸人顔負けの話術を駆使しパフォーマンスする様は旧来のプロレスファンを驚かせ、その芸風は、ハッスルに臨時参戦した本職の芸人江頭2:50さんをも認めさせたほど器用な面も見せてくれました。なお、川田さん本人曰く、普段はお笑い好きで喋るのが大好きらしく、全日時代の無骨キャラは本来の姿ではないとラジオ番組に出演したと時に告白したそうです。最近では、ハッスルで演じているキャラも手伝った事・漫才やコントなどの鑑賞を趣味としているという事もあってか、ダチョウ倶楽部上島竜兵さんや志村けんさんなどの芸人との交友も広いそうです。上の動画は、最近流行の小島よしおさんのギャグそんなの関係ねえおっぱっぴーを小島さん本人との夢の競演

あと、こんなニュースが

芸道一直線!川田がワンマンショー
9・22ハッスル大阪大会(大阪府立体育会館)のオープニングで、初のワンマンショー「川田利明ジャンボリー」が行われることが5日、明らかになった。これまで後楽園大会では歌や芸が披露されてきたが、大阪府立体育会館という大会場での“ショー”は初めてとなる。この日、デイリースポーツ・ハッスル取材班はプロレスラーから逸脱した方向へ突き進む川田を直撃。目指すは芸人?歌手?壊れゆくモンスターKの心境を独占取材した。燃えていた。川田は「大阪のファンは会場前のキャベツ焼きを買って見に来てくれ。(キャベツ焼きは)100円だからな」と、オープニングの晴れ舞台をPRした。後楽園で川田の芸&歌は恒例だが、今回は初の大会場となる大阪での開催を勝手に決めた。もちろん高田総統の知らないところでだ。「大きい会場でも通用する。プロの音響を使ってくれ。いつもリングアナのスピーカーを使っているからね」と自信満々に語った。「大阪だからな。やしきたかじんがいいかな。『やっぱ好っきゃねん』とか。上田正樹の『悲しい色やね』もいい」。選曲を開始し、タイトルを挙げては口ずさむ。栃木出身の男は「大阪人はベタベタ好き。大阪の歌を歌えばいいんだ」と、勝手に“大阪人気質”まで分析していた。「歌って闘えるハッスラー」を自認。これまで江頭2:50ムーディ勝山、小島よしおらとコラボした。「オレと絡んだやつはみんな売れる。ダチョウ倶楽部もそうだった」と豪語した。肝心の試合の方は?「オープニングに力を入れるから、試合はやりたくないなあ。モンスターKはどこに行ったっていい。自由にさせてくれ」。“オレだけの王道”ならぬ“オレだけの芸道”へ一直線。「CDデビューの話がねえ!でもそんなの関係ねえ!」と“おっぱっぴ~”を叫んでいた。
デイリースポーツonline~芸道一直線!川田がワンマンショーより引用

何かもう吹っ切れていますなあ^^

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

巨星墜つ プロレスの神様カール・ゴッチ死す 

カール・ゴッチプロレスの神様、カール・ゴッチさん死去=米メディアが報じる
“プロレスの神様”として知られ、現在では無我ワールド・プロレスリングの名誉顧問を務めるカール・ゴッチ(本名カール・イスターツ)さんが29日(米国現地時間)に死亡したことが現地の専門ウェブサイト「レスリング・オブザーバー」により報じられた。ゴッチさんが亡くなったのは夜9時45分で死因は不明。82歳だった。ゴッチさんはUWFの顧問を務めるなど日本格闘技界の発展に大きく寄与しており、現在でもゴッチさんの教えを“ゴッチイズム”として崇拝する選手も多い。訃報を伝えたレスリング・オブザーバーでは「前田日明高田延彦らを育成し、日本総合格闘技の高まりに大きな影響を及ぼした」としてゴッチさんの功績を紹介している。
スポーツナビ 2007年7月29日20時23分

正直、どう言っていいかわからない・・・
ゴッチさんが居なかったら、上の記事にも書いてある様に現在の日本のプロレス界や格闘技界の発展、いや、存在すら危ぶまれていたかもしれない。そのくらい偉大なる貢献者だった。此処の所、キラー・トーア・カマタさんなどレスラーの訃報を聞く度に往年の活躍した姿を想いつつ合掌する日々が続く・・・

以下、プロレススーパースター列伝~なつかしのB・I砲! G馬場とA猪木編より

猪木 「ハローゴッチさん!
    で、どんな顔ぶれの大物レスラーをよこしてくれますか?」
ゴッチ「それが・・・・・・・・・
    いいかイノキ冷静に聞けよ。
    誰1人、君の新日本プロレスに参加するのをオーケーしない。
    テレビ中継もない新団体では不安だ。
    それに新日本プロレスにあがったら最後
    もう二度と日本プロレスに呼んでもらえんという。」
猪木 「ウ~~~ヌ!!
    
日本プロレスのワル幹部どもが
    アメリカのレスラーたちに手を回し圧力をかけたな!」
ゴッチ「どうやらそのようだが
    感情的になったら負けだぞイノキ。
    新日本プロレスの旗あげ興行は立派にやれるッ!
    一人の超大物レスラーが日本へ行き
    君と戦うからな!」
猪木 「えっ・・・そ その超大物とは!?
ゴッチ「私だよ。」
猪木 「えっ・・・!?」
ゴッチ「それともカール・ゴッチは超大物ではないかな?」
猪木 「ゴ・・・ゴッチさん!(感涙)」


御冥福をお祈りします。

UPカール・ゴッチvsアントニオ猪木~1972年3月6日 新日本プロレス旗揚げ戦 Part1of3


UPカール・ゴッチvsアントニオ猪木~1972年3月6日 新日本プロレス旗揚げ戦 Part2of3


UPカール・ゴッチvsアントニオ猪木~1972年3月6日 新日本プロレス旗揚げ戦 Part3of3


人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

IGF 成功したみたいですねえ♪ 

IGF PROWRESTLING「闘今BOM-BA-YE」6月29日・両国国技館
猪木IGF旗揚げ興行に8426人、元WWE対決はアングルがレスナーに勝利~スポーツナビ


プロレスファンの大方の予想を裏切り(爆)、猪木ワールド炸裂、結構盛り上がったようですね。まだまだ猪木さんの神通力は健在なのでしょうか。成功となったら、今後もカードは当日発表、そして、別のサプライズな仕掛けを、また積極的にして来るのでしょうか。今後もIGFから目が離せなくなりました。
あと、実際見に行った人の記事のリンクも載せて置きます

カクトウログ さんのブログ~IGF「闘今BOM-BA-YE」旗揚げ戦、6・29両国速報観戦記まとめ

今回の旗上げ戦はスカパーのPPVで放送されていて、正直購入して見ようか迷ったあげく見送ったのですが、う~ん、やっぱり見とけばよかったなあと後悔します・・・
PPVでの放送は、リピートもしています。繊細な放送時間はこちらを参照してみてね

詳しい参考資料です

アントニオ猪木 OFFICIAL BLOG

INOKI GENOM FEDERATION 公式HP

ANTONIO INOKI HOME PAGE

エンジン発電機「闘魂パワー」

ANTONIO INOKIfoods business project アントニオ猪木酒場

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

梅雨の中のIGF情報 猪木イズム全開!? 

猪木開き直った「見たくないやつ来るな」
IGFのアントニオ猪木社長(64)は26日、旗揚げ戦(29日、両国国技館)の カードが当日発表になることを示唆した。前日25日にブログで表明していたが、あらためて「そうなりそうです」と自身の言葉で認めた。異例の混乱が続き、参戦する弟子の小川からは「IGFのIはいいかげん」と批判された。だが、猪木は「予定通りでは面白くない。非常識の批判はあるが、その方が面白い。見たくないやつは来るな」と完全に開き直っていた。
日刊スポーツ~2007年6月27日 紙面より引用

現在、良くも悪くも自前に小出しでプロレスファンをここまで引き付けるのは、イノキ・ゲノム・フェデレーション(略してIGF)ぐらいかもしれません(かつてジャイアント馬場さんは、こういう方法を最も嫌っていて、その為に普段温和な馬場さんでも、猪木さんの写真を見たとたん一瞬にして険しい表情になり叩き付けたという話もあるとか)。猪木さんの今までの経緯から、殆どのファンはIGFにあまり期待せず、外野での野次馬に徹してグダグダぶりを楽しんでいると思います。ま、今度の29日の開幕大会が、成功しようが、失敗、もしくは最悪開催されなく中止になったという結果になろうと、ファンは2ちゃんねる風に

これぞ猪木クオリティ

とか

だって猪木だもん

などの言葉で、なんだかんだ、やっぱりねという感想で
締め括られるのではないかと思います

詳しい参考資料です

アントニオ猪木 OFFICIAL BLOG

INOKI GENOM FEDERATION 公式HP

ANTONIO INOKI HOME PAGE

エンジン発電機「闘魂パワー」

ANTONIO INOKIfoods business project アントニオ猪木酒場

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

ナイナイのANNに猪木がやってきた! 

6月7日放送分のナインティナインのオールナイトニッポン(1994年4月4日~現在放送中)に、なんとアントンことアントニオ猪木さんがゲストに来ました!!
近々、旗上げされる猪木さんの新団体イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)の宣伝も兼ねてのものだと思われます(この日はずっとニッポン放送の番組に出ずっぱりだったようです)。番組の内容は下の番組公式HPに掲載されています。なお、このHPは、次の回の放送が終わった数時間後に前週のものは皆削除されますので見たい方はお早めに(14日深夜まで見ること可能)。一応こちらのブログでは、猪木さんの出た部分の所だけ一部抜粋・引用しておきます

さぁ、普通の日ですが、なんとこの日はスタジオにアントニオ猪木さんが!!「元気ですカー!!!」と、いつもの一言から元気に入ってきてくれました。いつもならこの時間はお酒を飲んでいるという猪木さん。意外にもオッパイ星人だという事だったりと、ちょいちょい下ネタを入れてくださる猪木さん。アントンと呼ばれていることに怒っているのか何なのか・・・?でも、呼んでもいいよと許可を頂きましたが・・・猪木さんは岡村さんの事をずっと「岡本くん」と、おっしゃっていましたが、もうナイナイさん的には「猪木さんの前では岡本でいいんじゃないか」という事になりました。
・・・猪木さんは帰り間際「アリガトーー!!」といった岡村さんに対して「バカヤローー!!」と、いつものひとこと。もう、猪木さんの反射神経なんでしょうね~。夜遅くにどうもありがとうございます!!


番組での内容を少し書いときます。

「変な人いないですか?」
矢部さんが問うと、猪木さん曰く
「こないだねえ、パーティでねえ、気合入れてくれって列が出来て気合入れてたのね。そしたら時々変な奴いてね、気合俺んとこ入れて来んの。ボコボコにしたねえ。」
その後も闘魂ビンタについて流暢に語る。その様子を見た
岡村さん
「楽しそうにボコボコ事件喋っていらっしゃいますねえ。」
「マジボコボコなんですねえ。」
とさりげなく突っ込む♪

闘魂ビンタする時に、その人の悩みが大体わかるらしい。

「何で、ペールワンの(腕の)骨、折っちゃったんですか?」
と岡村さんが質問すると、
「噛まれたから」
ナイナイの2人に噛まれた跡を見せつつ、続けて
「いや、その前に折ったんですよ。参ったしなくて、これじゃあ何やりゃあいいのってんで、結局グーッと絞めたら苦しいから噛み付いたんだよね。噛み付いたらしょうがないから目ん玉を・・・(はっきり聞き取れないが会話の前後から指で突いたと言ったのかなあ)。あれは嫌な感じだよ。指がブスッと入った時は今でもゾーッとする。」


ちなみに、岡村さんがよくやる猪木さんの真似での「折ったどー」は、このペールワン戦からのものです。ペールワン戦の繊細を知りたい方はこちらを参照して見てね。そして、数年前に日本テレビ系で放送しているぐるぐるナインティナイン(1994年4月~現在放送中)の企画で猪木さんと岡村さんのプロレス対決の話題が出て、2人とも懐かしげに語ってました。2人のプロレス対決はこちらで見る事が出来ます

詳しい参考資料です

アントニオ猪木 OFFICIAL BLOG

INOKI GENOM FEDERATION 公式HP

ANTONIO INOKI HOME PAGE

エンジン発電機「闘魂パワー」

ANTONIO INOKIfoods business project アントニオ猪木酒場

ナインティナインのオールナイトニッポン公式HP

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました


プロレスの証言者 藤波辰爾編 

藤波辰巳 ドラゴン 藤波辰爾日刊スポーツの短期集中連載型の企画「プロレスの証言者」シリーズ、藤波辰爾編が始まりました
藤波さんは、プロレス入門する前は何の格闘技経験も無く体も至って普通の人だったというのもあって結構苦労したのですが、誰にも負けない意思の強さ、そして心からプロレスがしたい・大好きというのもあって、ビルドアップされた筋肉美を兼ね備えた肉体を作り上げ、持ち前の甘いマスクも重なってか、当時プロレスとは無縁と考えられていた女性ファンを引き込んだのはプロレス史上貢献度は高かったと思います。藤波さんは見かけだけでなく、新日本プロレス伝統のストロングスタイルやカール・ゴッチ仕込みのテクニックを基盤にドラゴン・ロケットやドラゴン・スープレックスなどの派手な技を含むドラゴン殺法で男性ファンをも獲得して行き、プロレス界を代表するスター選手となりました。また、受けの上手さ・相手選手の持つ良さを引き出す事が超一流で、プロレス選手の間でもこちらが何もしなくても藤波に任せておけば良いと言われるほど、選手達からの評判も上々だった様です
プロレス界は性質上アクの強い人が多いのですが、藤波さんはこの業界では珍しく本当にいい人の様で、現在NHKの平日の昼で生放送されている生中継ふるさと一番!(2005年10月3日~現在放送中)に出演している(不定期ながらレギュラーゲストが多い)のを見ると、彼の人の良さが十分伝わって来ます
現在藤波さんは、新日本プロレスから無我ワールド・プロレスリングに主戦場を移し現役で活躍中です
新しい記事が掲載され次第、順次リンク先をUPしていきます

プロレスの証言者 藤波辰爾(1) プロレスの証言者 藤波辰爾(2)

プロレスの証言者 藤波辰爾(3) プロレスの証言者 藤波辰爾(4)

プロレスの証言者 藤波辰爾(5) プロレスの証言者 藤波辰爾(6)

プロレスの証言者 藤波辰爾(7) プロレスの証言者 藤波辰爾(8)

プロレスの証言者 藤波辰爾(9) プロレスの証言者 藤波辰爾(10)

プロレスの証言者 藤波辰爾(11) プロレスの証言者 藤波辰爾(12)

プロレスの証言者 藤波辰爾(13)

UPMacho Dragon


UPDragon Taiso


詳しい参考資料です

無我ワールド・プロレスリング公式ホームページ

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

長州力の異種格闘技戦 

UP長州力vsマダガスカル人 異種格闘技戦

UP長州力vsトム・マギー

18日、日本テレビ系で放送している行列のできる法律相談所(2002年4月7日~現在放送中)を見ていたら、長州力さんがゲストで出ておりました。最近、以前では考えられない程バラエティに出ていますが、この日、長州さん本人も言ってましたが、バラエティものには慣れていない様子。しかし、司会の島田紳助さんのトークに助けられたというのもあってか終始和やかな感じになっていました。この日、10年前くらいテレビの企画で長州さんとマダガスカル人の1番強い人との異種格闘技戦をやったVTRが紹介されていました。長州さんは、元々アマレスのオリンピック代表だっただけに地力は強いという事もあってか、見事勝利を収めていました。長州さんといえば、86年の元旦に後楽園ホールで、プロレスの本番でもたった1度だけ異種格闘技戦をやっています。ただ、相手はパワー・リフティングの世界王者と言う肩書のみの新人選手でしたので、当然ながら楽勝。今、21年振りに、この動画を見たのですが、全然見所が無いですね・・・

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

クラッシャー・バンバン・ビガロさんが急死 

“動ける巨漢”ビガロ氏が急死~スポーツナビ 2007年1月21日

元横綱の北尾光司さんが廃業してプロレス転向、そのデビュー戦の相手を務めたのがビガロさんでしたねえ。彼の巨体にも拘らず、起用に側転するパフォーマンスをしたのには正直驚かされたものです。気のせいか80年代から90年代初頭に活躍したレスラーの3分の1くらい亡くなっている様な。そう、レスラーだけでなく相撲取りも短命な人が多いですね。やはり体型・乱れた食生活・薬物が絡んでくると亡くなる確率が高くなるのか。また1人、名レスラーがいなくなったのは寂しいです。御冥福をお祈りします。

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。