スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸人矛盾 

キングコング西野 2ちゃんねらー批判で「大炎上」
漫才コンビ「キングコング」の西野亮廣さん(27)のブログをめぐり、批判が殺到している。「いい逃げはずるい」なとど2ちゃんねらーを批判。ところが、反論の機会を保証することの重要性を主張しているにもかわらず、西野さんのブログにはコメント欄がなく、西野さんこそが「言い逃げ状態」との批判がネット上で相次いでいるのだ。「発火源」は、西野さんの公式ブログ「西野公論」に2007年12月28日に掲載された「表に立つ」というタイトルの記事。記事では辛口のコメントで知られる映画評論家のおすぎさんについて、おすぎさんには「『自分が言った事の責任は全て受け止めますよ』という姿勢」があるとして称賛。その対極にあるものとして2ちゃんねるを挙げ、このように矛先を向けたのだ。2ちゃんは「とてもカッコ悪いし、アホだと思う」と批判
「2ちゃんねる」批判に批判が集中している「逆に、投げっぱなしの意見をする奴を僕は認めない。反論の責任を取らない奴。その受け口を設けていない奴。インターネットの世界で言えばいわゆる『2ちゃんねる』というサイトの中でも、人を否定する事で自分の存在を確かめている奴がその最たる例。とてもカッコ悪いし、わかりやすく言えばアホだと思う。そうなってはいけない」
さらに、
「そこで思う評論のルールとして、マナーとして。最低でも反論を受け付けるステージを設けるという事。表に立つという事」
と、反論の機会を設ける重要性を強調した。ところが、2ちゃんねる利用者からすれば「反論の場」であるはずのコメント欄が西野さんのブログには設けられていないことが批判を呼んでいるのだ。矛先を向けられた形の2ちゃんねるの、芸能情報を扱う「芸能・音楽・スポーツ ニュース速報+」と呼ばれる掲示板には、直後にスレッドが立ち、12月28日20時半現在で8スレッド目に突入している。スレッド内では、やはり
「コメント欄はまだですか?」
「自己矛盾」
といった批判が大半だ。


J-CASTニュース 2007年12月28日より引用

此処の所、胸の神経痛を含め倦怠感が酷く体調が最悪でしたが、何とか持ち直しましたので久々に記事を。相変わらず燃料を投下してくれる西野さん、着飾ってカッコつけて自分を良く見せたいと思って墓穴を掘ってますなあ。自分のブログにコメント・トラックバックを出来る様にしてから言うのが筋ってもので。だいだい、2ちゃんねるをはじめ、ネットの世界は匿名が基本で、それ故に過激で攻撃的な人間の悪魔的な部分が出て来て問題となる反面、真実・本音が出易くなったというプラスの側面があり、一概に問題ある人ばかりが書き込んでいるのではない。それに何処かの独裁国と違って、好き勝手な事が言える・書けるって正常な状態って事じゃないの。自分自身が面白くないって書かれてるのを見たくないなら、そういうサイト見ない方が健康的だよ。その分、ガタガタ言わず自身の芸に力入れた方が徐々に認められて行くと思うしね。約1週間前のM-1の時は、相変わらず間の持ち方が下手・緩急の無さ・ネタがくだらなかったものの、テンポは抜群に良く練習はして来たなあと思わせ評価が上がっていたのですが・・・逆戻り。最後に、西野さんの語録と江頭2:50さんの語録を。見比べてみると、どちらが真の芸人か・芸人の鑑か一目瞭然です。

★キングコング西野語録

「26歳で車が2台。チョーシに乗ってナンボ。」
「俺が番組のスタッフに飯を食わせてやっている。」
「僕は別に一発屋なわけじゃないし、この世界で生涯そこそこ良い暮らしをする事は可能。むしろ簡単。」
「先輩芸人は自分の城から出ずに勝負していない。出て来いドアホ!」
「アイドルグループ
WEST SIDEの活動は、吐き気がするほど嫌だった」
「僕は舞台芸人である」
「絡む相手が誰であろうと何をしようと、絶対にスベらせない」
「スタッフさんには後押しして欲しいのである。他のどの芸人よりも応えるし必ず還元する」
「非難の声を浴びても、簡単に跳ね返す自信がある」
「僕は1年目からレギュラー番組があって、2年目には
はねトびが始まり、アイドルとHもして、月9にも出た」
「誰もなった事のない人間に僕はなるのだ」
「僕と
いかりや長介は立ち位置が似ている」
「ツッコミは笑いを取りにいってはいけない」
「老後の夢は20代の女の子とSEXしまくること」
「僕の描いた絵本で日本中をひっくり返す」
「漫才師の中で僕が一番努力している」
「M-1グランプリ優勝してきますわ」


★江頭2:50語録

「俺のモットーは1クールのレギュラーよりも1回の伝説」
「目の前で悲しんでいる人を見つけたら何とかして笑わせたい。その為なら警察に捕まってもいいし、寿命が縮まってもいい」
「俺のライブに来てる奴等の顔を見てると、結婚はおろか、恋愛もまともに出来ないんじゃないかっていう様な奴等ばっかり。だけど、俺はそういう奴等の為にこそ、お笑いをやりたい」
「生まれた時から目が見えない人に、空の青さを伝える時、何て言えばいいんだ? こんな簡単な事さえ言葉に出来ない。だから俺、もっと頑張るよ」
「気持ち悪いって言われる事には慣れたけど、たまに『死ね!』って言われるんだ。俺は言ってやりたいよ。こんな人生死んだも同然だってね」
「これをやったら次回出られなくなるんじゃないかなんて考えない様にしている。人間、いつ死ぬか分からないから、その時の全てを出し切りたいんだ。俺はいつ死ぬか分からないし、見てくれてる人だっていつ死ぬか分からない。視聴者が最後に見た江頭が手抜きの江頭だったら申し訳ないだろ?」
「今日はね、オレ神になるから! 伝説じゃないよ、今日は! 神話に残す!」
「俺の夢は、のたれ死にだ!」
「(観客に向かって)俺はずっと戦っていくからな! テレビ局がどれだけ俺を叩こうと、俺は全部乗り越えてやるからな! これだけはお前らに約束する!」


人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

冗談と本気の見分け方 

キングコング西野「切腹コールは亀田と同レベル」
人気お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(27)が14日、自身のブログ「西野公論」で王者・内藤大助が、反則を繰り返した挑戦者・亀田大毅を判定で破ったWBC世界戦について「理由は何であれ、『切腹』を煽るのは絶対に間違っていると思う」と、試合後に『切腹コール』をした観客や『切腹』について質問した記者を批判した。ブログでは「あの会場で『切腹コール』をした多くの人達やあの質問をした記者さんは絶対に間違っていると思う。切腹コールなんてした時点で、その時の亀田大毅選手と同じレベルだ。『切腹』なんて簡単に言っちゃいけないのだ」と明かしている。最後は「子供が観てるのだ。その姿を。『切腹コール』で盛り上がる大人の姿を」とつづっている。
10月14日17時10分 産経新聞 - Yahoo!ニュースより引用

上の記事で紹介された記事が書いてある部分はこちら。

キングコング西野のコラム「西野公論」西野公論~人間

切腹コールを叫んだ人は誰も本気でやれと思っていないでしょう。何故こうなったかと言えば、数年前から今回対戦した内藤選手をはじめ幾多のボクサーに罵詈雑言を浴びせ、逆に浴びせられたボクサーから挑戦状が叩きつけられると、そそくさと逃げ、先日行われた世界戦の前でも例外ではなく相手を罵倒、挙句の果てに負けたら切腹と出来もしない事を言い、いざ試合が始まると実力では勝てないので反則技を酷使、試合終了後も不貞腐れて逃げる様に控え室へ・・・そう、こういう積り積った有言不実行な経緯がこういう結果に繋がったと思うのですが。興行、特に格闘技の興行では、こういう野次は必然的に起こるし。むしろ今回のお客さんはマナーがあった方だし、野次だけで済んで良かったんではないでしょうか。場合によっては暴動など、もっと酷い事が起こっていてもおかしくないほど最低な試合でしたし。西野さんは今回の試合が組まれるまでの経緯を多忙で知らないのかもしれないと思うのですが、例え知らなくても、お笑いの人でしたら、この位の事は読んで欲しい。冗談か本気かを見分ける力って、お笑いをやる人も見る人も必要なのでは。いや、お笑いだけでなくても、あらゆる分野で・普段の日常生活でも。そして、見ている子供が判らなければ教えやればいい、それが大人の務めだと思う。まあ、それでも子供は其処まで馬鹿じゃないですから、下の動画の様に判る子は判っていますし
此処の所、亀田関係の記事が続いてすみません。

UP内藤大助vs亀田大毅 子供の予想


人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

キングコング西野って・・・ 

日本代表、キューバを破り、初代世界一に!!~スポーツナビ 2006年3月21日

ワールドベースボールクラシック(WBC)の決勝戦
日本vsキューバ
が日本時間21日に行われ、初回の4点を機に日本がゲームの主導権を握り、8回に1点差に追い込まれるものの9回に4点を入れ再びリード、そのまま逃げ切りそのまま勝利、日本は初代WBC王者に輝きました!!
王JAPANのチームメイト&関係者の皆さん、本当におめでとうございました。今頃は、多くのHP・ブログで、この話題でお祭り状態だと察します。こういう時は、素直に喜んでいいでしょうね

ここから本題っす

ここ1週間、お笑い芸人ブログ集に載っている芸人さんのブログを読み漁っています。読んでいると、芸人さんが普段メディアで見せない一面が発見出来て面白いです。まだ全部の芸人さんのブログに目を通していないですが、当分このHPに入り浸りそうです。
そんな中、このHPで久々に強い電波が出ているブログを見つけました

キングコング西野のコラム「西野公論」

です。このブログをパラパラと見ていたら、やけに自分に自信過剰、押尾学さんに負けないくらいにナルシスト記事が多いんです。よくここまで自分を褒めるものだなあと、今風な言葉で言ったらイタイ・・・
というのも、たけしさん・ダウンタウンさんなどが、視聴者に嫌われる態度=自信過剰&毒舌を吐きながらも、彼らが認められているのは、笑わさせる・魅了させる技術を持っているから、これ以外何物でもないのではないでしょうか!!
お笑いの世界だけでなくても、この事は言えると思います。
たとえ自分が嫌いな芸人さんでも、この人はこういう理由で人気があるのだなあと理解するのがほとんどで基本的に否定しない方ですが、キングコングには認める要素が1個も無いんですよね。とにかく彼らがテレビに出る度に、空気が読めないばかりに場が乱れるんですよね、笑いも取れずに。なぜ、実力も無いのに彼らが人気あるのかわからない。私が年取っておっさんになったことで、若い人のお笑いがわからなくなっているのかなあ。感覚が鈍っているのかも・・・う~む。

今回の記事は否定的でしたので、次回はその逆で

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。