スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

批判の仕方 

窪塚洋介猛反撃「井筒監督はアホ」
石原慎太郎東京都知事(74)が製作総指揮した映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」(5月12日公開)のPR会見が19日、大阪市内で行われ、W主演の俳優・徳重聡(28)、窪塚洋介(27)と新城卓監督(63)が出席。特攻隊員を描いた作品で、井筒和幸監督(54)が「戦争の美化」と批判していることに対し、窪塚は「見る前に言うヤツはアホ」と猛反撃に出た!
同時期に公開される2作で期せずして“映画戦争”がぼっ発した。窪塚は特攻を志願し、出撃する隊員の姿を熱演。自身も3年前、自宅マンション9階から転落した経験があり「簡単にはいえないけど、生きてることはありがたい」と、作品への思い入れは強い。井筒監督の批判に対し、窪塚は黙っていられなかったようだ。窪塚は「この映画を見て、戦争賛美だというヤツはアホだと思う。もう一回見た方がいい。見る前に言うヤツはアホ」とバッサリ。さらに「右だ、左だ、というけど、鳥は両方の翼がないと飛べないという思いで、日々、生きています」と“窪塚節”もさく裂させた。井筒監督は新作「パッチギ!LOVE&PEACE」(5月19日公開)の中に、「俺は-」を連想させる劇中映画を登場させた上、新作のPR会見の席上などで批判を展開。「戦争の美化はアカン。若者を右へならえさせたいだけ」などとこき下ろしていた。同じ映画監督として、新城監督も「映画を見てからコメントしてほしい。それがお互いの礼儀でありルール。パフォーマンスとしての発言は、やがて本人に返ってくる」と井筒監督への怒りをあらわに。「沖縄出身で国歌も聞いたことなく、上京しました。右翼というのなら、どうぞ。史実をとらえありのままに描きました」と強調していた。

窪塚洋介猛反撃「井筒監督はアホ」~デイリースポーツonlineより引用。

井筒さんは、1991年に映画の撮影中にエキストラを死亡させてしまった事故を起こし映画の公開は中止、その俳優の遺族への賠償と公開中止による製作会社の倒産で抱え込んだ多額の借金を、お金持ちの在日の人(その父親が朝鮮総連幹部)に立て替えてもらった事で、北朝鮮の広告塔の如く、本心でも否でもテレビに出る度に、自身の論理が矛盾・破綻していようとも無理に押し通し、反日・親北朝鮮発言を繰り返してます。こういった事情から、今後死ぬまでこういう発言を続けると思われます。まあ、こういう政治的発言を抜きにしても、井筒さんは欠点を見つけて発言するのが趣味かと思うくらい、1に批判、2に批判、3・4が無くて5に批判、批判するにもきちっと理論付けせず、感情任せ、そのくせ、自身矛盾を突かれたり正論を言われ論理的に突き破られたりしたら、認めず逆切れする始末。全くタチが悪いとしか言いようがない。今回の窪塚さんの発言は、非の打ち所が無い至極もっともなものです。見ずに戯言言うのは、批判の「ひ」の字も言う資格無い

もう少し反論。

戦争の美化はアカン。若者を右へならえさせたいだけ

と言ったらしいが、戦争なんてものは、色々な理由(主な理由は、物・土地・民族・宗教)で起こるもので、ただ良い悪いで戦う訳でない。また、自衛隊の事も貶しているらしいが、軍事というものは攻める事よりも、まず防衛の事を念頭においているのが基礎的な考えで、それが無ければ、政治・経済など色々な分野が成立しないのだ。そういう事も判らないで発言しているのだから、底が浅いとしか言いようが無い。
それにしても、今まで窪塚さんの事を???な奇特な人だけかと思ってましたが、

右だ、左だ、というけど、鳥は両方の翼がないと飛べないという思いで、日々、生きています

という言葉には、実際飛び降りた人だけあって、何か知らんけど妙に説得力あるように見えますなあ^^
冗談はさておき、天才と馬鹿は紙一重と言いますから、ひょっとしたら岡本太郎さんのようなタイプの大物になるかもしれませんね

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。