スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田康夫とはどんな人物か? 

福田康夫福田康夫
安倍晋三首相の辞任後の次期総裁選が麻生太郎氏と福田康夫氏の一騎打ちになりそうですが、テレビ・新聞などのマスコミや各個人のサイトを見る限り福田氏が優勢な模様です。さて、急に総裁選候補に急浮上して来た福田氏、拉致被害者の家族に冷淡な態度を執っていた記憶があるせいか、個人的にあまり良い印象を持っていません。今日は、この福田氏の今までの経歴・人物像を簡略に纏めて書かれているサイトを2つほど紹介します。まずは、何時も勉強させてもらっている依存症の独り言 さんのブログ~臥薪嘗胆して次の機会を待つしかないのコメント欄に書かれていたものから抜粋、そのまま引用

ガチの媚中派・売国奴福田康夫のーアジア外交 ー

□ 8/15
靖国参拝を13日に前倒しさせれば中共は絶対に抗議しないから、とウソの助言を小泉に与える
□ 病気治療のため来日する
台湾総統のビザ発給に最後まで反対、欧米を唖然とさせる
日本国憲法の改正は中韓におうかがいを立てる必要があるとの電波を講演会で発信
□ 靖国参拝は中韓の立場も考えねばならない、と発言
上海日本総領事館の館員自殺問題をもみ消す
□ 蓮池薫さんらを北朝鮮に帰せと主張
□ 「 あいつら ( 地村、蓮池 ) 内心嬉しいのになぜ喜ばないんだ!」「 誰かあの髭 ( 蓮池兄 ) を黙らせろ!」
□ 撃沈した
北朝鮮不審船事件の引き上げに反対
□ 中国原潜が侵入した時、
首相官邸に報告上げず、原潜が逃げ出すまで中国大使と時間稼ぎ

もう1つ、国を憂い、われとわが身を甘やかすの記 さんのブログ~自民党総裁選へ立候補するという福田氏に関する過去エントリには、より詳しく福田氏についての分析がなされています。此処では管理人さんんなりの安倍首相が2007参議院選挙敗戦後の続投した訳も述べられているので、興味ある人は覗いて見て下さい
さてさて、もし、この人が総理大臣になると思うと・・・以上に挙げた事柄から、90年代の失われた10年が再び来るのかと思うと憂鬱になります。最後に突然辞任した安倍首相について。教育基本法改正・公務員改革・国民投票法防衛省昇格・社会保険庁解体・官僚天下り問題などの歴代内閣では出来なかった事を短い間にやり遂げた、または、やろうとした事は素直に評価して良いと思います(安倍首相が期間中にやった事・やろうとした事の繊細についてはポリスジャパン~安倍内閣の実績を参照)。しかしながら、口下手な事・修羅場を潜り抜けてないせいか喧嘩下手な事が災いしてか、民主党自民党内の媚中派議員だけでなく保守派議員からも、そして敵に回してしまった官僚や公務員・農・医療・建設などの業界、地方切捨てによる票田損失による支持者の減少、そして朝日毎日NHKを中心とする反日マスコミにつけ入れられる隙を与え散々叩かれる結果となってしまいました。また、小泉前首相の時の飯島勲秘書官の様な優秀なブレーンがいなかった事も不幸に輪を掛ける事となり、敵に回してしまった官僚から十分な情報を得られず逆にリークされて普段出てこない自民党議員の不祥事が纏めて不自然に出される事になります。特にマスコミは安倍首相の功績を全く称えず、まるで魔女狩りの様な報道には、支持者・不支持者関係なく、まともな人が見たら癖々してくるのではないでしょうか(基本的に安倍首相自身の失策は無いにも拘らず)。朝出勤する前に、スーパーモーニング(1993年4月5日~現在放送中)を見たら、安倍首相の大きいパネル写真に敵前逃亡という文字が書かれているのには、余りにも酷いと怒りが込み上げて来ました。確かに辞任するタイミングが悪すぎたのは如何なる理由があるにせよ今後責めるべき問題だと思いますが、それにしても、こういう死者に鞭を打つような放送をされては、あまりにも可哀想だ。

追記

光文社発行 「家族」 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 著

P318

(蓮池)ハツイはそのとき福田康夫官房長官に食ってかかった。
「こんな紙切れ一枚じゃなくて、ちゃんと全員のいるところで発表したらどうなんですか」
そのときの福田長官の言葉。いまも忘れられない。
「うるさい!黙りなさい!あんたのところは生きているんでしょう」
いったいこの人は何を考えているんだ。人の命をこんなにも軽く考えているのか。そう思ったら、悔しくて悔しくてハツイは声を上げて泣いた。
あの日以来、「テレビに出てくるあの顔を見るのもいやになった」


新潮社発行 「奪還」 蓮池透 著 

P174

「黙って聞きなさい。あなた方の家族は生きているのだから」 
福田官房長官はそう言って、両腕でわれわれを押さえつけるような仕草をしました。 まるで、なぜ自分たちに感謝しないのか、とでも言いたげな口ぶりでした。


人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。