スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日左翼は今日も平常運転w 

このことについては、私の考えをきちんと述べておかなければならないだろう。ロンドン・オリンピックの男子サッカー第3位決勝戦で勝った韓国の選手が、「竹島は韓国の物だという意味の文句を書いた」、札だか、幕だか、プラカードだか、そんな物を競技場で全世界の人達が見えるように示した。幕だか、プラカートだか、札だか分からないと言うのは、私がその場面を見たのはインターネットの写真だけであって、その時の状況を知らないからだ。私は、それを見て、「なんと言う愚かなことをするのだろう」と思った。その思いは今も変わらない。あれは、あの選手の全くの愚挙、軽薄なナショナリズムに踊らされた、愚劣な行為である。ああいうことを世界の目の前で演じてみせることが、どれだけマイナスの効果を自分にも、韓国にも、世界中に与えたか、良く考えるべきである。しかも、自分の主張をハングルで書いてどうする。だれが、あの意味を理解出来たか。単に、韓国選手が政治的な主張をオリンピック憲章に反して行ったという負の印象しか与えなかっただろう。あんなことをすれば、世界中の人達が竹島問題について韓国側に立つだろうと考えるとは、飛んでもない思い違いで、世界中の人間が白けた、だけである。私たちきちんと日本の現代史を学んだ人間は、1910年の日韓併合後とそれ以前の間に如何に日本が韓国・朝鮮に無理無体なひどいことをしてきたか良く知っている。戦前・戦中にかけて多くの朝鮮人を強制連行して,厳しい労働をさせたこと、若い男は日本軍兵士として徴集したこと(戦後の戦争裁判で、韓国人・朝鮮人の下級兵士がBC級戦犯として死刑に処せられた例もある)、若い女性達を性奴隷として強制連行したこと、に対して謝罪するだけではなく、賠償をしなければ、我々は朝鮮・韓国に対して、真の友好をこちらから望む訳には行かないことを知っている。先日、紹介した、雨宮先生の文章を、もう一度ここに、引用させて頂く。先生は、前回私が紹介させて頂いた「もう一つの強制連行 謎の農耕勤務隊」という本のあとがきに、次のように書いておられる。
「本書が過去の日本が朝鮮半島で犯した罪に対する一日本人の赦罪と償いの表明として受けとめられ、たとえささやかであっても両者の和解への一歩に役立てばと祈りつつ編んだ次第である。繰り返しとなるが、日本にも日本人にも罪深い過去を正視し、心から詫びることの出来る人間として本当の勇気を持った国際社会から心から信頼され、尊敬され、愛されるようになって欲しいと私はひたすら祈っている。そして、『国際社会において名誉ある地位を占め』ようではないか。その実現には、最も近い諸国との間に一日も早い和解の成立が必須条件である。和解に至るには、私たちの側に過去に対する正しい歴史認識、罪責感と心から詫びようとする謝罪の意識が不可欠である。さらにいえば、形の如何を問わず補償がなくてはならない。その時私達は初めて赦され、和解と平和が現実となり、東北アジアが最も安定した平和を作り出す地域となり、国際平和に最も大きな貢献をなし得る地域となりうるであろう」
私は雨宮先生のご意見に全く同感なので、韓国に対して和解を提案する前にきちんと「謝罪と償い」をしなければならないと考えて、そのことを、機会あるごとに日本人に訴えかけている。竹島(独島)問題についても、日本と韓国の間の友好をどのように再構築できるのか、真剣に考えている人達は日本に少なくない。そのような日本人は、様々な運動を起こしている。ところが、私たち側のそのような努力に対して、今回のサッカー選手の愚挙が、砂をかけてくれた。あの韓国人選手が見せたナショナリズムは、世界中に見ることが出来る悪しきナショナリズムの典型である。私自身は、世界を平和にするために努力したいのであって、どこの国のナショナリズムにも荷担するつもりは全くない。そもそも、この世の中によいナショナリズムなど存在する訳がないから、私は日本のナショナリズムにも、韓国のナショナリズムにも、中国のナショナリズムにも、当然欧米各国のナショナリズムにたいしても、ナショナリズムこそ世界平和を阻害する物だ、と思っている。韓国選手のこの行為に、直ちに反応する愚かな日本人達がいる。韓国の選手がJ1に移籍することに対してJリーグ事務所に抗議が多く寄せられているという。実に情けない、浅ましい連中がいた物である。あの韓国選手の行為が、日本に腐るほどいる、嫌韓人種に勢いを付け、われわれ韓国との友好を願う人間の妨害をする力を得たのである。愚挙には愚挙が反応する。愚挙が互いに絡まり合ってしまうと収拾がつかなくなる。日韓、双方とも、今回のような愚挙は慎もうではないか。お互いの願いはなんなのか。お互いの真の友好なのではないのか。私は、日本が完全に謝罪し、補償を行い、その結果として、韓国・朝鮮との完全な和解を成し遂げることを望んでいる。日本には、嫌中・嫌韓の言辞を振り回す人達が大勢いる。私は彼らを総称して「嫌中・嫌韓君」では長いので「ケチカ君」と呼んでいる。過去の日本が韓国・朝鮮に対して行った罪業、現在もきちんとした謝罪も補償を行わない日本政府の悪辣で理不尽な態度、これに対して韓国人・朝鮮人は当然抗議をするべきだが、それは、堂々とした毅然とした態度でして貰いたい。今度の、オリンピックでのサッカー選手のようなことをして、日本の「ケチカ君」達に餌を与えないように気をつけて貰いたいのだ。

「ケチカ君」に餌を与えないで 2012-08-16~雁屋哲の今日もまたより全文引用



美味しんぼの作者の雁屋哲さんのブログ記事、この雁屋さんは定期的にこういう電波を飛ばす事で、ネット上で色々と突っ込まれておりますw
という訳で私も、え~~と、どこから行きましょうか・・・朝日新聞の戯言プロパガンダに洗脳されるって怖いですねえ。

<私たちきちんと日本の現代史を学んだ人間は、1910年の日韓併合後とそれ以前の間に如何に日本が韓国・朝鮮に無理無体なひどいことをしてきたか良く知っている。

おいおい、日韓併合は向こうから併合してくれと頼んで来たんですが・・・。酷い事
ここの記事でも書いたが、当時の欧米諸国の現地民に対する扱いよりはマシだったと思うが。それと以前って何
李氏朝鮮時代の事だったら筋違いです。弱肉強食の色が濃い当時の価値観と今の価値観で歴史を語るな、ボケ。

<若い女性達を性奴隷として強制連行したこと

誰が強制連行したの、主語が抜けているが
軍人だったら、命令書など第一次資料クラスの証拠とか在る筈ですが、日本・韓国が血眼に探しても見つかっていません。逆に軍は、そういう輩を取り締まっていた程。業者間・親族間のトラブルは日韓基本条約で終わってます。韓国に訴えて下さい。それに、証拠って自称従軍慰安婦の整合性の取れていない証言のみだよね。あと、そういうあからさまな連行があったのなら、何故、周りで見ていた第三者の証言が出てこないのかねえwww

<賠償をしなければ、我々は朝鮮・韓国に対して、真の友好をこちらから望む訳には行かないことを知っている。

態々、しなくてもいい賠償金を払っているし。友好(笑)、国際関係でそういう戯言はカモにされるのが古今東西の常道。良い例が鳩山元首相だろう。「友好の海」だっけ・・・その後、日本の周辺国は付け上がってきてますよね。田嶋陽子さんとか福島瑞穂さんとか、日本が大嫌いな反日左翼が言う「友好」って、こっちが無条件に譲歩しろっていう前提条件での友好だろw

<謝罪と償い

何時まで、100年経っても200年経ってもですか、何回も謝罪しなきゃならないのか、明らかに向こうの不祥事に対してでも謝らなきゃいけないのか
要はお金を貢げですか

<竹島(独島)問題についても、日本と韓国の間の友好をどのように再構築できるのか、真剣に考えている人達は日本に少なくない。

李承晩ラインは無視ですか
戦後のドサクサに紛れて向こうが占領しに来た事、多数の日本人漁民が拿捕されたりするなど死傷者も出ている事も触れてから書いてくれないか。それを無視して「友好」w

<私は、日本が完全に謝罪し、補償を行い、その結果として、韓国・朝鮮との完全な和解を成し遂げることを望んでいる

向こうの根拠の無い言い掛かりも全部認めて土下座しろ、もうね・・・

<日本には、嫌中・嫌韓の言辞を振り回す人達が大勢いる。私は彼らを総称して「嫌中・嫌韓君」では長いので「ケチカ君」と呼んでいる。

つ鏡
日本にケチ付けてる、あなたの方が「ケチカ君」。ネーミングセンスも悪いなあw
それと、無条件に向こうの捏造を信じるあなたに言われてもwww

<過去の日本が韓国・朝鮮に対して行った罪業、現在もきちんとした謝罪も補償を行わない日本政府の悪辣で理不尽な態度、これに対して韓国人・朝鮮人は当然抗議をするべきだが、

だから、嘘付くのは止めようなw
雁屋さん、忠告して置くけど、平和は大切だが、あんたみたいな「平和」という言葉を盾に多様に使ってくる人ほど、碌な人は居ないんだな

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

討論する資格・・・補足的な続き 

前の記事の続き。以下、コピペ貼り付け

日本が行った朝鮮統治の実績

<封建的諸制度、因習の廃止・禁止>
 ・身分制度とそれに伴う特権や差別の廃止(身分制度廃止令は併合前だが実際は後)
   奴婢の解放(人口の30%)
   両班の特権廃止
   女性の解放(名前を奨め、再婚を許可)
   衣服の自由化、瓦屋根や二階建て以上の家屋の制限を撤廃
 ・因習の廃止
   人身売買の禁止
   宦官(睾丸の腐割)の禁止
   纏足の禁止
   少女を妓生とすることを禁止
   呪術的医療の禁止(朝鮮巫術の禁止)
<近代的経済法制の導入>
 ・私有財産の保障(所有権制度の整備)
 ・土地測量と地籍の確定 (墳墓など0.05%位が未申告地として残った)
 ・近代的企業制度と商法の確立
 ・通貨制度の整備
 ・度量衡の統一
<近代的社会制度の導入>
 ・罪刑法定主義を徹底(私刑の禁止)
 ・残虐刑を廃止
 ・行政の単位をそれまでの一族から、家族(氏)に規定(これが創氏の目的)
 ・家長の権限を制限
 ・地方の行政長や議員の選挙による選出
<教育・医療の近代化と普及>
 ・小学校5000校以上、大学など1000校以上を建設
 ・ハングルの整備と普及
 ・西洋医学や衛生思想の普及、疫病の防除と罹患者の隔離、医療施設の整備
<社会基盤の整備>
 ・道路、橋、鉄道(4000km)、港湾の整備、電源開発
 ・治水事業による耕地拡大と農業の近代化
 ・大規模な植林(6億本)

これらの諸政策の結果、次のよう成果があった。
 ・1920・30年代GDP平均成長率4%(1920年代の世界経済は2%以下、日本は3%強)
 ・1人当り国民所得が1910年の40ドルから倍増
 ・日本資本の大量流入(統治期間総額で80億ドル)による通信、運輸、都市の発達
 ・耕作地の拡大(246万町から449万町まで)
 ・米の反当り収穫量が0.5石から1.5石まで3倍増
 ・農産物、工業製品の輸出の急増 (内地で半島米の輸入反対運動が起こった程)
 ・人口が1300万人から2600万人に増加
 ・平均寿命が24歳から56歳に
 ・識字率が61%を超えた(1944年時、併合時は4%程度と推定されている)


各々の国の歴史観は多少違うし正否が別れど、上に書いてある事は概ね間違っていないと思う。当時の日本と朝鮮が合意の上で併合という形になった事は、日本国(当時は大日本帝国)の一部になった、日本国民になったのだから、厳密に言えば植民地にしたというのは間違いではないのか。ましてや、西欧列強と違い日本国が多額な投資で日本国並みのインフラ整備をしたのは揺ぎ無い事実だし、当時併合されていた台湾も同様だった。現在、台湾の人の多くは日本統治時代の善悪・当時の世界情勢を含めて総合的に判断しているのに対し、韓国の人の多くは総合的に判断しているとは言い難いような気がする(台湾の場合は中国から来た蒋介石率いる国民党による恐怖政治の影響もあるが)。故に前の記事でも書いた様に日本と韓国が友好的に進展して行くのは、かなり困難だと思う。しかしながら前の記事で紹介した古屋さんのブログの記事では、放送終了後に主演した韓国の人との飲み会で互いに認め合った部分もあった模様で、こういう若者と今後も議論して行けば両国間の溝も埋まる可能性があり光明が見えて期待が持てますが、崔洋一井筒和幸みたいな頭ごなしに根拠の無い罵倒じみた反論しか出来ない根っからの反日は御勘弁願いたい所存で御座います

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

討論する資格 

私はあなたの意見には反対だ。
だが、あなたがそれを主張する権利は命を懸けて守る。

ヴォルテール


昨日、NHKで素人参加型討論番組(と言っても面接でNHKに都合の良い人選しているので???なんですが)日本の、これから(2005年4月3日~定期的に現在放送中)が放送された。テーマは「日韓の未来」。まあ、予想通りグダグダでしたな。元々、隣国同士は仲が悪いという有名な言葉がある様に、今後、日本と韓国は最低限の協調はあれど、歴史を客観視出来ずに捏造する・反日教育をしている国とは感情的に仲良くなる事は無いだろう(もっと言えば世界中の国と仲良くなるのは困難だろう)と思う。1つ疑問に思うんだが、昨日の放送に限らず、毎回、日本が悪いと言うんだが、長年、中国に実質属国された事については何も言わないのは何故なんでしょうね。日本と朝鮮との間の歴史については他のサイトで詳しく述べられているので、其方の方を参考にして頂いて、今日、採り上げるのは、番組中に崔洋一が言った言葉について。

全部見たい方はニコニコ動画~日本の、これから「日韓の未来」で。恐らく、どちらも削除が早いから見たい方は御早目に。下の動画でのやり取りを文字起こしされているぼやきくっくり さんのブログ~「日本の、これから」日韓の未来 古屋君と崔監督&ドラマ「歸國」も参考になります

UP日本の、これから「日韓の未来」~2010年8月14日放送


その崔が言い放った言葉とは・・・

歴史を語る資格は無い

おい、崔、歴史は誰にでも語る資格あるぞ(ただし、故意的に捏造している人は論外)。その他にも崔が強調していたのは「客観的な事実」。客観的事実を避けてるのは、どちらでしょうかねと言いたくなるわ。

NHK日韓討論番組、崔洋一監督の「歴史を語る資格はない!」が視聴者に波紋
NHKで14日、討論番組「日本の、これから ともに語ろう 日韓の未来」が放映された。番組中で、一般参加者の日本人ウェブデザイナーの男性が発言した内容に、映画監督の崔洋一氏が反発。この時の「歴史を語る資格はない」との発言が、ネット上を中心に波紋を広げた。同番組では「ともに語ろう 日韓の未来」をテーマに、スタジオに日本と韓国の若者や一般市民、有識者などを招き、韓国併合から100年の節目にあたる今年、新しい日韓関係はどうあるべきかについて討論を行った。歴史問題のテーマで、日本人ウェブデザイナーの男性、古屋さんは、当時の日本人は韓国人が憎くて併合したわけではない。当時、世界は帝国主義列強の時代であり、植民地支配はあたり前だった。日本が韓国を併合したことはやむを得なかったとの趣旨の発言を行った。スタジオ内の韓国人の参加者は、古屋さんの発言中、困惑の表情を浮かべていた。また、労働組合に所属する日本人の男性は「それは、アメリカが原爆を落としたことに対して仕方ないと言えるかという話。それは言えない」と反論。この古屋さんの発言に対し、崔監督は「当時の日本のイデオロギーは、そういう方向に流れていた。国そのものがそうなっていた。だけど、36年間にわたる植民地支配がそれによって肯定されるという考え方(を持つ人)は、基本的に歴史を語る資格がない」と強い口調で発言。この後、番組では一時緊迫した雰囲気に包まれた。このやり取りに、司会を務める三宅民夫キャスターも動揺したのか、「歴史を語る難しさ、おそらくテレビでここまで両国の多くの市民の方が話しあったことはないと思う」と語り、どう感じたかを有識者に感想を求めた。これに対し、京都大学准教授の小倉紀蔵氏は、「歴史というのは、どんな考え方もあり得る。どんな考え方を持ってもいい。それが間違った事実にもとづいて、自分の歴史観を構築したら、それは正していかなければならないけれども『歴史を語る資格はない』という言い方は、間違っていると思う」「歴史問題というのは、権力者があなたの考えは完全に間違い、と言詮封鎖してはいけない」と崔監督の発言を正す場面が見られた。放送中からインターネット上では、このやりとりに対して、視聴者から続々とコメントが寄せられ「当時世界は弱肉強食の帝国主義の時代で、植民地が正当化されていたことも客観的な事実」「討論番組で一般の参加者に『歴史を語る資格がない』はない」「古屋さんは、あの番組の雰囲気でよく言ってくれた」といった崔監督へ批判や、古屋さんの意見に同調する声が多い中、一方で「日本人は、崔監督の意見も受け入れる寛容さが必要」といった意見も見られた。現代の政治や経済にも影響を及ぼしている日韓の歴史観は、両国間でまだ大きな溝がありそうだ。
サーチナ~2010年8月15日11時42分より引用

上の動画中・記事中にもある様に、今回の討論番組に出演されていた古屋さんのブログの記事に、この放送のちょっとした裏話が書かれています

8月16日追記
古屋さんの意見は世界史観も含めた真当な意見だと思うが、崔は広い視点で見る事が出来ない人なのかな。人と違う意見を言われて、根拠を示さず感情的に言い返しても賛同を得るのは難しいでしょう。

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。