スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクリル色の微笑 

UPアクリル色の微笑 - 斉藤由貴

今日は、斉藤由貴さんの「アクリル色の微笑」という曲を紹介します。この曲は、1986年10月26日に発売された3rdアルバムチャイムに収録されております(他にベストアルバムなどにも入っているかな)。「アクリル色の微笑」の歌詞を見たい方は歌詞の検索サービス♪歌詞GET~アクリル色の微笑
この頃は、朝の連続ドラマに出るなど女優業が軌道に乗り、若年層だけでなく年配の方々にも知名度UPし、平行しいた歌手業の方も、自ら作詞を作る様になり、同じ頃に活躍していたアイドルの曲調とは違った「斉藤由貴」ワールドを築き上げ、固定ファンを獲得してしつつある時期でもあった。今回、採り上げる「アクリル色の微笑」も、斉藤さん自身が作詞を手掛け、彼女が得意なスローなテンポの曲調になっています♪
ところで、題名の「アクリル色」って初めて聞いた当時、全く知らなくてどういう色なのかなあと思っていたんですよね。その後、胸のつっかえが取れぬまま月日は経って・・・記事を書くにあたって調べて見たんですが・・・何となく解ったような解らないような・・・う~ん^^
何だか纏まりの無い雑文になった、失礼。上の動画は斉藤さんの写真集をバックに編集されたもの、懐かしさが込み上げて来ます。下の動画は作曲者の崎谷健次郎さんが自ら歌ったもの、こちらも良いですなあ

UPアクリル色の微笑 - 崎谷健次郎


此処の記事にある動画が見られない場合はGoogle - Search for アクリル色の微笑あたりで探してみて下さい

詳しい参考資料です

斉藤由貴 東宝芸能オフィシャルサイト

斉藤由貴オフィシャルブログ~「Femme Fatale」

斉藤由貴 非公式ホームページ

崎谷健次郎オフィシャルウェブサイト

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました


スポンサーサイト

夢の中へ 

夢の中へ 井上陽水今日は1973年3月1日に発売された井上陽水さんの夢の中へについて書いてみます。「夢の中へ」の歌詞を見たい方はうたまっぷ~夢の中へJ-Total Music~夢の中へ(ギターコード付)
私が「夢の中へ」を知ったのは斉藤由貴さんがこの曲をカバーした1989年です。斉藤さんといえば直立不動のまま歌うのが定番でしたが、この曲はイメチェンを図ったのか振り付けアリで歌っていたのでビックリしたのを憶えてます(変な踊りだったなあ^^)。その後、この曲は元々は陽水さんが作ったという事を知り、偶々聞いていたラジオから本家の歌を初めて聞いた時は不思議な感覚に襲われました。陽水さんの独特の声、さらには当時CMでお元気ですか~と言っていた彼の姿・キャラクターも重なって、催眠術に掛かった見たい感じでしたねえ。とにかくインパクトが強かった印象です
曲調も斉藤さんのよりも早く乗りがいい感じで、私個人は本家本元の方が好きです
夢の中へ 斉藤由貴歌詞の方を見てみますと・・・陽水さんの詞は元々独特なのですが、この曲は特に「陽水ワールド」全開フルパワーという感じです。一見メルヘンチックでポップな感じもあってか明るい感じをしつつも、オカルトっぽい雰囲気も漂っている感じです。解釈は・・・う~~~ん、解りづらっ^^
陽水さんの曲って曲先詞後で詞で遊ぶ感じですので、普通の感覚で見ろという方が無理なのかもしれませんね
面白い解釈として、1977年に陽水さんは大麻を持っていて逮捕されているのですが、その大麻を探し回っている警察を皮肉った歌詞というのがファンの間では常識になっているみたいらしいです(調べて初めて知りました!!)。
この事を頭に置いて歌詞を見ながら曲を聞くと・・・ぴったり当てはまって聞こえるんですよね、怖いくらいに。本当の所は陽水さんのみしか分からないでしょうが、何か色々な心情で今後この曲を聞く事になりそうですね

UP井上陽水 - 夢の中へ


UP斉藤由貴 - 夢の中へ


此処の記事にある動画が見られない場合はYouTube - Search for 夢の中へあたりで探してみて下さい

※この記事は旧ブログの記事を修正・転載したものです

詳しい参考資料です

Yosui Inoue official site

斉藤由貴 東宝芸能オフィシャルサイト

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました


卒業~斉藤由貴 

斉藤由貴 卒業今日は、1985年2月21日に発売された斉藤由貴さんの「卒業」という曲について書いてみます。左の画像は、当時発売されたEPレコードのジャケットのものです。ブログを始めた頃に斉藤さんの記事を書き、そこでポニーテールといったら斉藤由貴!と書いたのですが、このジャケットでも例外なくポニーテール。う~ん、かわいいですね^^
なお、この曲の歌詞を見たい方はうたまっぷ~卒業J-Total Music~卒業(ギターコード付)
この歌は斉藤さんのデビュー曲で、当時明星食品の「青春という名のラーメン」という商品のCM曲に使われました。
現在でも根強い人気があり、この時期になるとテレビやラジオなどでよく掛かり、カラオケでもよく歌われています。斉藤さんの歌は殆ど直立不動の姿勢で歌うのですが、この曲もそうで、それに斉藤さんのほんわかする声がピッタリとマッチしてるのか癒し効果が湧いて来るんですよね
こういう癒し系アイドルって今あまり見掛けない様な気がするなあ、そういえば。あ、そうそう、歌詞の最初の方の制服の胸のボタンを下級生たちにねだられという体験、1度したかったなあ。なんせアッシは典型的なモテナイ人だったので^^
「卒業」を聞きたい方は、ベストアルバム「Yuki's MUSEUM」かアルバム「ガラスの鼓動」が良いでしょう

UP斉藤由貴 卒業~夜のヒットスタジオより

見られない時はYouTube~Search for 斉藤由貴 卒業で。

詳しい参考資料です

東宝芸能オフィシャルサイト~斉藤由貴

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました


悲しみよこんにちは 

悲しみよこんにちは今日は1986年3月21日に発売された斉藤由貴さんの悲しみよこんにちはについて書いてみます。なお、この曲の歌詞を見たい方はうたまっぷ~悲しみよこんにちはJ-Total Music~悲しみよこんにちは(ギターコード付)
画像は当時発売されたEPレコードのジャケットです。う~ん、かわいいですね。当時、高校生だった私は彼女にメロメロでした。いまだに、ポニーテールといったら彼女が真っ先に思い浮かびます。この髪型に、スケバン刑事の時に着ていたセーラー服の組み合わせは最強で、特に夏服のものが本当に似合ってました^^
この曲は高橋留美子さんの名作めぞん一刻のTVアニメの主題歌になっていることもあり、知っている人は多いと思います。私はめぞん一刻も大好きで、正直OP曲に斉藤さんが決まった時にはダブルで嬉しかったです。OPの映像は全体的に桜色の春をイメージした感じで、この曲とピッタリ合っていました(めぞん一刻の本編でも、重要な場面でよく桜が出てきました)。特に最後の歌詞の「きっと約束よ~」と共に主人公の響子さんが微笑むところは心が和みます
歌詞の方を見てみると、人生は苦しいけど無理にでも笑顔を作って前向きに・・というような感じで、ポップな曲調とは裏腹に少し痛々しいかな~。あと、偶然なのか、めぞん一刻の世界観と被る感じがしますね。ところで歌詞の中で、「錆びた時計」という言葉が出て来るのですが、主人公の響子さん・五代君・一の瀬さん・明美さん・四谷さんらが住む一刻館の屋上には、錆びて壊れて動かない時計があるんですよね。これって偶然なのか、それとも意図して書かれたものなのか。多分、偶然である可能性が高いと思うのですが、もしそうだとしたら結構面白いですね^^

UPめぞん一刻OP1~斉藤由貴 - 悲しみよこんにちは


UP斉藤由貴 - 悲しみよこんにちは~ザ・ベストテン 1986年5月1日放送


上の動画が見られない時はYouTube - Search fur 悲しみよこんにちはあたりで探してみて下さい。

詳しい参考資料です

まこりんのわがままなご意見 さんのHP~斉藤由貴 全アルバムレビュー

Brownie Blog さんのブログ~私の好きだったアイドル。斉藤由貴編。

めぞん一刻小辞典 さんのHP

めぞん一刻 HomepageさんのHP

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました



はいすくーる落書 

今日はTBS系列で放映されたはいすくーる落書(1989年1月6日~1989年3月24日+12月29日 全11回+スペシャル)について書いて見ようと思います。主題歌・挿入歌にザ・ブルーハーツが使われたこと、自分自身が斉藤由貴さんを好きだったこともあってか、全話見ました。なかなか面白いドラマだったです。ドラマの内容は、

主人公・諏訪いづみ(斉藤由貴)は地元の高校の工業科へ英語教師として赴任し、2年機械科クラスの担任を任されるが、そのクラスは工業科の中でも札付きのワル達が集うクラスであった。最初いづみは生徒にからかわれること・問題行動などで辞めることを考えるが、不器用ながらも徐々に慣れ、その後生徒からも信頼されていき、お互いに成長していく・・・

というような感じです。
脇役もいい味出してたと思います。

清水宏次朗さん
小林稔侍さん
伊東四朗さん
所ジョージさん
石倉三郎さん
稲川淳二さん

特に、所ジョージさんがギターを弾き伊東四朗さんが歌っていたシーンが好きでした
生徒役には

保坂尚輝さん
的場浩司さん
古本新之輔さん(ドラマでは扇子をいつも持っていた)

らが出ていました。基本的にはテンポ良くコミカルに進んでいきますが、時にはまじめな・泣ける場面もあり今でも大好きなドラマの1つです。個人的に印象に残っているシーンは、保坂尚輝さんが
「バイク乗ってねー時の俺は死んでんだよ!」
と言い、ザ・ブルーハーツの「星をください」という曲が流れたところでしょうか。そして下の歌詞のテロップが流れると共にバイクが走っていくところなんて胸がキュンと来ちゃいました。

星が見えますか 星が見えますか
ああ 星が そこから星が見えますか
いくら見上げても 僕には見えません
ああ 星が 今日の僕には見えません
願いをかける 星さえ見えず
そんな気持ちなんです
都会の空に星を下さい 雲のすきまに星を下さい


こういったこともあり、今でもこの「星をください」はよく聞く曲です。この「はいすくーる落書」と後に放送された「はいすくーる落書2」(1990年7月13日~1990年9月28日 全12回)は、一部の工業高校関係者から抗議があったせいか、再放送は1回だけ(はいすくーる落書2は放送されてない)でDVD化もされておらず、現在(2005年)ではVHS版で1・2・4・5・7・11話とスペシャル版のみ視聴可能です。地上波では無理でも、BSかCS・ケーブルで再放送もしくはDVD化して欲しいですね。なお青春ドラマ館さんのHP~はいすくーる落書きでオープニングの画像があります。訪れて見てください

UPはいすくーる落書OP ザ・ブルーハーツ - TRAIN-TRAIN


見られない時はYouTube - Search for はいすくーる落書あたりで探してみて下さい。

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。