スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人人気低迷を示す確実なデータ 

ダフ屋:東京ドーム・巨人戦でゼロ 野球離れ進む?
スポーツ観戦チケットを違法に売りさばく「ダフ屋」のプロ野球離れが目立っている。中日阪神戦と好カードが続いた4月3~8日の東京ドームでの巨人6連戦に、警視庁生活安全特別捜査隊(生特隊)が、ダフ屋摘発のため捜査員10人を連日配備したが、ダフ屋はゼロ。罰則強化やドーム側の警戒強化が奏功した一面もあるが、プロ野球人気の低調ぶりも背景にあるようだ。ダフ屋の語源は、チケットや入場券を意味する「札(フダ)」を逆さにした隠語。各都道府県の迷惑防止条例で規制されている。警視庁の摘発件数は、01年の157件をピークに減少傾向。特に、コンサート会場などに比べ、プロ野球での減少が著しい。01年の75件が、06年はわずか3件だった。今月3日の巨人-中日戦は、東京ドームでの今シーズン初めてのプロ野球公式戦。生特隊は5日までの同3連戦と、6~8日の巨人-阪神の3連戦でドーム周辺に延べ100人の捜査員を動員した。好カードだけに捜査員も意気込んだが「待てども待てどもダフ屋は姿を見せなかった」(生特隊幹部)。生特隊は「人気球団・巨人が、02年以来優勝から遠ざかっていることも影響しているのでは」と分析する。東京ドームではここ2年間、5万5000人の満員に達したことがない。また、01年の東京都迷惑防止条例改正で、ダフ屋行為の罰金が最高20万円から100万円に引き上げられた。同隊は「ダフ屋行為が割に合わなくなった」とみる。また、東京ドーム側は「お客さまに注意の呼び掛けを強化した効果が出ている」と話している。警視庁はダフ屋行為が少なくなる半面、インターネットを介在して取引する「チケットゲッター」と呼ばれる手口が出てきていることに警戒を強めている。生特隊幹部は「これまでのダフ屋から素人も参加するようになった。受け渡し場面を摘発しにくい時代になってきた」と話している。
ダフ屋:東京ドーム・巨人戦でゼロ 野球離れ進む?~毎日新聞 2007年4月24日15時より引用

今書いている時点では、巨人はペナントレーストップを走っているものの、視聴率が一桁だの低迷だのという記事の方が毎日目にする機会が多いように感じます。業界では、視聴率は番組の人気度を計る目安として重宝されているものの、視聴率の仕組みそのものが曖昧なので、繊細な人気度まではわかりかねないというのが現状だろうと思います。今回の記事は、ダフ屋に厳しくなった法が出来たとはいえ、これほど確実に示しているデータもないのではないでしょうか。ダフ屋が減り始めた頃まで、巨人はFA制度やドラフト自由枠などの制度と豊富な資金力で他のチームの主力選手を引っこ抜いて何とか強さを保ち続けたものの、その反動として生え抜きの選手を育てなかった事でのチームの低迷、そして巨人ファンを含めた野球ファンは「そんな事までして勝ちたいのかね」という冷めた感情が徐々に増幅して行き、そして、ファン離れの加速を決定的にしたのが、2004年のプロ野球再編騒動、これが止めとなった。現在、殆どの球団はサービスを充実し地元と密着型というスタイルが多くなったせいか、人気は地道ながら回復している所が多いのですが、現在人気の無い球団は、この時に1リーグ制を唱えた巨人・オリックス西武・・・自業自得ですね。そういや私、今シーズンBS・CSでしか野球中継見てないので、巨人戦見てないや。

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。