スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川田利明のそんなの関係ねえ 

UPハッスル - 川田利明&小島よしお

全日本プロレス三沢さんらと名勝負を繰り広げていた頃は無骨で無口というイメージでしたが、ハッスルに参戦する様になってから180度キャラを転換して、芸人顔負けの話術を駆使しパフォーマンスする様は旧来のプロレスファンを驚かせ、その芸風は、ハッスルに臨時参戦した本職の芸人江頭2:50さんをも認めさせたほど器用な面も見せてくれました。なお、川田さん本人曰く、普段はお笑い好きで喋るのが大好きらしく、全日時代の無骨キャラは本来の姿ではないとラジオ番組に出演したと時に告白したそうです。最近では、ハッスルで演じているキャラも手伝った事・漫才やコントなどの鑑賞を趣味としているという事もあってか、ダチョウ倶楽部上島竜兵さんや志村けんさんなどの芸人との交友も広いそうです。上の動画は、最近流行の小島よしおさんのギャグそんなの関係ねえおっぱっぴーを小島さん本人との夢の競演

あと、こんなニュースが

芸道一直線!川田がワンマンショー
9・22ハッスル大阪大会(大阪府立体育会館)のオープニングで、初のワンマンショー「川田利明ジャンボリー」が行われることが5日、明らかになった。これまで後楽園大会では歌や芸が披露されてきたが、大阪府立体育会館という大会場での“ショー”は初めてとなる。この日、デイリースポーツ・ハッスル取材班はプロレスラーから逸脱した方向へ突き進む川田を直撃。目指すは芸人?歌手?壊れゆくモンスターKの心境を独占取材した。燃えていた。川田は「大阪のファンは会場前のキャベツ焼きを買って見に来てくれ。(キャベツ焼きは)100円だからな」と、オープニングの晴れ舞台をPRした。後楽園で川田の芸&歌は恒例だが、今回は初の大会場となる大阪での開催を勝手に決めた。もちろん高田総統の知らないところでだ。「大きい会場でも通用する。プロの音響を使ってくれ。いつもリングアナのスピーカーを使っているからね」と自信満々に語った。「大阪だからな。やしきたかじんがいいかな。『やっぱ好っきゃねん』とか。上田正樹の『悲しい色やね』もいい」。選曲を開始し、タイトルを挙げては口ずさむ。栃木出身の男は「大阪人はベタベタ好き。大阪の歌を歌えばいいんだ」と、勝手に“大阪人気質”まで分析していた。「歌って闘えるハッスラー」を自認。これまで江頭2:50ムーディ勝山、小島よしおらとコラボした。「オレと絡んだやつはみんな売れる。ダチョウ倶楽部もそうだった」と豪語した。肝心の試合の方は?「オープニングに力を入れるから、試合はやりたくないなあ。モンスターKはどこに行ったっていい。自由にさせてくれ」。“オレだけの王道”ならぬ“オレだけの芸道”へ一直線。「CDデビューの話がねえ!でもそんなの関係ねえ!」と“おっぱっぴ~”を叫んでいた。
デイリースポーツonline~芸道一直線!川田がワンマンショーより引用

何かもう吹っ切れていますなあ^^

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。