スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC世界フライト級www 

UP放送事故 WBC世界フライト級選手権


上の映像は、昨日行われたWBCフライ級タイトルマッチ、内藤大助選手vs亀田興毅選手の試合当初に特別リングアナとして上がった小出恵介さんの選手入場コールを言い間違えたもの。

フライト級wwwww

テレビで試合観戦してる最中、ずっとこの言葉が頭に浮かんでいたwww

あと驚いたのがくりぃむしちゅー上田晋也さんがゲストで出ていた事。上田ちゃんネルでやっているマニアックなボクシング講座が放送業界の人達に知れ渡ったのかしらん。試合前の予想・ポイントをアナウンサーから質問された時、上田さんは「4ラウンドまでにどっちが主導権を握るか」、もう1人のゲスト赤井英和さんは「距離・角度」。試合の方は2人が予言した通りになって行きました。亀田選手が内藤選手の強打を警戒して距離を取ったアウトボクシングで対抗、内藤選手の変則的な攻撃に対しても、ガッチリとガード・上手く立ち回るなど固い防御、そして隙あらばカウンターや左のパンチを的確に当てて行く展開に。勝敗を決定付けたのは、2ラウンドの亀田選手の左が内藤選手の鼻にクリーンヒットした事、3ラウンドの(故意かどうかは判りませんが)バッティングでしょうか(この時点で完全に鼻骨折)。内藤選手も果敢に攻めるも決定打を与えるに至らず、下のリンク先の記事の様に判定で新チャンピオン誕生、ベルトが移動する。

ボクシング・WBC世界フライ級タイトルマッチ速報~スポーツナビ 2009年11月29日

試合の感想

・判定については内藤選手のアグレッシブと亀田選手の有効打をどう判断するかによって分かれそう。個人的には2ポイントで亀田選手の勝ちと見ました。実際公開されたジャッジはちょいと開きすぎだと思うが・・・まあなんせアッシの素人判断なので間違いがあるかもしれませんが、その辺の所は御勘弁を^^

・両者共クリーンファイトで見てて面白かったが、果たして世界戦レベルの試合???という疑問あるものの、両者の健闘には素直に褒め称えたい。だが、拳論!取材戦記 さんのブログ~ 内藤×興毅 視聴率43.1%の舞台裏で・・・に残念な記事が・・・またTBS・・・こんな放送局免許剥奪しろ!!!

・そんなTBSと亀田一家は今までの経歴があるせいか、今回もネット上で色々な疑惑が囁かれていますね。まあ仕方ないわな。しかしながら今回のファイトを見て、興毅選手は潜在能力を持っているなあと認めざるを得ないですね。今後も良い指導者の教えと本人の頑張り、そして以前みたいに直ぐに王座返上せず、どんどん強い相手と戦っていけば自然と認める人が増えると思います。個人的には亀田一家は大嫌いですがw今後も頑張ってください。そして内藤選手、現段階では引退するかどうか判らないですが、今は体を休めて元気な姿を早く見たいですね

詳しい参考資料です

内藤大助公式サイト

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

TBSと世間の溝 

やっぱりTBS公認・・・亀田興毅“乱入”の舞台ウラ
ボクシングの世界ダブルタイトル戦(30日)は、WBC世界フライ級王者の内藤大助(宮田)とWBA同級王者の坂田健史(協栄)がそろって防衛を果たしたが、試合以上に目立ったのは、WBA同級1位でWBC同級3位の亀田興毅の乱入だった。リング上で興毅が内藤に挑戦を表明したことで坂田はメンツをつぶされ、協栄ジム金平桂一郎会長は激怒。中継のTBSには「やらせか」と抗議の電話が殺到し、「あれはハプニング」と弁明に追われたが、関係者はあっさりと「できレース」だったことを認めた。坂田は久高寛之仲里・ATSUMI)を攻め抜き、3-0と堂々の判定勝ち。内藤は清水智信金子)に9Rまではリードを奪われながら、10Rに左フックなどで派手な逆転KO勝利。そこへ興毅がリングに上がり、「次、俺と試合やろうや」と挑戦を表明し、内藤も「やってください、だろ」と言葉遣いをたしなめたことから、会場はブーイングと拍手に包まれた。内藤と興毅に目が集まり、完勝の坂田はカヤの外。乱入を事前に「知らなかった」という金平会長は「ああいうパフォーマンスがいけないということで、彼らは批判されていたのではないのか」と怒りをあらわにし、「実は1年半前から坂田-興毅戦をやろうと亀田側に働きかけ続けていたが、向こうが『待ってくれ』と言い続けてきた」という新事実も暴露。「本当に内藤とやるのなら、今回、きっちりと強さを示した坂田ではなく、苦戦した内藤を選ぶということ。私は興毅が『坂田から逃げた』と声を大にしていう」と金平会長は続けた。現場で観戦していた中堅ジム会長も「プロレスみたいなパフォーマンスはなんだ。これでは坂田の立場がない」とあきれ顔をしてみせ、有力ジムのトレーナーも「ボクシングのマッチメークを、テレビ局があんな風に演出していいのか」と不快感をあらわにした。興毅の乱入をめぐってTBSには「なぜ亀田をリングに上げるのか」「TBSの演出か」といった抗議電話が殺到し、同局広報部は「設定にはなかったハプニング」と説明に追われる事態となった。しかし、TBSのスタッフに囲まれていた興毅がリングに上がった後、報道陣を控室に呼び込み、「後でまたしかられるかもしれんけど、ボクシング界を盛り上げるためにはルールばかりではなぁ」「大みそかはどうや、TBSさん」と独演会を開いたことでも、乱入が局公認だったことは明らかだ。宮田ジム宮田博行会長は夕刊フジの取材に「(事前に)知ってましたよ。あの子(興毅)はやっぱりスターですねぇ。ただ、うちが(演出を)やっているわけではないですが」とテレビ局の主導をあっさりと認めた。内藤本人も「知名度がある選手がああいうパフォーマンスをやるのは大賛成」と理解を示し、対戦にも前向きな姿勢を見せた。東日本ボクシング協会大橋秀行会長も「私はあれくらいは問題ないと思う。きっとテレビの視聴率もかなりいいはずですし」と乱入に肯定的だった。怒りの収まらない金平会長は、8月にも独立が認められる亀田陣営に坂田戦の「オファーを出す」と明言し、今回の乱入騒動の狙いは「ギャラの吊り上げだ」とも吐き捨てた。格闘技ジャーナリストの片岡亮氏は「もし、亀田が本当に内藤と闘うのならば、あのパフォーマンスもありかもしれない。しかし興毅は、内藤のような『強打のある選手とは絶対にやらない』というのが、これまでの定説。ギャラの吊り上げなのか、本気の挑戦なのかは、結果をみれば分かるだろう」と指摘した。
ZAKZAK 2008年7月31日より引用

昨日のダブルタイトルマッチは皆さん御存知の様に両王者が防衛という形で幕を閉じました。自分は家族と一緒にテレビ観戦をしてました。両試合とも見応えのある試合で、特に挑戦者の健闘が印象に残りました。私の採点ではどちらの試合もドロー(内藤選手vs清水選手は8Rまでのもの)でしたが、実際は坂田選手の大差・清水選手のリードでした。内藤選手の絵に描いたような逆転KO劇が終了し、私は心地良い興奮状態でその後のインタビューを見ながらリプレイが始まらないかなあと思っていたら・・・突然何所かで見た事がある輩がインタビューの途中にも拘らずリングに乱入。誰やねんとこの不届き者はと思ってよくよく見たら亀田家の長男。この時、普段大人しい父が

何入って来とるねんボケ!!

と叫ぶ姿を見た時はビックリしちゃいましたが^^
後でネットでこの乱入劇についての意見・コメントを見ると、殆どの人が否で一致(今までの経緯を見ると当然の結果ですわな)。1番多かったのは亀田長男は恐らく自分の意思で行ったのではなくTBSに行かされたのだろうという意見でした。あと、数あるコメントの中で嘘か本当か判りませんが、この日ゲストとして呼ばれていた赤井英和さんが物凄い剣幕で怒っていたとか。ソースは2ちゃんねるなので信憑性は不明ですが。

414 渡る世間は名無しばかり [] 2008/07/30(水) 21:11:08.61 ID:tuUN3kM+
現地から報告
赤井が血相を変えて 亀田に ごるぁどけーって叫んでたぞ

469 渡る世間は名無しばかり [] 2008/07/30(水) 21:14:17.26 ID:tuUN3kM+
赤井が なんでリングに上がれるんやとスタッフに食らいついてた
リング汚されるのにむかついたみたいだ

552 渡る世間は名無しばかり [] 2008/07/30(水) 21:19:53.77 ID:tuUN3kM+
アンカー入れれなくて申し訳ない
会場での赤井の話は本当ですよ
かなり怒ってた


此処から個人的意見、私はプロレスやお笑いが好きなので基本的にこういうパフォーマンスは賛成なのですが、あくまで条件付きで、パフォーマンスが成り立つにはタイミング・間・演じる人の力量・センス・知性・品格・資格etc・・・などが備わっている事、そして一番大事なのは見ている人を最終的に満足させる事だと思います。上に挙げた条件で昨日の乱入パフォーマンスに点数を付けるとしたら・・・皆さんの心に思った数字が正解だと思います

詳しい参考資料です

内藤大助公式サイト

坂田健史オフィシャルブログ

久高寛之 ファンサイト

王者への道 プロボクサー清水智信オフィシャルブログ

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

亀田家 とりあえず謝罪会見してやるって! 

UP亀田家謝罪会見速報 20071017

大毅無言、父にらむ 反則指示には開き直りも
ボクシング世界戦での悪質な反則行為で長期の出場停止など厳罰を科せられた亀田大毅選手(協栄)と父親の史郎トレーナーらが十七日、記者会見に臨んだが、チャンピオンの内藤大助選手(宮田)に対する謝罪の言葉は最後まで聞かれなかった。狭い会見場に50人ほどの報道陣がひしめき合う中、頭髪を丸刈りにした亀田大選手が姿を見せたが、うつむいて無言のまま。日本ボクシングコミッション(JBC)関係者に付き添われ、2分足らずで席を立った。冒頭こそ「迷惑を掛けて申し訳ありません」と反省を口にした史郎トレーナーは、過去の言動やパフォーマンスについて聞かれると「パフォーマンス?」と質問者をにらみつけて聞き返した。反則を促す指示をしたとされる問題には「してません」と否定。「後はどうとらえようと、そっち側の自由やけど」と開き直ったような発言をした。耳の痛い質問には同席した協栄ジム金平桂一郎会長が横から口を挟んでフォローし、立ち上がって深々と頭を下げた。会見はわずか10分程度。JBC側が亀田父子に気遣いしたのか、一方的に打ち切られた。テレビで記者会見の模様を見た内藤選手は「ああいう態度の亀田親子を見るのは初めて。いつもと違い、落ち込んでいるなと思った。次に会う時は、お疲れさまとたたえ合いたい」と大人の対応に終始していた。
中国新聞ニュース 2007年10月17日より引用

何かねえ・・・世間が騒いでいるから仕方なく来てやったという様な感じですね。この馬鹿な父親、反則は指示してないと嘘吐き子供のせいにしやがって何処まで屑なんだ。まあ、これほどハッキリした反面教師に御目に掛かる機会も滅多に無いので貴重かもしれませんが。それにしても隣の金平会長が尻拭いするような形で記者の質問に答えている姿は痛々しかった。亀田家のお陰で心労が重なったのか、それとも何処か内臓が悪いのか知りませんが、やつれてましたなあ。なお、

拳論!取材戦記 さんのブログ~本日夕方、史郎会見・・・でも取材規制かよ、オイ!

によりますと、亀田家に都合の悪いマスコミを排除して会見を開いた模様。あと真偽は分かりませんが下の記事には金色グローブ金属片問題を含め興味深い事が色々書かれています。

探偵ファイル~亀田家大ピンチ! 関係者が2chにカキコミも!?

探偵ファイル~亀田家大ピンチ! 関係者が2chにカキコミも!? その2

探偵ファイル~亀田家終了!? 関係者が2chにカキコミ FINAL

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

亀田家の処分決定~罪と罰 

亀田史郎亀田大毅を1年間出場停止 父は無期限資格停止
日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、東京都内で倫理委員会を開き、11日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで反則行為を繰り返した亀田大毅選手(18)=協栄=に、試合への出場停止を意味する1年間のライセンス停止処分を科すことを決めるなど、世界タイトルマッチを冒涜したとして「亀田ファミリー」に厳重な処分を下した。同委員会の斉藤慎一委員長(日本ボクシングコミッション専務理事)は亀田大選手への厳罰の理由を「ボクシングを冒涜し、日本のボクシングにダメージを与えファンの信頼を損ねた」と指摘した。ボクサーが刑事事件以外で長期の出場停止処分となるのは、国内では極めて異例。父親の史郎トレーナー(42)には「大毅選手にルール違反を惹起(じゃっき)させる動機をつくった」などとして無期限のセコンドライセンス停止処分を科し、選手のセコンドにつく資格を取り上げた。ジムでの指導もできない。父とともにセコンドについていた兄の前世界王者、亀田興毅選手(20)=協栄=は厳重戒告処分、協栄ジムの金平桂一郎会長(41)は監督責任を問われ、3カ月間のクラブオーナーライセンス停止処分とした。亀田大選手はタイトルマッチで、チャンピオンの内藤大助選手(33)=宮田=を持ち上げて投げ飛ばすなど反則行為を繰り返した。史郎トレーナーはセコンドで違反行為を指示したとされる。亀田興選手もセコンドで不適切な指示があったと判断された。
スポーツナビ 2007年10月15日22時5分より引用

1年は重いのでは 亀田父コメント
亀田史郎トレーナーの話
自分が受けた処分には納得している。自分と大毅はこの反則行為も深く反省している。ただ(大毅選手に)いきなり1年間の停止処分は重いのでは。ボクサーとして成長期にある18歳にとって、1年間はあまりにも長い。

スポーツナビ 2007年10月16日0時24分より引用

亀田一家姿見せず
ライセンス停止などの処分を受けた亀田一家。東京都内の自宅前には多くの報道陣が集まったが、玄関前では警備員がシャットアウト。部屋の明かりは確認できたが、一家はだれも姿を見せず、在宅しているのかも分からなかった。父親の史郎氏は13日にJBCではなく、東日本ボクシング協会大橋会長を訪ね、一家3人全員が3カ月間謹慎すると申し入れた。しかし、JBCが下した処分ははるかに重いもの。家はひっそりと静まり返っていた。
スポーツナビ 2007年10月15日23時31分より引用

今回の騒動に対するJBCの迅速な決定には素直に評価しても良いと思いますが、処分内容をもうちょっと厳しくして欲しかった。ファイトマネーの没収も無く、長男は厳重注意処分だけとは・・・う~む。これって内藤選手と興毅選手のカードで一儲けしようという助平根性があるのかしらん。正直もういいよという感じですが。内藤選手は他の選手との防衛戦をやった方が彼の魅力を十分に引き出すと思いますし。さてさて、この処分内容に史郎は

<ただ(大毅選手に)いきなり1年間の停止処分は重いのでは。ボクサーとして成長期にある18歳にとって、1年間はあまりにも長い。

とか抜かしているようだが、ふざけるなと言いたいね。ただでさえボクシングという競技は障害が残ったり死亡事故が他のスポーツ競技よりも多いのに、今回の試合では故意で相手選手の選手生命・人生を奪いかねない悪質な反則を犯したのだ。罪に対しては罰が必ず付いて来るのがこの世の鉄則。若いんだからとかで重くなったり軽くなったりするもんじゃないだろ。あと、

<一家3人全員が3カ月間謹慎すると申し入れた。

という姑息な手を使いやがって・・・こいつ等、絶対反省して無いだろうな。個人的には応援しないが、前の記事でも書いた様に三兄弟はボクシングを続けるという意思があるなら、親父・バックについていたTBSや893と決別して、海外か国内か知りませんが優秀なトレーナーに教えてもらって一からやり直した方が良いと思う。急がば回れで直ぐに効果は出ないかもしれないが、素質はあると思うので期待は出来ると思う。自らの力でベルトを獲って欲しい
亀田三兄弟 亀田興毅 亀田大毅 亀田和毅

ところで
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                                |
        ドコドコ   < TBSの処分まだぁーーーーー!!?    >
   ☆      ドムドム |_ _  _ _ _ _ _ _ _  _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ    ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓    ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\
         ドチドチ!

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

亀田家の処分 ほぼ確定 

亀父、ライセンスはく奪も!100%“有罪確定
プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ(11日)での悪質な反則行為問題で渦中の亀田家に対し、東日本ボクシング協会大橋秀行会長)が、厳罰処分の中で最も重い「ライセンスはく奪」も検討していることが13日、分かった。15日の理事会での緊急討議で具体的な処分を決め、協会の総意として日本ボクシングコミッション(JBC)に要望書を提出する。大橋会長は「はく奪は最悪のケースだが、(少なくとも)処分は免れない」としている。亀田家に前代未聞の厳罰処分が下される可能性が出てきた。大橋会長は「厳しい意見が多い。最も多いのが、亀田史郎トレーナーのセコンド・ライセンスのはく奪です」と明かした。13日までに北日本、西日本、中日本、西部の各地区協会から大橋会長のもとに厳重処分の要望が相次ぎ、亀田家の協栄ジムも属する東日本協会としても看過できなくなったという。史郎トレーナー(42)をめぐっては、世界戦で敗れた二男・大毅(18)への反則行為の指示疑惑が掛けられている。同協会は大毅が犯した反則行為よりも史郎氏の中継中に拾われた発言を問題視。すでにテレビの音声で指示の実態を確認したという。ライセンスはく奪は、原則的には刑事事件で実刑が科された者などに適用される罰則で、試合での反則行為に適用された例はない。大橋会長は「個人的にも常識的にも、亀田家は悪質な反則があったとはいえ、はく奪処分は重すぎると思う。ぼく自身は亀田家を買っているが、これだけ意見が多ければ、検討事項として考えざるを得ないだろう」と説明。また、処分の対象は選手の大毅、史郎氏とともにセコンドでの指示疑惑のある兄・興毅(20)、金平会長にも「100%厳重処分を下されるだろう」と話した。15日の理事会は当初、処分の討議が予定されていたが、亀田家所属の協栄ジム・金平桂一郎会長を除く11人の理事はすでに「処分決定」で一致。理事会では討議を行わずに具体的な処分内容を決めて、実際に処分を下すJBCに要望書を提出する方針を固めた。亀田家にとって事態は予想以上に厳しいものとなってきた。
スポーツ報知 2007年10月14日6時03分より引用

プロ野球のパ・リーグのクライマックシリーズを見終え、夜に行われるセ・リーグのクライマックシリーズの方も見る予定です。どうも15日に亀田家の処分が下されるのは決定的になったようですね。まあ、あれだけ選手生命を脅かす危険度が高い反則を行う&支持をすれば無理ないですね。その後、一家の謝罪文が出たけど・・・

亀田史郎トレーナーのコメント全文(原文ママ)

11日のタイトル戦での大毅の反則行為は、故意ではありません。大毅の若さ、精神的な未熟さが出た結果だと思います。セコンドについたトレーナーとして大毅の反則行為を止められなかった事は反省しております。ただこれも闘志の現れであって、結果として反則行為となってしまったことをご理解していただきたい。大毅本人も深く反省し、一から出直す覚悟ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

亀田大毅選手のコメント(原文ママ)

今回は完敗やった。それは素直に認める。初めての世界戦で課題も分かった。これからは精神面も鍛えていきたい。体と心をもっと鍛えてまた世界の舞台に立ちたい。応援してくれたファンのみんなにはぶさいくな試合をしてもうてほんまに悪いと思ってる。しばらくは休んで、そしてまたトレーニングを開始する。これからも応援よろしく頼んます。

亀田興毅選手ののコメント(原文ママ)

11ラウンドの開始前の俺の発言が誤解されてるみたいやけど、あれは亀田家のボクシング用語で誤解されてるようなもんやない。あれはヒジを上げてしっかりガードして、目の位置を狙えいう意味。亀田スタイルの基本や。それに今のグローブはサミング出来へんように親指のところが縫いつけられてるから、サミングなんて出来るわけあらへん。俺が大毅に反則をさせるような事は絶対にあらへん。


多分これ本人じゃなく関係者が代わって書いたものでしょうね。仮に本当だと見ても内藤選手に対する謝罪の言葉が無いのが腹立たしい。親父の方は、もうライセンス永久剥奪と会場出入り禁止ぐらいの厳正な処分が妥当だと思いますね。此処でキチッとせず相撲協会みたいにグダグダやっていると、同じ様に信用無くすのは必至。あと、息子の方も1年以上はライセンス一時停止の罰を科して、三兄弟はボクシングの面で親父と決別した方が良いでしょう。なお、

痛いニュース(ノ∀`) さんのブログ~「拳で頭抑えるな」「もっと打ち合え」 高橋ジョージ、サンジャポで内藤批判

の中でUPされている動画を見たのですけど、物凄い失礼な事を言ってますよね。ひょっとしたら今まで亀田関係のボクシング動画しか見た事無いのかな。他の古今の世界で一流の人の動画を見る事をお薦めします。見終えた後、間違いなく亀田なんか欠伸が出るくらいつまらないと思う事でしょう。そして、亀田家を散々持ち上げておいて利用価値が無くなると掌返した、今回の騒動の元凶の1つTBS。今回の亀田の件を含めこれでもかというくらい視聴者を舐め切った事をする様になって来ています。嘗てはバラエティ・スポーツ中継・報道など各分野で抜き出ていた局、特に報道に関しては報道のTBSと言われたくらい80年代後半まで黄金時代を築いていたものの、この時期以降は不祥事を度々起こす・番組の質が段々下がって行くなど昔の栄光は何処へやらという迷走状態が続いています。何でこうも体たらくになったか・・・下のリンク先の記事を読むと、殆どの人は成る程と納得するくらいな事が書いてあります。

この国は少し変だ!よーめんのブログ さんのブログ~TBSの内部事情(内部告発?)

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

PRIDEボクシング 続き 

11日の世界タイトル戦で、ありとあやうる反則技を出し尽くした感のある試合でしたが、ネット上である2つの疑惑が話題になっています。1つ目はリングが狭かったのではないかという疑惑。下のリンク先の記事が参考になります。

荒木孝雄さんの「サンスポおやじカメラマンBLOG」 さんのブログ~内藤大助vs亀田大毅

拳論!取材戦記 さんのブログ~リングが狭かった件について。

なべやかんだ!!~ボクシング観戦

私は最初この疑惑を知った時、いけないんでないのと思ったのですが、ルール上、多少大きさを変えても良いそうですね。しかしながら、今後新たな疑惑が生まれない為にもリングの大きさは厳格に決めておいた方が無難だと思います。あと、なべやかんさんの記事、熱く書かれていて面白かったです
2つ目は金色のグローブについて。2ちゃんねるからのコピペ。

660 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/10/12(金) 02:06:03 ID:6XHe0R4M0
まじめな話です。

大毅の金色のグラブですが、
金色に染める染料は存在しません。
金色にするには、顔料それも金属粉しかありません。
(金属メッキはグラブが革なので無理です)

この金色金属粉グラブで内藤の顔を擦れば、顔が切れることは必至です。

753 名前:ATMGW.J[] 投稿日:2007/10/12(金) 03:02:32 ID:t2zCuMlHO
>660さんGJ!
そこまでは考えてなかった!
確かに皮革製のグローブには、金色は染料じゃなくて金属を混ぜた顔料じゃないと無理。
プリントTシャツのプリント部分の固さと同じ。
パンチを繰り出すスピードだったら。これ、紙ヤスリみたいになるわ。
ルール上は、問題ないのかしら。


この疑惑も驚いたのですが、上で紹介した「拳論!取材戦記」さんのブログの管理人の1人片岡幻亮さんが、解り易い説明を上の記事のコメント欄で書かれています。以下、そのコピペ。

金色グラブについて

グローブのチェックは厳格に行なわれ相手サイドにも確認されるので、そのチェックに問題がない限りは、疑念を持つ必要はないです。個人的には色が自由というのは好きではないですけど。僕が
K-1出たときはグローブよりも、バンテージのかなりチェックが甘くガチガチに巻いている人なんかもいました。

あと、金色のグローブはメーカーでも扱っているらしく問題無いとの事。

試合翌日、内藤大助選手は会見で、四六時中しつこく反則してくるのでセコンドに就いていた宮田博行会長に「(頭にくるので反則を)やり返していいか?」と問うたそうですが、会長はボクシングをしようと言ったそうです。これ言葉は名伯楽カス・ダマトさんの名言劣勢の時こそ冷静にに通じるものがあり、この言葉だけでも、亀田史郎を含む亀田家とは対照的に違い、宮田会長のボクシングに対する情熱・愛情があるという事が分かります。そしてそれを内藤選手は忠実に守った事で、亀田家の卑劣さをより浮き彫りになり、内藤ファンはもちろんの事、一般ファンのハートをも掴み、逆の行いをした亀田大毅は一般ファンの求心力を急速に落下させ嫌悪感が増大して行ったのではないでしょうか。この試合は1つの言葉に対してどう解釈したかという良い見本になりそうです

一夜明けても、内藤陣営の憤りは収まらず・・・一問一答
挑戦者・亀田大の愚考で荒れたWBCフライ級タイトルマッチ。一夜明けても、内藤陣営の憤りは収まらなかった。
(会見での内藤、宮田会長の一問一答は以下の通り)

--テレビの中継マイクが、セコンドの
亀田興毅の「肘で目をやれ」などとの指示をとらえていたが

宮田会長「僕自身、苦労して作ったチャンピオン。それを侮辱された。日本ボクシングコミッションには調査をしてもらいたい」

内藤「反則の域を越えている。試合前にお父さん(史郎トレーナー)が、『しゃー、なんやこらー』、って会長に怒鳴ったでしょ。スポーツマンシップじゃない。脅しですよ」

宮田会長「猫じゃないんだから、何が『しゃー』だよって」

内藤「反則もすごかった。親指で目を狙ってきて」

宮田会長「サミングは選手生命にかかわることですから」

内藤「倒れたまま目を狙ってきて、これは抗議したい。ふざけるな。反則のオンパレードですよ。せっかく注目された試合だったんだから」

宮田会長「内藤はいじめられっこだったけど、ケンカは強い。ケンカなら負けないんです。でも、こっちはそれをできない。『ボクシングをやれ』って内藤にいったんです」

内藤「力強いですからね、おれ」

宮田会長「大毅君には内藤に謝罪してほしい」

内藤「日本中が見てたんだから、あんなのやっちゃだめ。(大毅は)自分にマイナスですよ。しかも最初に減点とられたのおれですよ(9回にダウン後の加撃で1点減点)。散々やられて、お前いい加減にしろってなったら、おれ減点だもんね。12回も自分で転ばしておいて目に指を入れてくる。ふざけんなですよ。ルールあるんだからやっちゃいけないんだ」

内藤「ああいうことで勝ってもダメ。やっちゃだめだよ。9回に頭やった(ダウン後の加撃の反則こと)けど、むこう怒んなかったでしょ。大毅もお父さんも。普通なら怒るけど、怒らないのはあっちが散々やってたからですよ」

--サミングは数え切れないほどあったのか

内藤「そう。野木トレーナーから、反則をアピールするなっていわれて我慢してた。ああいうので勝とうなんてダメ。セコンドが冷静でよかった」
 
宮田会長「勝負の問題ではなく、選手生命にかかわる」

--JBC(日本ボクシングコミッション)については

内藤「注意してくださいと」

宮田会長「処分になるかはわからない。それより(大毅は)内藤に謝罪してほしい。反則行為は落ち着いたら、JBCに書面で提出したい」

内藤「びっくりしたよ。18歳であんなに反則上手かよ。いい選手だったよ。あんなガードすぐ敗れると思ったけど・・・あんな反則なんかしなくていいんだから。もっと強くなるよ」 

--「12回の大毅は失格にすべき」という反応もあったが

内藤「失格にするレフェリーもいたとおもいますよ。まあでも、後味悪い。普通に判定が聞けてよかった」

--亀田一家とやってよかったと思うか

内藤「僕はプロですから、やったおかげで僕の名前も知られたと思っている。でも、だからああいうキャラクターがいいとはいわない」

宮田会長「とにかく、要望書を出します」

内藤「あそこまでやっていいということになっちゃう。ならおれだってやりますよ。だめなんだよやったら。(JBCに)リアルに説明しますよ何があったか。グランドでは肘、肩をぶつける。あと(回終了の)ゴング後に絶対パンチ出すね。わかってたけど」

--史郎トレーナーの行為は

宮田会長「だから、親族はセコンドになっちゃいけないっていうルールがWBCにあるんです」
(WBCは世界戦のルールで、親族がセコンドにつくことを禁止している)

内藤「『なんやこらー』とか、そういうことで脅そうなんて大嫌いだよ。実力で戦えって感じがする」

--セコンドの興毅の『肘でやれ』のなどの指示について

宮田会長「38条も含めて調査をお願いしたい。それより、そんなことしかセコンドはいえないんですか、と思う。もっと内藤に勝つためにやることがあるんじゃないですかと」

内藤「スポーツのケンカであって、街でやるケンカじゃない」

宮田会長「(挑発された)調印式の会見だって、お父さん、興毅、
和毅がいてこっちは内藤と私。4対2ですからね」

内藤「あんなのないですよ。本当に」

--興毅との対戦については

内藤「うーん。でも昨日みたいなのなら、亀田家とはやらない。サミングに、クリンチしてふとももパンチ。自分の身体が心配ですよ」

宮田会長「リングで投げられるのは恥ずかしいですよ。内藤は相撲が強いんです。大毅君も強いとか言ってるけど、やれば絶対にかなわない」

内藤「亀田家のやっていることが世間で認められたらだめ。切腹とか言って。ばれなきゃ反則もいいとか、違うよね。試合後に後味悪いなんて一番よくない。ボクシングって、試合終わって抱き合うでしょ。ついさっきまで本気で殴り合ってたのに。こんなスポーツはない。プロ目指してたころは、格好いいと思いましたよ。(大毅は)最低でも厳重注意にはしてほしい」


SANSPO.COM 2007年10月12日より引用

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

亀田大毅よ 切腹しろ! 

亀田大毅 内藤大助
亀田の負けだ!大毅切腹か?内藤「全然弱かった」
世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は11日、東京・有明コロシアムで行われ、チャンピオンの内藤大助宮田)が同級14位の亀田大毅協栄)に3-0の判定勝ちし、初防衛に成功した。33歳1カ月の内藤は、徳山昌守が持つ日本ジム所属選手による世界王座防衛の最年長記録、31歳5カ月を大幅に更新した。18歳9カ月と5日の亀田大は、日本人最年少での世界王座奪取はならなかった。戦績は内藤が32勝(現在20KO)2敗2分け。亀田大は10勝(7KO)1敗。日本人同士による世界タイトルマッチは、ことし4月の世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級王座統一戦、新井田豊高山勝成以来だった。内藤が日本王者だった2年前から、内藤と亀田3兄弟の長兄、興毅や大毅との間で、対戦をめぐって挑発や舌戦が繰り広げられてきた“因縁の対決”。序盤、亀田はガードを固めて低い姿勢で前へ出る。対する内藤は距離をとって手数を出す展開。パンチらしいパンチを出せなかった亀田は2回終了間際、両手を広げ、舌を出して内藤を挑発した。オープンスコアリングシステムにより、4回終了後に採点の途中経過が発表。内藤3-0リードに客席から歓声が上がった。5、6回も内藤が距離をとって手数を稼ぎ有利に試合を進める。3回に切れた内藤の右目尻からの出血が、7回に一時的に多くなり、ドクターがチェックしたが、試合は続行された。8回終了後、2度目の途中経過発表で、判定なら内藤の勝利が明確に。直後の9回、亀田はクリンチ中に内藤を投げ倒す。内藤もレフェリーがブレークした際、亀田の後頭部を殴り減点1と取られるなどエキサイトした展開になった。その後も内藤が自分の距離から手数を稼ぐ一方、亀田は有効打を当てられない、ほぼ一方的な展開。最終12回に亀田は、クリンチの際に内藤を投げ倒し、減点。直後に、今度は意図的に投げようとし、減点合計3とされるなど、自暴自棄になった。

◆内藤大助の話
「亀田に勝った結果を素直に喜びたい。思った以上にやりにくかったが、前王者の
ポンサクレックに比べて全然弱かった。亀田に黒星をつけたことで、国民の期待に少し、応えられたと思う」
SANSPO.COM 2007年10月11日より引用

採点表はこちら

先ほど録画したものを見終え、ネットで試合の様子についてコメントが書かれているサイトを見つつ現在記事を書いています。世間の人が見た感想が繊細に載っているサイトを見たい方は下のリンク先が参考になるでしょう。

拳論!取材戦記 さんのブログ~内藤×大毅 観戦記を!

痛いニュース(ノ∀`) さんのブログ~内藤が初防衛に成功、亀田大毅切腹か?・・・WBC世界フライ級タイトルマッチ

私が見た感想を簡単に。まず驚いたのが、両者の入場してくる時のお客さんの歓声ですが、大毅選手の時はテレビの音声からもハッキリ聞こえるくらいブーイングを浴びせる客が沢山いた事。今までの亀田戦では、まず考えられなかった事だ。逆に内藤選手の時は割れんばかりの歓喜の大歓声。こうなった理由は此処の所の亀田ブームの陰りがモロに出ている様に思います。会場の規模もどんどん縮小、チケットも金券ショップに流れるくらいに全く売れなくなり、今回の試合も内藤選手サイドからのチケット販売は完売に近い状態だったのに対し大毅選手サイドからのチケット販売は全く売れなかったらしいです。そういった事から今回の試合は内藤選手に対する応援が多数占め、歓声は今までの亀田サイドの様々な振舞いに許すまいという想いが篭っていたせいか、テレビの画面からも「亀田をぶち殺せ」という殺気が伝わって来ました。試合開始直後は、大毅選手は顎を引いて異様なほど前傾姿勢でガードを固めながら直進する、守り80・攻め20の亀田スタイル、勝てないかもしれないが簡単には負けないという感じか。しかし相変わらず技術が未熟なせいか横の動きも・ジャブも・体や顔を揺らす事も・瞬時に踏み込む事も無く手数が少ない単調な攻め。それに対し内藤選手は少々力んでいた事・スタイルが噛み合わなかったのもあってか、手こずりながらも手数を多く出し的確にパンチを当てていく。あと、大毅選手の技の無さのせいかクリンチがやたらと多くなり、会場のお客さん・テレビでの観戦者は多少フラストレーションが溜まったのではないでしょうか。途中、3Rで内藤選手は目尻を切ってからは目を守るリスクの少ない戦い方をしたのでKOチャンスは減ったものの確実にポイントを重ね、8R終了時点の採点公開(オープンスコアリングシステム)では大差がつき、判定のままでは内藤選手の勝利は確実になり、会場は亀田家の初黒星に一歩近づいた事で大歓声に包まれる。大毅選手は意外とタフだった所はあったものの、亀田家が得意な反則技は、この試合でも健在。特に最終12Rの総合格闘技かと思わせる様な投げ技を意図的に3回もやったのには言語同断(この時、亀田サイドのセコンド陣から投げろという声が聞こえたと思う)。試合結果は内藤選手の圧勝に終わったものの、大毅選手の反則技が余りにも投げやり的だった事・亀田一家は試合後に健闘を称える事も無くさっさと会場を逃げ去った事もあってか、何だか後味悪いものしか残らない悲しいものとなりました・・・

大毅 反則技一覧表。最後はちょっとアレかな^^

頭突き(バッティング)・フロントネックロック・ヘッドロック・肘・金的へローブロー・金的へ膝攻撃・サミング(目潰し)・太腿への攻撃・グローブで傷をグリグリ・足踏み・外掛け・すくい投げ・タックル・エクスプロイダー(左画像)



UP第12R 内藤大助vs亀田大毅 反則連発


マスコミも掌返して亀田家を攻撃し始めました。梯子外されたのかしら。

“最低最悪ファミリー”亀田家、反則指示してた!
「ヒジでエエから目に入れろ」
試合終了後に判定を待つ亀田親子は反則指示で連帯責任を問われる可能性がでてきた。最悪で醜悪な世界戦だった。もはやボクシングとはいえないシロモノだった。それでも「国民の期待」に応えた33歳の老チャンプ内藤大助(宮田)は冷静に、18歳の勘違いの挑戦者、亀田大毅(協栄)を大差の判定で退けた。頭突き、ヒジ打ち、タックル・・・。テレビ中継は反則のオンパレードの大毅に兄が「ヒジでエエから目に入れろ」と指示を与えるシーンまで映し出した。
TBSへは抗議が殺到。日本ボクシングコミッション(JBC)も厳しい処分を検討する構え。亀田の名は、日本ボクシング史に「汚点」として刻まれることになりそうだ。あまりに惨めな敗戦に勝者をたたえることもなく無言で会場を立ち去る亀田一家を追いかけた。
「切腹はどこで?」
父親の史郎氏(42)が険しい表情で振り向いたが、大毅は無言で口に含んでいたジュースをピューと外に飛ばし、車に乗り込んだ。その背中に会場の外で待ち受けたファンの「腹を切れ」の罵声が飛んだ。年長の王者を「ゴキブリ」とののしり、「負けたら腹を切る」と宣言して臨んだ世界戦。勝てば日本人として最年少王者に輝くはずだった。そのための無理やりのマッチメークでもあった。しかし、ひたすらガードを固めて頭をぶつけ、反則を連発するばかりの試合展開。怒った内藤がスリップした大毅の頭をこづいて減点されれば、勝ち目のなくなった大毅は最終ラウンドに内藤を担ぎ上げて投げ、極めて異例の3ポイント減点。元世界王者の
名城信男氏は「最低!」と吐き捨て、日本ボクシング協会の原田政彦会長は「(大毅は)ボクシングをしていなかった」と酷評した。JBCの関係者は「失格負けにすべきだった」と憤った。TBSの生中継は、さらに信じがたいセコンドの言葉を拾っていた。挽回の余地もなくなった11Rの開始前、赤コーナーに座る大毅の耳元に史郎氏が口を近づけ、「勝てへんで、分かってるな。※□〇×」とささやく。その直後に元世界王者の兄、興毅(20)が「ヒジでエエから目に入れろ」と声をかけた。その音声が全国に届いたのだ。試合後、内藤は「大毅は反則が多かった。太股を叩かれたり、サミング(目つぶし)までされた。最後までレフェリーが気づかないほど反則がうまかった」と語ったが、それらが亀田陣営の明確な意志の下に行われていたことが証明されたのだ。これを知ったJBCの関係者は「大毅のライセンスの剥奪や興毅や史郎氏の処分も検討しないといけないだろう」と話した。会場の有明コロシアムは7割ほどの観客の入りだったが、その大半が内藤の勝利を期待していた。試合前から亀田へのブーイングが渦巻き、内藤への声援が圧倒していた。一種異様な雰囲気でさえあった。内藤のいう通り、それは「国民の期待」とさえ言えた。礼儀知らずの言動は試合を盛り上げるための方便でもあったのだろうが、あまりにも度が過ぎた。なによりも技術が、実力がその虚像についてこれなかった。亀田陣営を応援し続けてきた女子プロレスラーのジャガー横田氏は会場で「亀田を応援しているからだけど、大毅はこの辺で一度負けたほうが良かった。負けたところから本当の自分も分かるから」と話した。だが、セコンドの反則指示まで明らかになり、亀田ブランドは地に墜ちた。亀田家に「次」があるかどうかも分からない。会場では「興毅の内藤へのリベンジマッチが見たい」という声も聞かれたが、もうたくさんではないか。
ZAKZAK 2007年10月12日より引用

セコンドが選手に反則を指示した証拠動画!!!
ライセンス剥奪&永久追放もんですね。

UP第11Rインターバル 亀田興毅「肘でもいいから目入れろよ!!」


YouTube - 第11Rインターバル 亀田興毅「肘でもいいから目入れろよ!!」サウンドオンリー版

YouTube - 第11Rインターバル 亀田興毅&亀田史郎 サウンドオンリー版

YouTube - 第12R 亀田史郎「投げろ 投げろ!!」サウンドオンリー版

詳しい参考資料です

内藤大助公式サイト

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

言葉って摩訶不思議 

2ちゃんねるからの拾い。明日、ジャイアンリサイタルが行えないくらい内藤選手、悶絶KO→再起不能にしてくれないかなあ。

同じ言葉でも話し手によって全く意味が違う不思議な言葉シリーズ

内藤・・・明日の試合は頭を使う。
大毅・・・明日の試合は頭を使う。

内藤・・・準備は万端。絶対に勝つ!
大毅・・・準備は万端。絶対に勝つ!

内藤・・・周りの人が僕をサポートしてくれる。
大毅・・・周りの人が僕をサポートしてくれる。

内藤・・・ボクオタならどっちが勝つか当然わかるだろ?
大毅・・・ボクオタならどっちが勝つか当然わかるだろ?

内藤・・・俺が戦ったようなやつと、アイツは試合したことないだろ?
大毅・・・俺が戦ったようなやつと、アイツは試合したことないだろ?

内藤・・・どんな形でもいい、最後に勝てればそれでいい。
大毅・・・どんな形でもいい、最後に勝てればそれでいい。


以下、調印式の模様

亀田大毅と内藤の場外バトル一問一答
あす行われる世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチの調印式が10日、都内で行われ、挑戦者の亀田大毅協栄)が、王者の内藤大助(宮田)を得意の“亀田節”でののしった。兄の興毅、父の史郎トレーナーも舌戦に加わった。内藤が応じる場面もあり、会場は不穏(?)な空気が流れた。調印式のやりとりは以下の通り。

――内藤選手、大毅選手の印象は

 内藤「ないです」

 興毅「国民の期待に応えたれよ」

 内藤「おれの会見やってんだよ。何怒ってんの」

 興毅「こたえたれ、こたえたれよしっかりな」

――大毅選手、あすへの意気込みは

 大毅「早くリングに上がりたいわ。歴史が変わるよ。その瞬間を見に来てほしいわ。運ついてるって思うわ。内藤が
ポンサクレックに勝ってくれてオレに運が回ってきた」

――内藤の印象は

 大毅「負けたら切腹するよ」

 内藤「本当にやんの? なにで切腹すんの?」

 大毅「お前がもってこいや。お前負けたら切腹するんか」

 内藤「おれはしないよ」

 史郎トレーナー「そんなんで成立するか。そんな話あるかいな。くっ」

 大毅「思いが違うねん。そのベルト死ぬ気で奪いにいくわ。根性ゼロや」

――改めて内藤選手の印象は

 大毅「顔がでかい。びっくりしてん」

――因縁の対決に向けて

 大毅「何が因縁や。日本人がベルト持ってるからやるだけや」

――きょうの金色の衣装(金色のジャケット)は

 興毅「金は輝いとるからや。好きな色や。チャンピオンはそういうもんや。スター性が違うやろ。内藤君これ着ても似合わんと思うわ」

 内藤「いや、なかなか似合う人もいないと思うけど」(会場苦笑)

――改めて内藤選手、明日はなんのために戦うのですか

 内藤「国民のためです」

 興毅「よっしゃよっしゃ。きっちりこたえだせや国民のためにな」

――どう戦う

 内藤「KOとは言わない。勝ちにこだわります」

 大毅「おれはKOするよ。みとってくれればわかる。おれのパンチは宇宙一や」


MSN産経ニュース 2007年10月10日14時58分より引用

マスコミは、893がバックに居る意外何も取柄が無い御馬鹿さん一家の太鼓持ち何でしなきゃならないのと思いつつ、内心、話題性がある間、搾り取るだけ搾り取ってやれという気でいるのでしょうね。明日、会場からTVの音声に乗じて切腹コールが流れるかと思うとワクワクしますなあ

詳しい参考資料です

内藤大助公式サイト

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

こんなTシャツあったらなあ 

ボクシング:内藤-亀田大戦で回答期限を延長 協栄ジム
プロボクシング・協栄ジム金平桂一郎会長は13日、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者、内藤大助(32)=宮田=の陣営に同級15位、亀田大毅(18)=協栄=を初防衛戦の挑戦者に選ぶように申し入れた件で「13日の(宮田ジム側からの)回答期限を少し延ばす」と発表した。内藤の初防衛戦の興行権はWBC同級前王者、ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)が保有し、内藤陣営の宮田博行会長がバンコクでポンサクレック陣営と興行権買い取り交渉中。金平会長は「宮田会長から『合意に達しそうなので、あと1日待ってほしい』と連絡があった」と説明した。
毎日新聞 2007年8月13日21時44分より引用

今回のブログの記事が出る頃に、新しいニュースが舞い込んでいると思うのですが、良い結果である事を願うばかりです。宮田ジムが金を持っていれば、此処まで苦労する事無いのにと思うと歯痒いですね、本当。巨大掲示板2ちゃんねるに書いてあったナイスアイデアなコメント

270 :名無しさん@恐縮です:2007/08/14(火) 00:31:51 ID:7Cjq79gQ0
宮田会長って貧乏ジムだけあって本当に金勘定に弱いんだな。
こういう時は募金じゃなくて「八百長撲滅」とか「逃げるな亀田」書いたTシャツを1枚300円で作って3000円で売るんだよ。


もし発売されたら、バカ売れかも^^

詳しい参考資料です

内藤大助公式サイト

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

3度目の正直×掟破りの6回戦レベル×Romanticが止まらない 

内藤大助
「日本の恥」が世界王者へ 最短男、内藤が気力勝ち
内藤の右が難攻不落といわれた王者の顔面を何度もとらえた。リーチで13センチ上回り、よく伸びる威力十分の右を徹底的に相打ちでたたき込んだ。「右は得意。練習していた成果が出た」。新王者が高らかに笑った。内藤の2敗はポンサクレックにつけられたものだ。5年前の初挑戦は、日本選手の世界戦最短記録となる1回34秒KO負けと不名誉なものだった。
「インターネットの掲示板に『日本の恥』と書かれていた。それは悔しかったよ」
今回はボクシング人生の総決算と位置付け、2度のキャンプを張った。王者と同じサウスポーを相手に約150ラウンドのスパーリングを積むなど、やれることはすべてやってきた。優勢に進めながら、9回にスタミナが切れて連打を浴びる。気力で持ち直してこん身の左右フックをたたきつけ、終盤のポイントを奪い取った。親と衝突して北海道の実家を追い出され、仕方なく上京。いじめられっ子だった境遇を克服するためにボクシングを始めた。アルバイトの稼ぎは妻と合わせて月12万円。ファイトマネーを切り崩して生活してきた。スポンサーを募ったこの試合で、100人を超えるファンから集まった寄付金がありがたかったという。8月で33歳。苦労人の腰には、ひときわ輝くチャンピオンベルトが巻かれた。

スポーツナビ 2007年7月18日 22時34分より引用

18日に行なわれたWBCフライ級タイトルマッチ、挑戦者の内藤大助選手と17回の防衛を重ねた難攻不落のチャンピオンポンサックレック・グラティンデーンジム選手の対戦が行なわれ、大方の戦前の予想を覆し内藤選手が判定で勝利、見事ベルトを奪取しました
試合の方は、終始、戦前に立てたと思われる対策で内藤選手のペース、ポンサックレック選手は減量苦が祟っていたのか動きがイマイチでしたが、第9Rではチャンピオンらしく一気に畳掛ける場面もありヒヤッとしたものの、内藤選手も加算に攻め返し会場はヒートアップ、この会場の熱気はテレビを見ていた人にも十分伝わったと思います。この試合の模様は、独立UHF局のTOKYO MXが生放送、深夜にTBSとCS・ケーブルのチャンネルスカイ・A sports+で深夜に録画放送を行ないました。ちなみに私はスカイ・Aで放送されたものを録画し早朝に起きて観戦、この時点で試合結果はわかっていたものの、それでも近年のボクシング、いや、あらゆる格闘技の試合の中でもベストバウトと言ってもいいくらい見応えがありました。この試合を見て思ったのは、ボクシングはやっぱり面白いと

さて、フライ級の今後の動向ですが・・・

内藤が亀田に「6回戦レベルと言いたい」
<プロボクシング:WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦>
◇18日◇東京・
後楽園ホール◇観衆2350人
「打倒亀田」への執念が、内藤大助(32=
宮田)の世界奪取の発奮材料だった。日本王者時代に挑戦を呼びかけた当時18歳の亀田興毅協栄)に「誰やそれ」と侮辱され、世界に再挑戦した05年10月には、亀田の父史郎氏に「6回戦レベル」と切り捨てられた。世界王座を奪取した内藤は亀田に対して「6回戦レベルと言い返したい」と明言した。ベルトを腰に巻いた内藤が、封印していた「亀田」の名前を口にした。「世界王座を取ったのだから、どっしりと構えますよ。今度はこっちが『6回戦レベル』とでも言いますか」。05年10月の前回のポンサクレック戦後、亀田の父史郎氏に「6回戦レベル」と酷評された言葉を、そのまま返した。ポンサクレック戦は、同時に亀田家との戦いでもあった。因縁は05年1月にさかのぼる。当時日本王者だった内藤は、東京初進出を発表した18歳の注目ホープ亀田興毅にマスコミを通じて対戦を呼び掛けた。しかし、その反応は屈辱的なものだった「誰やそれ? まったく興味ないわ」。05年4月には内藤が挑発した。日本王座2度目の防衛戦でタレント波田陽区をまねたポスターを作成。「逃げられて、残念! たまには日本人とやろうよ・・・斬り」との活字で再び対戦を呼び掛けた。しかし、その後も亀田家は内藤を無視し続けた。今回の試合も「時間の無駄」と観戦にも訪れなかった。3度目の世界挑戦が決まってから、内藤はあえて亀田の名前を出さなくなった。自分が世界王座をつかみさえすれば立場が逆転することは分かっていた。だから世界戦だけに集中した。「あっちが(戦いたいと)言ってくるまで待つ」。試合後、内藤は余裕の表情でそう言った。
nikkansports.com 2007年7月19日 9時3分より引用

初防衛戦に亀田興を指名 WBC新王者の内藤
18日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで勝って新チャンピオンとなった内藤大助(宮田)が19日に東京都内で記者会見し、初防衛戦の挑戦者に人気者の亀田興毅(協栄)を希望した。内藤はこれまで亀田興との対戦を希望しながら実現しなかった。内藤は「勝つ自信はあるし、正直言ってやりたい。大みそかの生放送で(『亀田のけんか祭り』でなく)『内藤祭り』なんてどう。またうまいこと言って逃げるんじゃない?」と挑発気味に話した。ただ前王者となったポンサクレック(タイ)側が2試合の興行権を持っており、亀田戦を実現するにはこれを買い取る必要がある。
スポーツナビ 2007年7月19日 15時22分より引用

どんどん言っちゃって下さい、内藤さん。もし実現したら日本全国民は味方になると思います。公開処刑にならなければいいが、まあ、あの逃犬一家は前の記事でも書いた様に、はらたいらさん、欲張って篠沢教授に全額賭けてもいいくらい、エスケープでしょうね^^
あと、2ちゃんねるでナイスなコメントがあったので載せて置きます

46 :名無しさん@恐縮です:2007/07/19(木) 17:05:41 ID:+k/YuLAw0
大晦日、「亀田一家の血祭り」で視聴率30%以上確実

一号×内藤(WBCタイトルマッチ)
二号×坂田(WBAタイトルマッチ)
三号×河野(特別スパーリング)
親父×
やくみつる(特別討論会)

解説…
ガッツ鬼塚

231 :名無しさん@恐縮です:2007/07/19(木) 17:52:11 ID:yQg+xASnO
亀田「これは
孔明の罠や、わいは絶対引っ掛からんで!」 
と言って逃げるに100万ペリカ。

239 :名無しさん@恐縮です:2007/07/19(木) 17:54:15 ID:xYmSWquEO
>>231
孔明自体知らないに
100万ペリカ


あと、個人的に格闘技・プロレス関係で気になったニュース

越中ケンコバと合体でG1奪取だって~スポーツナビ 2007年7月16日 12時44分

船木が復活へ!ヒクソンと再戦熱望~スポーツナビ 2007年7月17日 10時52分

9.8名古屋で猪木興行第2弾の開催が決定=IGF~スポーツナビ 2007年7月18日 20時13分

織田無道、9月代々木で格闘大会旗揚げ。信長も恐れた最強武術がついに解禁~スポーツナビ 2007年07月19日

G1クライマックスX枠は初出場の曙 開幕戦で永田と激突=新日本プロレス~スポーツナビ 2007年7月19日 12時31分

船木さん関係以外はちょっとアレなニュースばかりで、すみません^^

追記

インターネットラジオBTight!-ビータイト・ラジオの第7回 2007年7月11日放送分で内藤選手がゲストで出ています
また、ここのサイトの管理人さんは地方で見れない人の為にわざわざ試合の模様をUPして下さっています。見たい人はお早めに、感謝

詳しい参考資料です

内藤大助公式サイト

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。