スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形劇 三国志 

人形劇 三国志人形劇 三国志
三国志=今から約1800年前の中国での興亡史、皆さんはどういうきっかけで初めて知りましたか
小説・映画・テレビ・漫画・ゲームなど色々あると思いますが、30代以上の人でしたら、この番組で知ったという人が多いのではないかと推測します。今日はNHKで土曜18時から放送していた人形劇三国志(1982年10月2日~1984年3月24日放送)について書いてみます。私が見たのは小学生の時かなあ、初めて接した本格的な歴史物語なので結構想い入れがあります。

人形劇 三国志人形劇 三国志
番組のストーリーテラーは、当時人気だった漫才師紳助・竜介が務め、軽快な口調で歴史ものに有りがちな重々しい雰囲気を取っ払ったというのもあってか、かなり貢献していたと思います。また、彼ら自身をモデルとした人形、紳々・竜々が出演していましたねえ
この番組は子供が見る時間帯という事もあって、難しい歴史ものをいかにわかりやすく見せるかという工夫がなされ、そのせいか、結果的に子供だけでなく歴史ものに疎い大人の初心者をお茶の間のテレビの前に引き寄せた効果はあったのではないでしょうか。
人形劇三国志といえば、やはり川本喜八郎さんが担当した人形ですね
とにかく美しい、その一言に尽きます。各キャラクターの表情も上手く表現しているのもGOODでした
そして色々な演出をするのにも、人形が破損するかもしれないという高リスクの中、リアルさを追求する為、本物の炎・水を使用!!
この事から当時のスタッフの意気込みが伺えます。
声優の方も、今では珍しくないですが、専門の声優ではなく実力派の俳優を多数起用した事は見逃せないでしょう(この方法は、後の宮崎駿さんのアニメに影響を及ぼしたと言われている)。そのお陰で、ドラマ・映画にも負けない単なる人形劇ではなくなっています
人形劇三国志はDVDで好評発売中、主題歌を担当した細野晴臣さんの「三国志メイン・テーマ」・「三国志ラブ・テーマ」を聞きたい方は、アルバム「YEN レコード・ヒストリー」か「THE VERY BEST OF YEN LABEL Vol.1」が良いでしょう。これらの曲は、他のアルバムにも収録されています。詳しくはyahoo!ミュージック~三国志メイン・テーマまたはyahoo!ミュージック~三国志ラブ・テーマ
また人形劇三国志は、現在CS・ケーブルのチャンネル時代劇専門チャンネルで月曜日から金曜日の11時または23時から好評放映中です

UP三国志ラブ・テーマ

自作PVだろうと思われます。良く編集してありますねえ。途中、関羽がアイ~ンのポーズをとってます^^

詳しい参考資料です

川本喜八郎 Official Web Site

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

張飛のキャイ~ン!? 

NHKで放送していた人形劇三国志(1982年10月2日~1984年3月24日放送)の記事を書く為に色々調べていたら、ナイスな画像で思わず笑ってしまいました。
画像は以下のリンク先へ

Wikipedia~張飛

張飛といったら豪傑というイメージがありますが、もし本当にこんなポーズをしていたら、お茶目ですねえ^^

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました


天地を喰らうⅡ 赤壁の戦い 

日は、最近ちょっとイライラしているなあと思っているゲーム好きのあなたに、お薦めのゲームを紹介しようと思います。アクションゲームを作らせたらトップクラスのカプコンから出ている横スクロール型アクションゲーム天地を喰らうⅡ~赤壁の戦い~です。

天地を喰らうⅡ~赤壁の戦い~このゲームは、本宮ひろ志さんの三国志をモチーフとした漫画天地を喰らうのキャラクター
関羽
張飛
趙雲
黄忠
魏延
のうち1人を使って曹操率いる軍兵を次々にやっつけていくという内容です。カプコンといえば「ストリートファイターシリーズ」「ファイナルファイトシリーズ」「ロックマンシリーズ」などの名作を生んでいるだけあって、このゲームは、かなりいい出来に仕上がっています。攻略法は何も考えずレバーとボタンを、ひたすら操作するだけで、なんとかなりますのもいいですね(初級者でも楽しめる)。敵を素手・武器などでボコボコにしながら、時にはプロレス技も掛けられたりする事が出来、同じ横スクロール型アクションゲーム「ファイナルファイトシリーズ」よりも難易度は低く、ゲームオーバーになっても戻される事無く、その場面から続けられるので、ストレス無くプレイ出来ます。また、ストレス解消にも持って来いのゲームと言ってもいいでしょう。

天地を喰らうⅡ~赤壁の戦い~画像のほうも、このゲームを盛り上げるのに役立っております。本宮先生独特の濃い絵柄に加え、敵・味方問わず、皆、筋肉モリモリのマッチョで、その上重要キャラクターは、とにかく体がデカイ(2m50cmはありそう、ありえない)。本宮ファン、または、北斗の拳魁!男塾が好きな人ならこの絵柄は堪らないでしょね
かくゆう私も、本宮先生の漫画が好きな事もあって、アーケード機に100円玉を一杯注ぎ込んで遊びました。性能バランスがいい関羽をよく使っていましたね。今も一番のお気に入りキャラです。

「天地を喰らうⅡ~赤壁の戦い~」は1996年にプレイステーション版・セガサターン版に移植されました。プレイしたい方は、プレイステーション版の方が手に入れやすいと思いますので、また久々にやってみたいなあと思う人、またはこれからやってみたいと思う人にも、お薦めのソフトです。買って損は絶対しないと思います

詳しい参考資料です

本宮ひろ志LibraryさんのHP

芸夢亭<ゲーム亭>さんのHP~天地を喰らうⅡ・赤壁の戦い ゲームレビュー

としゆき大学言語学部さんのHP~悠久の天地を喰らう2攻略

LOVE GAMES 乳’s PAGEさんのHP~PS 天地を喰らう2 赤壁の戦い

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。