スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍者ハットリくん スーパープレイ 

UPNES 忍者ハットリくん / Ninja Hattori Kun in 23:07

旧ブログからの移転記事を掲載したので、ファミコン用ソフト「忍者ハットリくん」のスーパープレイ動画を

詳しい参考資料です

final countdownさんのHP~忍者ハットリ君攻略トップ

忍者ハットリくんファンサイト・ハットリ堂さんのHP

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

忍者ハットリくん 忍者は修行でござるの巻 

忍者ハットリくん忍者ハットリくん
今日は、1986年3月5日にファミコン用ソフトとしてハドソンから発売された「忍者ハットリくん 忍者は修行でござるの巻」について書いてみます。画像はちょっとマニアックかな。かつてプレイした人には分かる人多いかも^^
このゲームは150万本以上の売上を記録した大ヒットソフトで、キャラクターものを扱ったものでは、ファミコンソフトの中で1番の売上だそうです。この当時はファミコンブーム最盛期で、出すソフトは皆売れ、ミリオンソフトを連発している時代でもありました。このブームに便乗してミリオンソフトを記録したソフトの中には内容的には???というのはありますが、この「忍者ハットリくん」はそれを差し引いても、バランスがいい優良ソフトだと思います。このゲームは、スーパーマリオブラザーズと同じ横スクロール型アクションゲームで、全16ステージあり、全11種類の忍術・アイテムを利用&プレイヤーのテクニックで各ステージをクリアしていくという内容です


忍術について説明します。最初ハットリくんは、画像を見てもらえれば判る様に1つも持っていません。どのように忍術を補充していくかと申しますと、右から出てくる敵の甲賀忍者を手裏剣で10人倒します。そうすると今度はメカ忍が出て来ます。このメカ忍は、手裏剣を4発当てると倒せる事が出来、その後に巻き物が出現します(たまにハットリくんの苦手なカエルが出現、触れるとOUTです)。


この巻き物を取ると忍術を1つ補充する事が出来ます(画像を見てもらえば増えている事が判ると思います)。これらの動作を繰り返して忍術を増やしながらゲームを進めていく事になります。ちなみに、右に行く程、忍術はレベルの高いものとなります。この忍術を取らなくても、ある程度先まで行く事は出来ますが、中盤あたりから忍術無しでは攻略しにくくなって、全ステージ攻略は不可能と言ってもよいでしょう


上の画像でもわかるように、空・水の地形が所々に出て来て(水ぐもの術、雲のりの術、ムササビの術を使うと楽になる。ちなみに空・水の地形で下に落ちたら死に、1人減ります)、また敵の攻撃も激しく&強力になって来ますので、忍術を取っていないとクリアは困難です。また、要所でのみ必要忍法しか使わない事、計算して無駄にしない事も必要です。プレイヤーにはアクションに必要な反射神経だけでなく、読み・戦略性も重要になっており、かなり奥深いですね


ここぞという時に役に立つのが、ハットリくんの弟のシンちゃんを呼び出す忍術「涙パワーの術」ではないでしょうか。通常の武器の手裏剣が効かない、白猫斎(画像)やお化けには重宝します。この忍術を持っていると、クリアはかなり楽になるでしょう


色々テクニックを使わなければならないこのゲームですが、中にはこういう楽しいイベントもあります。画面の木から落とした竹輪を20個取ると、ハットリくんはスーパーサイヤ人並みに金色状態になり一定時間無敵になります。スカウターで戦闘力計ったら500万ありそう
この他にも、色々な攻略方法・戦略・テクニック・裏ワザ・隠しキャラがあるのですが、繊細は一番下の参考資料のリンク先を参考にしてみてください。

忍者ハットリくん藤子不二雄Aこと安孫子素雄さんは、富山県氷見市の出身ですが、その氷見と高岡を結ぶJR氷見線には、忍者ハットリくん列車が走っています。富山県に遊びに来た方は1度に乗ってみては如何でしょうか。氷見線から見る海の風景は絶品です。そこから眺める立山連峰も格別ですよ~とちゃっかり地元の宣伝をしちゃいました^^
忍者ハットリくん列車の繊細については、一番下の参考資料のリンク先を参考にしてみてください(忍者ハットリくん列車の画像がいっぱいありますよ)

なお、現在アニメ版の忍者ハットリくんは、CS・ケーブルのチャンネルテレ朝チャンネルで放映中です

詳しい参考資料です

final countdownさんのHP~忍者ハットリ君攻略トップ

忍者ハットリくんファンサイト・ハットリ堂さんのHP

人と自然がなごむ交流都市ひみ~忍者ハットリくん列車

JR西日本:鉄道ギャラリー~忍者ハットリくん列車ペーパークラフト

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

4人打ち麻雀 

4人打ち麻雀今日は、1984年12月2日に発売された「4人打ち麻雀」について書いてみます。この頃はファミコンも発売されたばかりで、本体を持っている人はあまりいなか買った様に思います。当然ながら、この頃はソフトの方もあまり出ていませんでした。しかしながら、任天堂の初期の名作ラッシュ、サードパーティの参加もあり、勢いづいていようとしている時でもありました。「4人打ち麻雀」は、当時のお父さんが、他のジャンル(この頃はほとんどがアクション)がわからない・出来ないという事もあって、とりあえず1本買っとくかという候補ではナンバー1だったと思います。特に家族でファミコンを買った所は、必ずといっていい程このソフトがあったのではないでしょうか
4人打ち麻雀このソフトは、名前の通り単純な麻雀のみですが、無駄が無く正にシンプル・イズ・ベスト、今遊んでも、なかなか面白く出来が良いです。ゲーセンの脱衣麻雀みたいに敵は強くないですし^^
30代以上の人でしたら、このソフトで麻雀を覚えたという人が多いのではないでしょうか。私も、このソフトで麻雀を覚えて、その後社会人になって一時期、実戦の麻雀にハマルという自堕落な生活を送った時がありました。そうそう、麻雀の雑誌「近代麻雀」を定期的に買っていました。練習問題よく解いてたなあ、今となっては懐かしいです。あと、この頃この雑誌で連載していた福本伸行さんの天 天和通りの快男児アカギで福本信者になり、その後のカイジなども愛読していくことに
麻雀は、賭け・博打というマイナスなイメージもありますが、ボードゲームとしてはトップクラスでしょう。最近ではインターネットの登場により、東風荘 Yahoo麻雀などで手軽に出来る時代になり、TVゲームでもいっぱいソフトが出ていますから、1度プレイしてみてはいかがでしょうか

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。