スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真・四魔貴族は東京さ行ぐだ www 

UP真・四魔貴族vs吉幾三


吉幾三 俺ら東京さ行ぐだロマンシング・サ・ガ3+吉幾三さんの名曲俺ら東京さ行ぐだのコラボMAD動画
ロマサガをプレイした人なら分かると思うが、しっかり陣形を組んでいるのがミソ。しかも必殺技が農耕ってwwwww
これ作った職人さん、凄いですね。元の原曲の方もラップ調という事もあり、加工し易かったんでしょうかね

詳しい参考資料です

吉幾三オフィシャルサイト [IKUZO YOSHI OFFICIAL SITE]

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

ドラゴンクエストⅨ ニンテンドーDSで発売!! 

いよいよスクウェア・エニックスドラゴンクエストⅨのハードを、ニンテンドーDSで発売する事を発表しましたね

Googleニュース日本版~検索:ドラクエ

Googleニュース日本版~検索:ドラゴンクエスト

ゲームハード戦争が起こる度に注目されるのが、キラーソフトの動向ですが、キラーソフトの1つドラゴンクエストシリーズが任天堂側に付いた事で有利になりました。勝ち馬に乗る姿勢は、強いものの味方 佐藤藍子さんそのもの^^
しかしDSで来るとは思わなかったなあ。

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

オホーツクに消ゆ 

オホーツクに消ゆ今日は、ゲームセンターCXのミニコーナーの「1987」、前回で終了した「ウラワザ・ジェット・ストリーム」でも採り上げられた、1987年6月27日にファミコンで発売されたアドベンチャーゲーム北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆについて書いてみます。
東京の晴海埠頭で水死体が発見され、身元は北海道在住と判明し、捜査は北海道に移していくことに。いろいろ調べていく最中、北海道で次々と連続殺人が起こる。その後、東京で見つかった死体と北海道の連続殺人との間に奇妙な関係が・・・
さてこの後どういう展開に、そしてこれらの事件は解決するのであろうか・・・

オホーツクに消ゆという様なストーリーのゲームです。ドラゴンクエストの作者の堀井雄二さんが作った事、また「オホーツクに消ゆ」の前作と言ってもいいポートピア連続殺人事件(どちらも堀井さん作)が評判が高かった事もあり、好調な売り上げを記録しました。この頃は「ポートピア連続殺人事件」が売れ、世間にアドベンチャーゲームが浸透していた事もあって、さんまの名探偵など、色々なアドベンチャーゲームが発売されました。私は、高校生の時にこのソフトを友人から借りてプレイしました。堀井さんの作るものは、基本的に初心者にも面白く楽しめるように気を配っていますから、大丈夫だと思ってスタート、期待を裏切らず満喫させてくれました。

オホーツクに消ゆ
コマンド選択方式というのもあり、基本的に迷う所はあまり無いので、割とサクサク行く方だと思います。迷った時には部下とトランプのブラックジャックをして勝てばヒントがもらえますので、いたせりつくせりです
このゲームは題名通り、北海道が舞台になっており、実在の地名・場所が多数出て来ます。北海道に在住する人または在住した事がある人は、思わずニヤッとするのではないかと思います。このゲームはリニューアルされて、携帯でプレイする事が出来ます。詳しくは下のリンク先へ。

SQUARE ENIX~堀井雄二ミステリーズ

詳しい参考資料です

ゆうぼうのでたとこホームページ

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆさんのHP

イキナリファミコンさんのHP~北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々 

ドラゴンクエストⅡ今日は1987年1月26日に発売されたドラゴンクエストⅡ~悪霊の神々~について書いてみようと思います。前作ドラゴンクエストⅠ(1986年5月27日発売)が好評だった事もあって、このドラクエⅡは前作を上回る勢いで飛ぶように売れました。業者さんは、ここまで売れるとは思っていなかったので、あまりソフトを生産していなかった事もあって、在庫分があっという間に無くなるという珍事が起きてしまいました。再発売されたのは、1ヵ月後の3月初旬でした。この1ヵ月間は、どこのおもちゃ屋さんにも本当に無かったですね。この不手際のお陰でどれだけのゲームファンが泣いたんだろう。私もこの被害を受けた1人です。学校で、ドラクエⅡの雑談の声が耳に入ってくるのが苦痛でしたね。このドラクエⅡの特徴は、今では当たり前になっている「パーティプレイ」つまり味方も敵も複数になった事でしょうか。

ドラゴンクエストⅡドラゴンクエストⅡ
今までのローリングプレイ(RPG)は1vs1での戦いでしたが、このドラクエⅡでは外国で作られたウィザードリィにもあったパーティプレイを日本で初めて導入しました。このお陰で、戦いの戦略性がグッと広がりました(魔法が複数・単体に分れる、敵をやっつける順番など)。また、今までのRPGは陸上のみだったのを、船の導入により海上での戦い、そして各大陸・島々の間の移動を可能にした事で、より世界観が広がりました。さらに、まったく離れた場所間を瞬間移動できるワープ「たびのとびら」の導入も見逃せません。これらの新しい試みは、後のRPGゲームの基礎の部分となり、そして多大な影響を与えていきました。


このゲームは、自分で考えなければならない謎解きも多くありました。特に皆さん、これらの3つの物を探すのに苦労なされたのではないでしょうか
あと他に、ダンジョンでのループ・落とし穴、ハーゴンの神殿に入った直後のまやかし解き、同じく神殿での上の階へいく方法の解き方なども難しかったですね。謎解きに関してはこのドラクエⅡは、今まで発売されたドラクエの中で1番難解だったように思います。ドラクエⅡの裏技も大きな話題になりました。「みずのはごろも」を2着作る裏技、前述したハーゴンの神殿に入った直後のまやかしを利用した「はやぶさのけん」の(最強になる)裏技がありましたねえ。そうそう、ドラクエで恒例の皆さん大好きな「メタル狩り」も、このドラクエⅡが最初かもしれません^^
この当時、週刊少年ジャンプはドラクエⅡに関する企画をやっていました。「いなずまのけんを探せ」、「低レベルで最終ボスに会え」だったかな。この頃のジャンプは黄金期でしたので、これらの企画は大当たりしました。こういう企画もドラクエの人気を後押した要因の1つだったかもしれません。「低レベルで最終ボスに会え」の企画は、当初1人目のローレシア王子をレベル1で死んだまま、2人目のサマルトリア王子のレベルをめちゃくちゃ上げてボスに会うという方法での投稿が続出して、1人目のローレシア王子をレベルが3人の中で最高という条件でやり直したことありましたっけそういえば。あともう1つ、ドラクエシリーズにはなんといっても鳥山明さんがデザイン担当しているのがいいですね
個人的にはドラゴン系のモンスターが大好きです。
この頃までRPGはマイナーなジャンルだったのですが、このドラクエⅡのお陰で市民権を得、ファミコンの売り上げの大きな原動力となっていきました

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。