スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hey Jude 

UPThe Beatles - Hey Jude

今日は、1968年8月に発表された曲、ザ・ビートルズの「ヘイ・ジュード」について
「ヘイ・ジュード」は、全世界で1300万枚の売上げを記録、世界歴代シングル売上第4位だそうです
最初、静かにポール・マッカートニーさんのボーカルで始まる、ややスローなバラード曲。後半は、ワンフレーズのメロディと歌詞の繰り返し・リフレインが特徴、7分あまりの長い演奏時間というのは今では驚かないが、当時としては珍しかったそうだ。この曲は、ジョン・レノンさんと最初の妻のシンシアさんの間で出来た子息ジュリアン・レノンさんの為に作られたものです(他にも、色々な説があるらしいですが)。作られた当時、ジョンとシンシアさんは離婚間近、ポールは5歳だったジュリアンさんが不憫で堪らなくなっての事で、この曲が作られます。ジュリアンさんは、この頃の事を、父との親子らしい接触は無く、ポールと遊んでもらった記憶の方が多いと語ったそうです。最初この曲を聞いた時は凄く感動したのですが、このエピソードを知った後、大人の事情が入った感じの曲やねとちょっと複雑な気分で聞いてしまう。今日「ヘイ・ジュード」を採り上げたのは、下のリンク先の記事を読んで・・・

故ジョン・レノンの遺児2人、8年ぶり和解
ニューヨーク──銃弾に倒れた元ビートルズのジョン・レノンの遺児であるミュージシャンのジュリアン・レノンさん(44)とショーン・レノンさん(31)が、8年間に及んだ不和に終止符を打った。24日付の米紙ニューヨーク・ポストが伝えた。2人の関係は、レノンと最初の妻シンシアさんの間に生まれたジュリアンさんが、レノンの再婚相手オノ・ヨーコさんについて語った発言をきっかけに冷え込んでいた。ショーンさんはレノンとオノさんの一人息子。しかしジュリアンさんは同紙に対して、「人生を大きく変える時期」だと判断し、ショーンさんとの和解に踏み切ったことを明らかにした。ジュリアンさんは今年、関係者に連絡したうえで、プラハでツアー中だったショーンさんの楽屋を電撃訪問し、互いに抱き合った。ジュリアンさんはショーンさんとともに、クロアチアとスロベニアを行くツアーバスに乗り込み、車内の床に寝ることもあったという。
CNN Japan~2007年6月26日より引用

この記事読んで気付いたんですが、ジュリアンさん、父の享年をもう越しているんですよねえ。あと、こんな記事も・・・

ビートルズが37年ぶり再結成?うそでもすごい豪華4ショット~SANSPO.COM 2007年6月28日

21世紀になっても、ザ・ビートルズの話題はまだまだ続きそうですね

詳しい参考資料です

ザ・ビートルズ 日本オフィシャルサイト

The Beatles (Apple Corps)

Paul McCartney Site

Official John Lennon

Julian's official website

sean ono lennon.com

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

スポンサーサイト

Strawberry Fields Forever 

UP Strawberry Fields Forever - Beatles

12月8日はジョン・レノンの命日という事もあって、彼に関する曲の動画をどれにしようかと迷ったのですが、無難なザ・ビートルズストロベリー・フィールズ・フォーエバーにしました。ジョンが殺害されたニュースがテレビで流れた時、私は小学生で、姉がこのニュースを見て吃驚していたのを憶えています。当時、私は洋楽の「よ」の字も知らないくらい疎かったので事の重大さがわからなかったのですが、年を重ねて、FMラジオでエアチェックし洋楽を聞く様になると、段々、事件の重大さ、彼の偉大さがわかりました。ジョンが亡くなってから、もう四半世紀以上になるのですね。今夜、ザ・ビートルズやジョンのアルバムを聞きながら過ごします。

詳しい参考資料です

Sound Town ザ・ビートルズ 日本オフィシャルサイト

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。