スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍氏へのネガキャンが始まってるようで 

安倍元首相の「腹痛」を揶揄 「とくダネ!」に疑問相次ぐ
自民党新総裁に選ばれた安倍晋三元首相について、フジテレビ「とくダネ!」の出演者が「お腹痛くなっちゃって辞めちゃった」という発言をしたことに、ネット上で疑問が相次いでいる。安倍元首相は、多くの患者がいる難病を患っていたからだ。
「投げ出し辞任5年…復帰へ不安の声」
「早くも内紛…党員票逆転勝利に地方の怒り」

※「ちょっと子どもみたいだったと思うよ」
新聞の2012年9月27日付テレビ欄では、安倍晋三元首相の復帰劇をこううたう「
とくダネ!」の番組内容が書かれていた。実際の番組でも、司会の小倉智昭さんが「様々な方面から不安の声も上がっております」とスタートさせると、安倍氏が「政権を投げ出した」経緯や閣僚の不祥事などをたどる映像が次々に流された。そして、経営コンサルティング会社の代表をしているコメンテーターの田中雅子さんに、話が振られた。すると、田中さんは、安倍氏について「お腹痛くなっちゃって辞めちゃったということで…」と話し始めた。これに司会の小倉さんが「ちょっと子どもみたいだったと思うよ」と口を挟み、田中さんも「そうなんですよ、そうなんですよ」と続けた。田中さんはさらに、日本は経済も政治も厳しい局面にあるとして、「だから、本当にね、本当にね、病気で辞めるなんて本当にもう2度と言ってほしくない」と訴えた。ただ、総裁選のことについては、素人なのでよく分からないとも話した。安倍氏は、辞任理由の1つに病気を挙げたが、全国に10万人規模でいる厚労省指定の難病「潰瘍性大腸炎」を患っていることを後に明かした。腹痛に苦しんだのは、このためだ。それだけに、ネット上では、腹痛を巡る番組出演者らの発言に批判が相次いだ。

※「難病だし、苦しんでる人がいるのに」
「好き好んで病気になる人がいますか?」「難病だし、苦しんでる人がいるのに」「同じ病気の私は複雑な気持ち」といった声だ。中には、「カツカレーを喰えるまで回復したってのは結構すごいこと」といった指摘もあった。また、テレビ各局のワイドショーには、安倍晋三元首相のネガティブキャンペーンにしか思えないと批判が出ているが、この日の「とくダネ!」に対しても同様な声が出ていた。もっとも、番組内では、安倍氏が総裁に選ばれ、党内融和で結果的によかったとする別のコメンテーターの解説はあった。また、安倍氏が首相時代に提唱した「再チャレンジ」を持ち出し、「まさに今回それを地で行く展開になっている」とも紹介した。しかし、「民主党への批判の時との温度差があまりにも違いすぎる」「安倍ちゃんがどれだけのことを成し遂げたかを報道しろや!」などとネット上の不満は強いようだ。こうした不満は、
NHK記者出身の徳島県議がツイッターでした同様な発言にも向けられた。自民党来代正文県議(66)が2012年9月26日、「地方の声を無視された腹いせ」だとして、「何時投げ出すんですか!?今度の理由は下痢から便秘ですか?」とツイートすると、ネット上で物議になった。来代氏はその後謝罪して、ツイッターのアカウントを翌日に閉鎖する事態になっている。
J-CASTニュース 2012年9月28日20時1分より引用

5年前のマスコミのネガキャン再来と言わんばかりに偏向報道が続いているようで。この評論家・コメンテーター達は、カツカレーだのホテルのバーだの絆創膏だのカップラーメンだの、どうでもいい方向からしか批判せず、各党・政治家の政策・功績・失政などの方面からの検証ってやらないよね(というか出来る頭がないのかw)。小倉さん、あんた確か糖尿病で苦しんでいますよね。同じ事を言われたらどういう気分でしょうか。あと、下の動画のテリー伊藤も、よく精査せずに批判【だけ】(それも中身の無い)はするんですね。まあ、これからは、より批判したいだけの批判の偏向報道が続くと予想されますな。



動画がすくに削除になると思うんで、簡単な発言集まとめを置いて置きます。

・大体、皆勘違いしてるけど、安倍さんは前回総理を辞めたのは、
病気で止めたんじゃないんですよ?
逃げ出しただけなのに、病気のせいにして、それを言い訳にしたんです。

・大体、前の総理大臣の時だって、何も実績が無い。何にもしてないんです。

・尖閣諸島に船着場を作るなんて事を言ってますが、そんなことしたらどうなるんですか?
中国からの反発が今以上になるのは明らかじゃないですか?

・安倍さんは、かっこいい事ばっかり言って中身が何にも無い。
ぐだぐだぐだぐだと、一分で済む様な話を五分もかけて演説して、
矛盾した事ばっかりですよ。

・総理になっても靖国に行くんだとか言ってますが、中国の反日行動が益々酷くなりますよ?どうするんですか?


もう一つ、カツカレー食べたというだけで難癖をつけるみのもんた



人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました
スポンサーサイト

東京の土曜の昼のAMラジオは凄いなあ 

東京の昼13時のAMラジオのタイムテーブルを見たら・・・

TBSラジオ
久米宏 ラジオなんですけど(2006年10月7日~現在放送中)
13時~15時に放送

ニッポン放送
小倉智昭のラジオサーキット(2006年10月14日~現在放送中)
13時~16時に放送

文化放送
みのもんたのウィークエンドをつかまえろ(1987年4月~現在放送中)
13時~15時に放送

3人とも大物で、しかも皆喋りの達人ときていますから、ラジオ好きの人にとっては堪らないでしょうねえ
テレビでは絶対ありえないだろうな、この組み合わせ。もしテレビでなら、ネットや雑誌などで毎週採り上げられてもおかしくないかもしれません。さて、この三つ巴の戦いの結果はどうなるのでしょうか

詳しい参考資料です

久米宏 ラジオなんですけど 公式HP

久米宏 プライベートサイト

小倉智昭のラジオサーキット公式HP

是非訪れて見てください

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました



お笑いをなめるな! 

UPみのもんたがいじめ問題で某芸人を大批判 「みのもんたの朝ズバッ!」から


藤原校長
「バラエティの番組で、よくお笑いタレントが後輩を嘲笑してるっていうのが、よくゴールデンタイムにかかるんですよね。いじめられてる人は芸風だからって芸だって言うかもしれないんですが、嘲笑してるってシニカルな笑いが子供たちに蔓延してるんですよね。これだけはなんとかしてほしい!」

みのもんた
「僕はねえ、凄く感じます。これはねえ、ある関西系のお笑いタレントなんですよ。大物ぶって若いタレントを叩いたり蹴ったりするんですよ。それが画面に映るんですよ。それが非常に不愉快だし、やだよって。名前を呼び捨てにしたりでね、ふざけるんじゃないよって怒ったことがあるんですよ。ぼくはその番組絶対出ない!2度とそんな奴らの番組に出ないよ!!」

これはダウンタウン浜田雅功さんの事かしら。まあ、こういうくだらない議論って昔からされるもので、古くは、ザ・ドリフターズの番組・ビートたけしさんやたけし軍団の番組・オレたちひょうきん族めちゃ×2イケてるッ!など、古今のバラエティは、その時代のPTAなどや学校関係者などに目の敵にされて来ました。あ、そうそう、あの萩本欽一さんもコント55号時代は、ビデオやDVDを見ると坂上二郎さんを、どついてるしね。
浜田さんの話に戻すと、彼は決して、しょっちゅう、どついている訳でなく、進行の流れの中で、一見キツイ、どSな突っ込みに見えても、タイミング良く決めて笑いを取る。いわば、プロ芸なのだ。そして、浜田さんは、昔の芸人の話し方や芸を、自分のいいとこ取りして物にして、場面場面で引く所は引いて押す所は押しているから、物凄く進行の上手い、決して暴君というキャラだけではない芸人なのだ。
お笑いというジャンルは、やる側も見る側も、その人の感性があるか無いかによって楽しめる度合いが全く違ってくるシビアなものです。また、笑いと差別・残虐性は表裏一体で、感性が鈍い人には、それがわからないせいか、お笑いを自分の物差しで測り批判する傾向になりがちだろうと推測します。嫌なら見なければいいし、子供には「これはジョーク」だと教えてやればいいのです。お笑いは、多少、虐め等に影響あるかもしれませんが、本質はもっと他にあるもので、お笑いというジャンルに責任転嫁しないで欲しい。それでも言うなら、ゴールデンタイムにやる格闘技や、人を殺す場面が出てくるドラマ・映画なども批判してから物を言っていただきたい。自分の貧弱な感性で、人にああしろこうしろと決め付けるなよ。人は十人十色で色々な考え方があり、それぞれ違って当たり前、何処かの共産国と違って、この国は自由に物が言える・書ける、素晴らしい事じゃないですか。

今日は、雑文的な戯言になりました。すみません。

追記

イジメとイジリ芸の違いをわかるかどうかで見方も違ってくるのかなあ。

人気ブログランキングFC2ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しました
上のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。最後まで読んでくれて有難う御座いました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。